FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

文学少女シリーズ

せっかくの休みなのに、気がつけばほぼ一日家に居ましたよ。
ぷらすです、こんばんわ。

外に出かける元気と気力がありません。ふいー。

という訳で、今日は読書DAYでした。
読んだのは、文学少女シリーズ(野村美月さん ファミ通文庫)です。

以前、本屋で何か良い小説はないかなぁ? と物色していて目にとまったのがこの本でした。
表紙イラストの色使いや、タイトルが気に入って、買った二冊です。

で、感想。

このストーリーは、ご飯の代わりに物語(小説とか)を食べちゃう、文芸部部長にして、自称“文学少女”の天野遠子と、同じく文芸部で、元ベストセラー“美少女作家”の井上心葉(男)が巻き込まれる、学園ミステリー(?)です。

結構、重い内容だったりするんですが、それでもどこか柔らかい印象を受けるのは、遠子先輩のキャラクターのお蔭かなぁ? って思います。
文学少女が巻き込まれる(?)事件らしく、2作とも名作ストーリーをベースに進められていて、そのストーリーや作者の説明もあるし、物語の中で、遠子先輩の食事になる小説の名前なんかも出てくるので、読書好きな人にはたまらないかもしれません。
もちろんあまり小説を読まない人でも、楽しめますよ。

オススメです。

”文学少女”と飢え渇く幽霊 ”文学少女”と飢え渇く幽霊
野村 美月 (2006/08/30)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る


今日の晩ご飯

・マグロの刺身 ・煮しめ ・ところてん 
スポンサーサイト



  1. 2007/05/14(月) 22:19:15|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4