FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

目的と手段の逆転について。

最近、世の中はファイナルファンタジーの新作発売で盛り上がってるみたいですが、僕は最近まで、ファイナルファンタジーやドラクエって、「1」からづっと同じ物語が続いてるんだと思ってました。(マンガの単行本みたいに) ぷらすです。

っていうのもですね、僕はゲームっていうモノを殆どしないんですよ。
僕がゲームする時って、大抵、友達の家で対戦するくらいですから。

そんな僕ですが、昔、ファミコンで『信長の野望』っていうゲームをした事がありまして。
ええ、他の武将の領土に攻め入って、自分のものにして、最終的に日本を統一するという、あのゲームです。
で、初心者だった僕は、取り合えず強くて領土の大きな武将(毛利だったかな?)を選択して、ゲームをスタートしました。
まずは、領土の環境の整備、兵隊の訓練&武器の仕入れ、農地開拓などなど、自分の領地を豊かにする事からスタートして、だんだん領地が豊かになってきたら、それで得たお金で、更なる領土の環境の整備、兵隊の訓練&武器の仕入れ、農地開拓。
で、更に豊かになったら、更なる領土の……。

なんかもう、全国統一なんてどうでもよくって、とにかくいかに自分の領土を豊かにするかって言うゲームになってました。
それって、シムシティーじゃん。

シェンムーの時も、フォークリフトで荷物を運ぶ道を間違えて、悪い人に出会うことが出来なくて、延々とバイトとダーツに明け暮れる日々を送るうちに、仕事の楽しさに目覚めて、こんな暮らしもいいなぁ。とか、そろそろ正社員にしてくれないかなぁ? って。
ただの労働シュミレーションゲームじゃん。

という事を、友達に話したら、「ゲームに向いてないんじゃないの?」って言われて、確かにって思いまして。
そんな訳で、ゲームをしなくなったわけです。

あ、でもギャルゲーはするけどね。

スポンサーサイト



  1. 2006/03/15(水) 23:55:29|
  2. 日々|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0