FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

ライトノベル2冊

ぷらすです、こんばんわ。

またかよ! って思われるかもしれませんが、最近読んだ小説(ライトノベル)の感想を書きたいと思います。
ここ最近、読んだライトノベルは「DOORS」と「毛布おばけと金曜日の階段」
という訳で、ネタバレがあるかもしれませんから、これから上記のタイトルを読む予定の人、読みたいと思っている人は要注意ですよ。 いいですね? 注意しましたからね?










では感想。

毛布おばけと金曜日の階段 橋本紡 電撃文庫

えー、甘酸っぱいです。(イキナリ!?)
ただ、ベタベタした甘酸っぱさはなく、紅茶と一緒に頂けばサラリと過ぎ去っていくような、後を引かない甘酸っぱさと言うか、ちょっと高級なスイーツ店の甘酸っぱさというか…。
多分文体の所為なのかもしれませんね。
ただ、(文体の)好き嫌いは分かれるかも。
僕は、小説の世界に入るのに、少し時間がかかったかな?
読後感は爽やかな感じがしました。

DOORS 神坂一 スニーカー文庫

ぶっ飛んでます。(イキナリそこから!?)
小説を読んで爆笑して、二度読みしたのは多分初めてじゃないかなぁ?
万人に受ける笑いかどうかと聞かれれば、ちょっと違うような気もしますが、僕のツボにはクリーンヒットでしたよ。
なんていうか、文章の組み立てがとても上手い人なんだと思います。
ぶっ飛んだ設定、ぶっ飛んだ世界観は、ともすれば独りよがりというか、読者置いてきぼりになったりするんじゃないかと思いますが、そんなぶっ飛んだ世界に読者をグイっと引き込んで離さない魅力がこの小説にはあると思います。
ちなみに、作者の 神坂一さんは、あの「スレイヤーズ」の作者さんだそうです。


お、ネタバレしてない。(内容も分からないけど)笑
それはそうと、最近どんどん読むのが早くなってるような気がします。
多分、京極夏彦さんの所為だだと思います。

今日の晩ご飯

・刺身 ・湯豆腐

今日の脳内ミュージック

・さすらい by奥田民生
スポンサーサイト



  1. 2007/12/20(木) 22:57:43|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0