日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

G+メディカル

ぷらすです、こんばんわ。
昨日の話しなんですが、ちょっと肩や腰が重い感じがして「あ、これ腰ゆわされるかも」と思ったので、10〇万ボルト(意味のない伏字)に行ったついでに、ちょっとマッサージチェアに座ってきました。

メディカル?コーナーでマッサージチェアを物色していると、ファミリー株式会社(マッサージチェアの草分け的存在)のイスが。
その名も、G+MEDCAL(クリックするとオフィシャルサイトが開きます)
説明には「業界初!駆け巡る衝撃体感」の文字が。
そんな事書かれたら、いったいどんな衝撃なのか試さずにはいられません!……よね?

僕が試した設定はこんな感じ。
全身コース、遠心(身体に血液を巡らせ、身体の末端まで血流を促進させ、身体のリラックスさせるらしい)
強め

いきなりチェアが倒れて略仰向け状態に。
その後、他のマッサージチェア同様に肩位置を確かめられてからマッサージスタートです。
左右8つの揉み球がヌルヌル動いて非常にいい感じなんですが、まず驚いたのはこのチェア、エアを使いません。最近のマッサージチェアは、揉み球とエアで圧迫の併用が普通なので、全身揉みタイプとしては中々珍しいです。

で、この揉み球が絶妙の揉み加減で肩から腰へと降りていくわけですが、ここで更に驚くのは腰から更に揉み玉が降りていくんですよ。
だから何? って思われるかもですが、今出てるマッサージチェアの殆どは、首から腰までが揉み玉、骨盤、腕、足はエアとバイブが主流なので、上から下まで揉み玉オンリーっていうのはかなり珍しいんです。

で、腰から下がった揉み球は尻部分に。
っていうか、ここが何より驚いたんですが、このマッサージチェア……
物凄い勢いで尻を揉みしだきます。
しつこいと思われるかもですが、普通は腰から下はエアとバイブでコリを解すんですよ。
ところがこのG+は、内から外へ外から内に、下から上へ下から上にと、まさに縦横無尽に8つの揉み球が動いて、尻を揉みしだくんです。
なんでしょう…、なんかもう、新しい扉が開くかと。
ウオシュレットを初めて使った時くらいの衝撃でしたよ。
で、揉み球は更に太ももからふくらはぎ、そして足首へと降りて、また上に…といった具合で、ホント、揉み屋さんに揉んでもらってるような滑らかな動きで、ホントに気持ちよかった。
流石は、ファミリー株式会社さんです。

まぁ、この衝撃的な体感はやはりどんなに頑張っても僕程度の文章力では伝えきれないので、興味のある方はお近くの大型家電量販店にお立ち寄りの際に、このマッサージチェアを見つけたら是非お試しください。


マッサージチェアをこんなに熱く語る管理人てどうなんだろう…。


前回の日記に拍手下さった方、本当にありがとうございました。^^
スポンサーサイト
  1. 2013/01/18(金) 00:58:03|
  2. マッサージチェア|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。