FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

やっちまった。

この間、久々におもちゃ屋に行きまして、ちっちゃい子用のおもちゃってあるじゃないですか。ボタンを押すと音が出たり仕掛けが動いたりするヤツ。
それを見つけて戯れに、ボタンを押してみようとしてですね、「ポチっとな」って言いながら押したら、隣に居た子供に怪訝な顔をされました。
ぷらすです、こんばんわ。(長いよ)

これがジェネレーションギャップってヤツなんですねー…。

で、そのおもちゃ屋から出て、ちょっと古本屋に立ち寄ったらですね、『蟲師』の1~3巻があったんですよ。
『蟲師』はアニメを見て大層面白かったので、いつか全巻揃えたいなぁ。って思ってたんですけど、流石に7巻も出てると、中々手を出す勇気が湧かなかったんですね。
で、古本屋で、1~3巻を発見と。

気がついたら、レジで会計をしてました。

で、昨日友人K君の仕事が早く終わったとかで、昼間から一緒に遊んでたんですが(僕はお休み)、久々にアニメイトに行きました。
本を物色しながらフラフラ歩いていると、蟲師が全巻平積みしてありまして。


気がついたら、4~7巻を手に持ってレジに並んでました。

という訳で、『蟲師』感想。

作者の漆原友紀さんは、女性の方なのですが、(もちろん良い意味で)それが作品に出ているなぁと。
上手く言えないんですけど、男には描けない世界ってあると思うんですよ。
『蟲師』の場合が正にそれで、しみじみ良い話も、チョッピリ怖い話も女性にしか出せない発想と感性だって思いました。

3巻までは、全話アニメ化されたヤツでしたが、4巻あたりから、初めて読む話が増えてきて、やっぱり面白かったと。
買って良かったと思いました。

『蟲師』は、漫画もアニメも本当に面白いですね。
あとは、実写の映画か…。
一体、どんな世界になっているんでしょうかね。
楽しみです。

蟲師 (7)  アフタヌーンKC (404) 蟲師 (7) アフタヌーンKC (404)
漆原 友紀 (2006/02/23)
講談社

この商品の詳細を見る


今日の晩ご飯

・チーズ入りチキンカツ ・秋刀魚の塩焼き ・百合根とサヤエンドウの炒め物 ・カツオのたたき
スポンサーサイト



  1. 2007/01/17(水) 21:32:24|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2