FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

クビツリハイスクール

小説を2本同時進行で読んでたら、頭が痛くなりました。
ぷらすです、こんばんわ。

家で一冊、会社で一冊って感じで読んでたんですけどね。
多分眼精疲労だと思われます。良い子は真似しちゃいけません。

で、その家で読んでいた方の「クビツリハイスクール」を読み終わりました。
実質二日ぐらい?
前回、前々回と比べて、ミステリー色がかなり薄くなったような気がします。
っていうか、皆無。むしろオマケ?

んで、このストーリーの「語り部」である『いーたん』のキャラクターも随分と変わっちゃったような気が。
なんか今回のいーたんは、かなりのハイテンションですよ。
乗りツッコミとかします。あと、女装とか。
そんなキャラだっけ、いーたん。

んー。いや、面白いんですけどね。
まだ、次を読んでないので分からないんですけど、もしかしたら、ここからストーリーが『いーたん』を中心に回っていくのかな?

興味のある人は、『クビシメロマンチスト』から読む事をオススメします。
むしろ、↑でダメだった人は、以降の作品もダメだろうし、最初から読まないと多分ストーリーが分からないと思います。^^;

クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子
西尾 維新 (2002/08)
講談社

この商品の詳細を見る


今日の晩ご飯

・茹でたソーセージ&ゆで卵&蟹カマのサラダ ・いくら 
スポンサーサイト



  1. 2006/06/29(木) 03:15:36|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0