日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京都青少年健全育成条例改正案についての考えた。

ぷらすです、こんばんわ。
先日友人と話しているときに、「東京都青少年健全育成条例改正案」が諸々話題になっているという話を聞きまして、ちょと気になったのでネットで色々な情報を読んで見ました。
ちょっと長くなっちゃったので、興味のない人は読み飛ばしてください。


僕の解釈でこの条例改正案を凄くざっくり説明すると、
「児童ポルノ根絶と子供達の未来の為に、暴力的なものや、自殺を煽ったりするもの、また子供のヌードや性行為している画像や映像を売ったり(ネットに)アップしたり、そういうモノを買ったり持ってたりする事を規制しましょう」
というものだと思います。
まぁ、↑だけ見ればおおよそ、その通りだと思います。
子供が性犯罪の被害に遭うことは許される事ではありませんから。

ただ問題なのは、その規制が創作物全般にも及んでいる。
つまり、絵、マンガ、ゲーム、小説、声(声優さんの演技も含む)など全部です。
さらに、↑の主人公の年齢設定が例え18歳以上であっても、子供に見える、また子供の声のようだったらそれは規制の対象になるって事です。
で、その判断をするのは東京都の『誰か』であると。

多分、その部分が(僕も含めて)多くの人が問題視している部分なんじゃないかと思うんですね。
改正案を読んでもらうと分ると思うんですけど、この規制の対象として書かれているのが、とても抽象的でどういう風にでも取れるんですよ。

確かに、ネットでもリアルでも、これは子供に見せちゃダメだろうと思うような創作物は沢山あります。でもそれは僕の主観です。
僕は創作物に対して、国や都道府県といった『公』の機関が良し悪しの判断を下すと言う事はおかしいと思うし、それはとても怖いことの様に思います。なぜなら、その判断は判断した人の主観だからです。
あらゆる創作物の中から、良い物、悪い物を決めるのは(そこに傷つく人間が居ない場合)それを手にした本人であり、本人がその判断を出来ない幼い子供であれば、その保護者であるべきだと。

あんまり難しい言い方だと、自分で何を言ってるのか分からなくなっちゃうので、いつもの書き方で書きますね。

子供が見ている(遊んでいる)、マンガやアニメ、ゲームなどが、その子にとって良いか悪いか、見せるべきか見せないべきかを判断するのは保護者の役目で、国や都道府県の仕事じゃないでしょって事です。
そして創作物を作る、売る側の人は自分たちの良心と良識に乗っ取って、ソレが子供に見せてよいかどうかを判断し、子供向け、大人向けをしっかりと分けて販売する。
そして、保護者は子供に対して、創作の世界と現実は違うんだよという事をしっかりと教えてあげる。
それで良いんじゃないかと僕はそう思いますがどうでしょう?

と言う訳で、改正案のまとめサイトにリンク張っておきますので、時間と興味のある人は見てもらえればと思います。

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

前回の日記に拍手下さった皆様、ありがとうございました。^^
以下、お返事です。 【“東京都青少年健全育成条例改正案についての考えた。”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 23:05:27|
  2. ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

亀田さんちのお話

こんばんわ、ぷらすです。
あれ? なんか記事の書き込みページのレイアウトが変わってる??
まぁ、いいや。

で、さっきニュース23で、ボクシングの亀田親子の記者会見をやってました。
僕は元々ボクシングだけでなく、スポーツ中継というものを殆ど見たことがなくって、問題の試合も最終12ラウンドしか見てませんでした。
そんな、ボクシングの知識が殆どない僕でも分かる反則の連発。
注意を受けている大毅選手の表情は、なんだかニヤついていたように見えたし、試合事態も完全に捨ててヤケになっているようにすら見えました。

プロボクシング=プロ格闘技という種目の性格上、注目を集める為に相手選手を挑発するなどのパフォーマンスがダメだとは僕は思いません。
ボクシング選手全員が良い子ちゃん発言ばっかだと、試合も盛り上がらないでしょうし。
ビックマウスや生意気なキャラクターも、プロとしては大切な要素の一つだとは思います。
亀田さんちの親子は、その発言やパフォーマンスで、良い意味でも悪い意味でも世間の注目を集めてきた訳だし、興味のない人にボクシングを注目させるという意味では、かなり貢献したと思います。

ただ、肝心の試合で結果が出せないのなら、それはもう、どれ程叩かれても仕方がないし、途中で試合=仕事を投げ出すような行為は、プロとして絶対にやってはいけない事で、特に反則を指示(本人は否定してましたけど)したのが本当なら、亀田パパはセコンドとしてもトレーナーとしても、父親としても失格だと思います。

モハメッドアリもビックマウスで有名でしたが、アメリカのボクシング界で今でも尊敬されているのは、ビックマウスに見合うだけの結果を残してきたからだと聞いた事があります。
これから、亀田兄弟がボクシング界でどうなっていくのかは分かりませんが、本当にシッカリしたトレーナーの下で実力をつけて、少なくとも最後まで試合を投げ出さないプロフェッショナルボクサーになって観客を楽しませてくれればいいなぁと思います。

あと、テレビはいい加減、過剰な演出でスポーツ中継を安っぽいドラマみたいにするのは止めて頂きたい。マジで。

今日の晩ご飯

・味噌汁 ・鮭とマグロの刺身 ・野菜の天ぷら

今日の脳内ミュージック

・『浪漫飛行』by米米クラブ
  1. 2007/10/18(木) 00:56:05|
  2. ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

気になるニュースとか色々

ビックリするほど暖かいです。
ぷらすです、こんばんわ。

1月の北海道に雨が降るって…。これも地球温暖化の影響なんでしょうね。

と、いう事で最近気になってるニュースについて、ちょっと書いてみようかと思います。

まずは、柳沢厚生労働相の「女性は子供を生む機械」発言。

まぁ、この発言については、すでに沢山の人が怒っているので置いておいてですね、問題はその後のニュースで見た、自民党幹部の人(誰だか分かんないけど)の発言。
「柳沢厚生労働相が自ら辞めれば、阿部首相の支持率も上がる」
と、大まかに書くとこんな感じの発言だったわけですが。
TVに向かって思わず、「そこかよっ!」ってツッコんじゃいましたよ。
野党は野党で、ここぞとばかりに大声張り上げてますけど、選挙の為の糾弾って感じにしか見えないし。
美しい日本が聞いて呆れます。

アニータの来日騒動

盗人猛々しい(漢字合ってる?)とはこの事。
TV局も、この人は映さないで欲しい。
見ているだけで不愉快。

不二家の話

不二家の偉い人は、パロマとか雪印のニュースを見てなかったんでしょうかね。
不二家で真面目に働いていた人たちが可哀想。


あるある大辞典

もちろん、データーを捏造したり、言ってもいない事を、さも言ったように吹き返したりするのは悪い事ですが。
納豆が普通に買える様になったのは良かったと思います。
っていうか、痩せたい人は食事を減らして運動するのが一番の近道だと思います。

ほんと、一生懸命コツコツ働いている人たちが報われる世の中になって欲しいなぁ。

今日の晩ご飯

・おでん ・モヤシのナムル風
  1. 2007/01/31(水) 18:21:25|
  2. ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。