FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

一日前ですが。

本当は明日書きたかったんですけど、死んでいるかもしれないので今日のうちに書かせていただきます。
ぷらすです、こんばんわ。

ええ、憲法改正についてのお話です。

この間、新聞を読んでいたら、憲法改正の特集記事で、80代の老教授と、19歳の女の子の学生の会話が載っていました。
老教授は、憲法第9条を変えるべきではないという、いわいる護憲派で、女の子は改憲派なんですね。

女の子の主張は、憲法第9条は今の時代にそぐわない。自衛隊を正式な軍隊とするべき。という主張をします。
それに対し、老教授は「互いにピストルを突きつけて平和を語れるだろうか」と反論。
しかし女の子は、それは理想論であると反論し、納得もしていない様子だったようです。

まぁ、うろ覚えなんですけど、そんな感じの内容だったと思います。

僕は、この二人の主張はどちらも間違っていないと思うんですよ。
確かに昨今の情勢を見れば自衛隊の立ち位置は、とても曖昧でだしアメリカが100%日本を守ってくれるとは思えないし、中国、韓国、北朝鮮の動きを見れば、かなり不安になったりします。
老教授の言葉も凄く理解できます。女の子の理屈は、アメリカや軍事的大国のソレで、あくまで武装での均衡状態を保つ“だけ”。
それは、真の意味で平和とは言えないという話ですよね。

ただ、女の子の言い分には一つだけ欠けている部分があって、それは、

いざ戦争になった時に一体誰が戦地に赴くのか。

っていう部分。
老教授の言い分は、確かに理想論であって、今の時代にはそぐわないかもしれないです。
しかし、彼は実際に戦地を経験した上で話しているんですよね。

ナイフを持てば切ってみたくなる。ピストルを持てば撃ってみたくなる。
いや、そうならなくても実際持っていなければ我慢できた事も、ソレを持つ事で我慢のタガは絶対にゆるくなると僕は思います。
それに、今でさえ憲法第9条の拡大解釈によって、イラクに多くの自衛隊員が行っている現在、憲法を改正した後、自衛の為と銘打った拡大解釈による戦争を日本が絶対にしないという保障がどこにあるでしょう。
僕も含めた日本国民、政治家がそこまで精神的に成熟しているとは、僕にはとても思えません。

確かに、今使っている憲法は古く、今の時代にそぐわない部分も多々ありますし、改正の必要な憲法も沢山あるでしょう。
しかし第9条だけは、日本が世界に誇る憲法として、残しておくべきものだと僕は思います。

最後に、これまたうろ覚えで申し訳ないのですが、老教授の言葉で〆たいと思います。

「暴力で問題解決をするという行為は、実は一番簡単な方法だ」

今日の晩ご飯

・冷麦 ・鶏とじゃが芋の煮物 ・赤飯
スポンサーサイト
  1. 2007/05/02(水) 20:20:29|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2