日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うーん…

ぷらすです、こんばんわ。
毎週録画してる番組を観ようとすると、ほとんどソチオリンピック中継が入ってます。
正直、そんなにスポーツに興味のない僕ですが、それでもオリンピックの時は観るともなしに観ちゃいますよね。
競技も、スノボ関係の派手な競技なんかは、ルールが分らなくても観てるだけで面白かったり。

で、ソチ関係といえば、ツイッターのまとめで見たんですが、なんか、メダル取れなかった選手を罵倒するツイートする人とかいるんですね。
ケガをして本選?に出場できなかった人に「税金泥棒」とか、別の有名人は「国費を使って参加してるんだから負けてヘラヘラするな」と言ったとか言わなかったとか。
しかも、まぁまぁの数の人がそんな事言ったり書いたりしてるのを見ると、なんかこう、うーん…ってなります。
もちろん、言ってるほうはそんなに真剣じゃなくて、わりと気楽な気持ちなんでしょうけど、なんつーかこう、恥ずかしくないんですかね?
そりゃあ、期待の選手がメダル取れなかったら残念なのは分るけど、そんなのはこっちの勝手な気持ちで、少なくとも生活を犠牲にして何年も真剣に一つのことに取り組んできた人を、ネットで顔が見えないからって気軽に罵倒するような人を見ると貧しくて嫌だなと。

別に、どう思うかは人それぞれだし、スポーツに興味の無い人もいて当たり前ですけど、4年に一度のスポーツの祭典で、多くの人が楽しんでるのに水を差すようなまねはやめて欲しいなぁと思う次第です。
自分でどう思ってるかは知らないけど、周りから見たらほんと、みっともないよ?
スポンサーサイト
  1. 2014/02/14(金) 00:20:05|
  2. テレビ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

MM9

ぷらすです、こんばんわ。
MM9』って知ってますでしょうか?
山本弘さんの同名SF小説をBSでドラマ化したらしいんですが(すでに放送は終了?)、このドラマが非常に面白いです。
ヒーローが怪獣を倒すというのではなく、あくまで怪獣対人間のドラマなんですが、面白いのはその設定です。
怪獣に対するのは、「気象庁特異生物対策課」通称「気特対」のメンバー。つまり、怪獣は地震や台風と同じ扱いなんですね。
現地調査やデーター収集などで怪獣の出現、進路などを予測して場合によっては注意報、警報などを発令して被害を最小限に抑えるわけです。

こう、一話見て「おお!」というインパクトはないんですけど、見続けるとジワジワとハマっていく感じ。
ウルトラマンや怪獣映画をみて育った大人向けの特撮ドラマって感じです。
ただ、深夜(っていうかほとんど早朝)の放送だったらしくて、あまり知られていないのが残念でなりません。
ホント、面白いんですって!
出来れば、セカンドシーズンやサードシーズンが作られるといいなぁって思います。
あと劇場版とか。

前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2010/10/11(月) 23:36:23|
  2. テレビ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

よっ! 中村屋!

ぷらすです、こんばんわ。
ついさっきまで、中村勘三郎さん一家の2時間ドキュメント見てました。
見ながら、「勘太郎くんも七之助くんも立派になったなぁ」とか、親戚のおじさんみたいな事を考えてましたよ。
なんか、ずっと見てるのとついついそんな目線になっちゃいますよね。
そんで、やっぱり勘三郎さんは凄いなぁと。
勘三郎さんを見ていると、この人は本当に芝居LOVEなんだなぁと。
あれだけ有名で大御所なのに、どんどん新しい事にチャレンジしていく姿勢とか、もはや怪獣だと思います。歌舞伎怪獣。(いい意味で)

あと、中村屋の生き字引こと、小山三さんを見るたびにちょっと泣きそうになります。
やはり、長年一つの事をやり続けている人は魅力的だなぁと。
ほんと、あんなおじいちゃんになりたいものです。

さて、明日あさってはお休みです。というわけで僕はそろそろyoutubeに…(殴

前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。
以下、お返事です。
【“よっ! 中村屋!”の続きを読む】
  1. 2010/05/08(土) 00:10:24|
  2. テレビ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。