FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

風立ちぬ 感想

ぷらすです、こんにちわ。
昨日、宮崎駿監督の最新作、「風立ちぬ」を観て来ました。
で、感想を書こうと思ったんですけど、ネタバレするのも嫌だし、まだ観に行ってない人が変に先入観もっちゃうのも嫌なので、追記の方に隠しておこうと思います。
すでに、ご覧になった方で読んでもいいよと言う方は、続きを読むをクリックで開きますのでどうぞ。

前回の日記に拍手、いいね! コメント下さった方、ありがとうございました。^^
【“風立ちぬ 感想”の続きを読む】
  1. 2013/07/23(火) 11:59:38|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

おおかみこどもの雨と雪

ぷらすです、こんばんわ。
ここ数日ぐっと気温が上がり、地面の氷割りなんかには最適な気候なんですが……、「また、降らない降らないサギなんでしょ。氷割りした途端にまた降らす気なんでしょ。もう騙されないんだからね!」と疑心暗鬼に陥っております。
とまぁ、そんなわけでDVD「おおかみこどもの雨と雪」を見ました。(どんな訳だよ)

ネットでは結構批判的な意見も出てたりしたので、それなりに覚悟しつつ見たわけですが……うん、良かったと思うけどなあ。
時かけ、サマーウォーズと比べると地味というか、エンターテイメント的な要素が低いというか、結構淡々としたストーリーなので、前2作を見て期待した人はがっかりするかもですが、それでもやはり絵や動きは素晴らしいし、細かい部分まで本当に丁寧に描かれていてさすがは細田さんだなぁと思いました。
特に、中盤の大事なシーンをセリフだけで説明するのではなく、細かい絵や動き、一見関係ないエピソードから暗示したりする手法は凄くスマートで良かったなぁと。

ただ、作品のテーマゆえかもしれませんが……こう…なんか正直ジブリっぽい。
演出の細かい部分が、ちょいちょい最近の宮崎駿っぽいというか。(笑うところとか泣くところとか)
それ自体が悪いという訳ではないんですけど、そこが気になってストーリーに入り込み辛いんですよね。

個人的には、細田監督にはジブリ的な雰囲気とは別ルートで頑張って欲しいというか、まだこういうストーリーに行くには早いようなきがしました。
それもコッチ(見る側)が擦れた見方をしてるのが悪いのかもしれませんが。
出来れば、次回作はもっと青臭くハッチャけた細田作品が見たいなぁと。



前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2013/03/27(水) 23:53:13|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

タランティーノの話。

ぷらすです、こんばんわ。
今日は、キルビル1・2を見ました。
随分前に1回見たんですけど、ネットでタランティーノの新作「ジャンゴ・繋がれざるもの」の評論を見たり聞いたりしてるうちに何か火がついてしまったんですよ。

で、久しぶりに見たら、やっぱりデタラメな映画だったわけですがw
でも、やっぱりカッコイイんですよね。全体的に。
で、ジャンゴの評論の中で、彼の過去作や彼自身にも触れているのを見聞きした後に見直してるからっていうのもあるし、すでに一回見てるからっていうのもあるんですが、最初に見たときよりも楽しめました。
やっぱスゲエやタランティーノみたいな。

タランティーノの凄いところって、とにかく自分の価値観で物を計るというか、世間的には駄作だったりB級、C級映画でも、自分が面白いと思ったらそれは彼にとっては良いものなんですよ。
で、多分彼の中で、その「良いもの」の順列がないというか、例えば映画史上に残る名作もトンデモB級映画もアニメも香港カンフー映画もヤクザやチャンバラ映画も、彼の中では同価値、同ジャンルなんだと思うんですよね。
当たり前って思うかもしれませんが、普通の人はそこに世間の評価がどうしても入ってくるので、好きなもの、良いものにも無意識に世間的順列を付けたり、頭の中のフォルダーをそれぞれ別にしてたりすると思うんです。どっちも好きだけど、フランス料理と焼きそばパンは別みたいな。
でも彼はその辺、全部同じなんですよ。それって、自分の価値観を信じてる?人にしか出来ないというか。

そんな彼だからこそ、ジャンルも手法も国籍も飛び越えた、見る人がビックリするような映画を作るんだろうなと改めて思った次第です。

前回の日記に拍手、コメントを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2013/03/16(土) 00:28:20|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ