日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

デス・プルーフ

ぷらすです、こんばんわ。
クエンティン・タランティーノ監督の最新作「デス・プルーフ」を見ました。
という訳で、早速感想など。
多分、ネタバレなどあると思いますので、これから「デス・~」を見る予定のある人は、ここから先は読まぬが吉ですよ。
と、一応注意したところで、感想。


うん、見事なB級映画。(褒め言葉)
この映画の趣旨と言うか背景みたいなのをまったく知らない状態で見たんで、あのラストシーンはビックリしました。(褒め言葉)
実はこの映画、アメリカではロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー」2本立てで上映されてたそうで。
なので、両タイトルの後には「in グラインドハウス」と明記してあります。

で、グラインドハウスとは何かと言うとですね、説明が難しいので、Yahoo!映画の解説を拝借しました。

“グラインドハウス”とは、B級映画ばかりを2本立て、3本立てで上映する映画館の総称。かつては全米大都市周辺に多く存在し、自他共に認める映画オタクのクエンティン・タランティーノ監督も少年時代に通い詰めていたという。本作はそんな往年のグラインドハウスを現代に甦らせるべく、タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作、実際に2本立ての形態で上映された画期的なイベント・ムービー。ロドリゲス監督はゾンビ・アクション「プラネット・テラー」、タランティーノ監督はスラッシャー・ムービー「デス・プルーフ」を製作。また本編と本編の間には実在しない映画の予告編まで流して、当時の雰囲気を忠実に再現。

だそうです。
日本で言うと、場末の名画座オールナイト上映5本立てみたいな感じ?
ちょっと補足すると、そういったB級映画はフィルムが余り焼き増しされてないので数が少なく、その少ないフィルムがアメリカ各地を回るうちに、傷がついたりフィルム自体が切れたのを補修した所為で、“繋ぎ”がおかしくなったりしてたそうです。
今回、タランティーノ監督は、そのノイズの再現も込みで、見事なB級映画に仕立て上げたと言う訳ですね。(褒め言葉)
とはいえ、素材は超一級品。
CGなしの手に汗握るカーチェイス、カート・ラッセルを始めとした豪華なキャスト、そしてタランティーノ監督のセンスとユーモアと遊び心。
例えて言うと、最高級松坂牛でハンバーガー作っちゃいました的な感じでしょうか。

ただし、好みは分かれそうなので、ストーリー重視の人にはオススメできないかも。(笑)
あ、ちなみにR-15指定です。

今日の晩ご飯

・旨煮 ・タラコ




スポンサーサイト
  1. 2008/03/29(土) 23:20:35|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

東京ゾンビ

ぷらすです、こんばんわ。
昨日の続きです。今日は「東京ゾンビ」を見ました。
アフロの浅野忠信さんと、はげ頭の哀川翔さんが大暴れしたりしなかったりする映画です。
出来るだけネタバレしない方向で書くつもりですが、もし、これから「東京ゾンビ」を見ようと思ってる人や、今まさに「東京ゾンビ」のDVDをプレイヤーにセットインしてる人は、読まぬが吉です。


なんつーか、いい感じにバカで、いい感じに脱力してます。
ハリウッド級スーパーアクションやさだまさし級感動巨編(見たことないけど)を求めてる人向きではないと思います。
好みもありますけど、基本、日々の生活に追われたり、仕事で人間関係に悩んだり、会社内で派閥のど真ん中に挟まれて両軍から「お前どっち派につくんだよ!」と責め立てられたりして、「もういやだ! なにも考えずに田舎で自給自足でもしながらのんびり暮らしたい!」 と思いながらも根っからの虫嫌いで街っ子だったりする感じの人にはオススメかなと。
あ、僕の話じゃないですよ。念のため。

ちょっと前の第2次日本映画黄金期のちょっと前に流行った、若手映画監督による単館上映インディーズムービーの元気が良かった頃の匂いがちょっとする、そんな映画でした。
深読みしようと思えば深読みできるし、特になにも考えなければそれなりに楽しめちゃう感じ。

観る前に、あんまり期待しすぎてハードルを上げちゃうと残念な気持ちになると思うので、約2時間、無駄にしてもいいや~くらいの気持ちで、一応保険として確実に面白いであろうDVDとセットで借りるのが正しい姿勢じゃないかと思います。

って、んん? これじゃぁけなしてるっぽいなぁ。
いや、個人的にはスキなんですよ。ええ。


東京ゾンビ東京ゾンビ
(2006/07/28)
浅野忠信、哀川翔 他

商品詳細を見る


今日の晩ご飯

・イカの味噌漬け ・ブロッコリー ・冷奴
  1. 2008/03/18(火) 22:18:32|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

ヘルシング&蟲師

ぷらすです、こんばんわ。
今日はお休みだったので、病院の後にGEOに寄って、DVDを借りてきました。
「ヘルシング(OVA版)1~3」「蟲師(実写版)」「東京ゾンビ」です。
で、帰宅してすぐに「ヘルシング」と「蟲師」を見ました。
という訳で、感想など。
例によって、ネタバレは極力しないようにするつもりですが、これから見る予定のある人は、このまま読まない方向で。

「ヘルシング」

思いの他原作に近かったです。
ちょっと駆け足チックというか、もうちょっと一つ一つのエピソードを細かく拾ってくれると嬉しいかな?
アーカードの限定解除モードはカッコよかったですよ。

「蟲師」

ネットでの映画評を読むと、意外と辛口の意見が多かったので、どうかなぁ? と思いながら見始めたんですが、意外と楽しめました。
アレですね。原作とは内容が大分変わっているので、原作を愛する人はダメかも。
逆に原作を知らなければ、「そういうもの」として楽しめるんじゃないかなぁ?
主人公「ギンコ」の過去と今の交わり方とか、三つ(過去編を合わせると4つ)エピソードのつなぎ方とか、違和感を感じなかったです。
あと、映像も奇麗だったです。

いや、先に辛口な批評を見てたから、僕の中のハードルが大分下がったからかもしれませんが。

ただ、「ヌイ」の扱いはヒドかった。
いや、でもアレはアレで好きですけどね。(笑)


オマケ
「大帝の剣」

個人的には、ナシでした。

今日の晩ご飯

・スキヤキ


  1. 2008/03/17(月) 23:11:48|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今更ですが

ぷらすです、こんばんわ。
いや、ホント今更ですが声優の広川太一郎さんが、3月3日に亡くなってたんですね。
広川さんと言えば、「ムーミン」のスノーク、「Mr.BOO!」のマイケル.ホイ、「名探偵ホームズ(宮崎駿バージョン)あたりが有名ですが、その他にもボクの少年期から青年期にかけて、沢山の作品に出演されてました。
独特の台詞回しが凄く印象的で、ボクもよく「~とかなんとか言っちゃったりなんかして~」という台詞回しを真似しまくった思い出があります。

心よりご冥福をお祈り致します。

今日の晩ご飯

・マグロの刺身 ・ベーコン ・ツナサラダ ・イカの煮物
  1. 2008/03/16(日) 22:32:39|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

ぷらすさん、ちょんまげを考える

ぷらすです、こんばんわ。
突然ですけど、ちょんまげってあるじゃないですか。
昔の人たちがしてた髪型のアレ。
昔からちょっと気になってたんですけど、あれって何がどうしてあんな髪形になったんでしょう?
だって、冷静に考えると変でしょ? あの頭。
今、あの髪型見て、「カッコイイ~」とか「超イケテル」って思わないじゃないですか。
むしろ、あんな髪型の人を見たら、引くでしょ?

で、そんな事をふと思い出して、ネットで検索して見たんですよ。
一般的な説としては、平安時代のお侍さんが兜を被るのに蒸れたりのぼせたりしない様にあの髪型にしたのが起源らしいです。
他には、特殊な職業についていた人たちの髪型が広まったという説や、中国や韓国の影響という説もありましたが、う~ん、どれもピンと来ないんですよね。
もし、お侍さんがスタート地点だとすると、むしろ庶民がちょんまげを結うのは禁止するんじゃないかな? って思うんですよ。
逆に庶民の人からってんなら、お侍さんはしないだろうし、他国の影響っていうのもイマイチ、ピンと来ないし。

で、ボクが思いついたのが


ハゲ隠し

例えば頭頂部の薄いお侍のAさん(仮名)がですね、月代剃って後頭部の毛を前に持ってきて、ちょんまげにするわけです。
で、それを見た笑うでしょ。「何その頭!?」って。
で、その人は「バッカお前、これは兜で蒸れたりのぼせたりしない為の実用的な頭なんだよ」って反論する訳です。確かに恥ずかしい髪型だけど、それでも仕事の為なら仕方がないとか何とか。

それを聞いた同じく髪の事で悩むBさん(仮名)が、なるほど! その手があったか! と。
で、大義名分がありますからね、髪の悩みを抱えた人たちがどんどん乗っかっていく訳ですよ。
で、髪で悩んでない人たちの中にも賛同者が現れまして、どんどんその勢力を拡大していく訳ですよ。
で、少数派と多数派の逆転ですよ。
そうなるとちょんまげ結ってないヤツは、仕事する気がないんじゃね? みたいな風潮になってくるんで、皆ちょんまげを結い始める。
で、当時の偉い人も頭部に悩みを抱えてたりして、ちょんまげ推奨したりしてね。
ちょんまげ手当てなんか出ちゃったりして、そうなると皆こぞってちょんまげ結い始めるでしょ?
お金が欲しいから。

で、そんなお侍さんを見た庶民の髪の悩みを抱えてる人がね、真似するわけですよ。
普通は、庶民風情が侍の真似をするとは何事か! ってなるんでしょうけども、そこはホラ、同じ悩みを抱えた同胞ですし、仲間は多い方がいいじゃないですか。
自分が目立たないから。

そんなこんなで、ある年数が経って、その子供や孫の代になると、ちょんまげが当たり前の時代ですよ。
そして、日本人の中でちょんまげが定着していったのであったみたいなね。


まぁ、全部妄想なんですけどね。

今日の晩ご飯

・ラーメン ・冷奴
  1. 2008/03/15(土) 23:31:21|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ここ最近見たDVD

ぷらすです、こんばんわ。
今月は札幌にも行った事だし、休みの日は大人しく引きこもって浪費を控えようと思った途端、浪費家の神様が降りてきましたよ。
そんな訳で、休みの前日にGEOでDVDを2本も借りてしまいました。

という訳で、出来るだけネタバレしないように書きますけど、タイトルを見て、「あ、この作品これから見るわ」って思った人は、読まない方が吉ですよ。

「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」

相変わらず(?)ラストの大どんでん返しに「お前がジャンゴかよ!」とツッコまずにはいられない、三池
マジック。
さらに、あの監督も出演してて、「あんた、どんだけ日本が好きなんだ!」とツッコまずにはいられません。 あー、気が合いそうだよね。あの二人。
もっとハチャメチャになるかと思ったけど、本筋はしっかりウエスタンだった。
でも、ぶっちゃけ海猿の人はいらなくね? って思ったり、もう、桃井かおりさんが主人公でよくね? って思ったり。
木村佳さん、香川照之さん、乃佐藤浩市さんが凄く良かったと思います。
EDがサブちゃんだったのにはビックリした。

「真夜中の弥次さん喜多さん 」

初監督作品でこの作品を選ぶなんて、なんてチャレンジャーな…。と思いながら見たけれど、しっかり自分色に染め直すクドカンマジック。
喜多さん役の中村七之助さんがハマってたと思います。
弥次さんが長瀬智也さんってのは少々男前過ぎでは? と最初は思ったけど、見てみると気にならなかったなぁ。
竹内力さんは一体どこに向かっているのかと若干心配になったりするけれど、非常に面白かったです。
ホントに宮藤官九郎さんは凄い人だと思います。

今日の晩ご飯

・メンチカツ ・コロッケ ・ポテトサラダ丼


SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディションSUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション
(2008/02/06)
桃井かおり、伊勢谷友介 他

商品詳細を見る


真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション
(2005/10/07)
長瀬智也、中村七之助 他

商品詳細を見る

  1. 2008/03/12(水) 23:08:17|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

インターネットが悪いのか?

ぷらすです、こんばんわ。
ボクは金曜夜にやっている、「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」という番組を良く見るんですが、この間はTV演出家でコメンテーターのテリー伊藤さんが、「インターネットは一日一時間まで(仕事は別)」という法案を提出していたんですよ。
テリーさんや他のインターネット反対派(?)の人たちの意見を要約すると、インターネットにのめり込むと、「ネット犯罪の増加」「引きこもりになる」「インターネットばかりやるのは不健全」「なんでもすぐに検索出来るので、考える力が衰える」「人との付き合い方が覚えられない」「自分の好きな情報しか見なくなる」「想像力(妄想力)が育たない」など等。うろ覚えなので結構いい加減ですけど。
故に、インターネットの利用を一日一時間にする事で、利用者は本当に必要な情報を調べるだけになって、他の時間を有意義に使う(本を読むとか)事で、日本が平和になるという事でした。
まぁ、ネットが禁止されたからと言って本を読むかどうかは分かりませんけども。
おおよそインターネットが好きでない人たちの意見だなぁ…って感じの話が多かったです。

確かに言っている事は良く分かるんですよ。
僕の場合、大人になってからインターネットを始めた事もあって、インターネットを楽しみつつも、テリーさんと同じ様な事を思ったりするんですね。
ただ、だからインターネットを止めさせるというのは、少々乱暴だなぁと。

ボクがまだ学生だった頃、思春期の少年らしくエロ漫画雑誌を隠し持ってました。
で、それを親に見つかりまして、その時パパンはその本をボクから取り上げるでもなく、「こんな本を読むな」と押さえつけるでもなく、
「この本に描いてあることは嘘だ。本当の女の子はこんなんじゃないからな」
と言っただけでした。
ボクは、大人になった今でもそのパパンの言葉を覚えてます。

結局、インターネットっていうのはあくまで道具ですからね。
包丁と一緒なんです。
ちゃんと使えば、美味しい料理を作って食べる人を笑顔にも出来るし、間違った使い方をすれば自分の指を切ったり、人を傷つけたりも出来ます。
でも、包丁はあくまで包丁。道具なのであってそれ以上でもそれ以下でもない訳で。
包丁が悪意を持って人を傷つけたりはしませんからね。全ては使う人間次第な訳です。

だから、ネットに弊害があるとしても、それはネットが悪いのではなく、ネットを使う人間が悪いんです。
で、その対処法は、ネットを取り上げる事でもなく、頭から押さえつけるんでもなく、ネットの正しい使い方を教える事じゃないかな? って思うんですよ。
で、それは偉い人や法律ではなく、親や周りの大人が教える事だと、そう思うわけです。
って、こう書くと、凄く当たり前の事ですね。

今日の晩ご飯

・カレーライス ・カツオのたたき ・手羽先の煮付け
  1. 2008/03/09(日) 01:45:57|
  2. テレビ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ランドク

ぷらすです、こんばんわ。
最近、バカみたいに本を読みまくってます。
主にマンガと小説です。(基本、ストーリーのない本は頭に入らないので読まないんです)
1冊終わったらすぐに次の小説って言う感じで、もう余韻も何もあったもんじゃありません。
じゃんじゃん新しい物語が頭の中に入ってくるので、前の物語の内容が頭から押し出されてしまうような感じ。
まるで、ロケットペンシルですよ。
もしくはトコロテン。
まさに、乱読って感じで、こんなんじゃイカンなぁ…とは思うんですけど、なんかもう自分の意思では止まらない感じです。
で、新しい本を探そうと思ってもどの本が面白いのかが良く分かりません。
マンガだとそこそこ鼻が利くというか、表紙を見ただけでその本が自分好みかどうか大体分かるんですけど、小説は中々選ぶのが難しいです。

という訳で、なにかオススメの小説があったら教えてください。(結構切実)

今日の晩ご飯

・カレーライス ・お新香

今日の脳内ミュージック

・マシマロ by奥田民生
  1. 2008/03/07(金) 22:40:35|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

いざ、札幌

ぷらすです、こんばんわ。
今日は2連休を利用して、前々から密かに計画を立てていた札幌日帰りぶらり旅に、友人のF嫁とKちゃんと3人で行ってきました。
もうね、地元から飛び出すのなんかホント何年ぶりって話でして、昨日は興奮しすぎて中々眠れなかったという、まるで遠足前の小学生みたいになってましたよ。

ただ、「札幌に行きたい!」という情熱はあるものの、「札幌でこれがしたい!」という目的は特になく、それじゃぁ何かイカンだろうってことで、1つだけ目標を立てました。

札幌のデパ地下で「マカロン」を買う。

いやいやちゃうねん。
折角札幌に行くからには、何か地元では売ってないものを買おうと色々考えてですね、考えて考えて悩んで悩んで、辿りついたのが「マカロン」だったわけですよ。
もちろん、地元のデパ地下ももう何年も行ってないのでホントの事は分かりませんが、取り合えず目標を立てることが優先だったからね。
という訳で、目的が決まって寝付いたのが午前2時。
午前7時30分には起床の予定なわけですが、大丈夫かしらん。

結果から言うと、間に合いました。
で、F嫁、Kちゃんと合流して切符を買い準備OK。
JRに乗って一路札幌へ。
既にテンションは最高潮。今にも座席に膝立ちになって窓の外を眺めそうな勢いでしたが、そこはそれ、ボクも大人の端くれですから自重しましたけどね。
で、出発から1時間30分後に札幌到着。
早いねJR。
まずは、ダイマルの地下に降りてマカロンチェック。
無事、マカロンを発見したので、まずは一安心して次の目的地へ。

目的地1 東急ハンズ

ええ、地元にはないんです。
そんな訳で、最上階から全ての階を見ながら降りていく作戦決行。
なんかね、色々あるなぁと。
個人的に一番テンションがあがったのが、「水に溶ける紙」
普通にコピー用紙として使えるんだけど、水に入れると10秒足らずで溶けてしまうという紙で、プライバシーの保護や会社の機密保持用に作られたらしいんですね。

うわぁぁぁ、やってみてえぇぇ!!

しかしこの紙、50枚入りで千円以上。
ぶっちゃけ、1回試してみるのに、千円以上のお金は払えません。
一枚単位で売ってくれれば…。

目的地2 ボークス札幌店

何がびっくりしたって、「ボークス」の入っているビルに入った途端、何人ものゴスロリ少女とすれ違った事が…。
理由は、「ボークス」と同じフロアに、ゴスロリ専門店があったから。
それにしても、あの服装で街中を歩けるのは、やはり若さの成せる技だなぁ。
で、「ボークス」
凄く乱暴に言うと、フィギア専門のお店です。
女性の姿を沢山見かけて、不思議に思ってたんですけど、ボークスってスーパードルフィーで有名なお店だったんですね。
なんかもう、値段とか値段とか値段とか、エライ事になってました。
一通り何とかしようと思えば、10万単位のお金がかかるんですね。
うーん。深い。

昼食

F夫妻が良く行くという、中華料理屋さんに行きました。
美味かった。

目的地3 メロンブックス&とらのあな

F嫁が見てみたいというので、あえて火中に飛び込む覚悟で。
相変わらず濃い!
気力と体力の半分位持っていかれましたよ。

目的地4 札幌丸井9F

Kちゃんの希望。
全国美味いもの市をやってたんですね。
美味いもの市自体は、地元の丸井でもたまにやるんですけど、流石は札幌、規模が違います。
で、試食とかしながらウロウロしてたら、うっかり沖縄のおばさん(?)に捕まりまして。
うっかり、沖縄のもろみ酢 1,150円也 を買ってしまいました。
お酢は体に良いしね! 後悔はしてないよ!

目的地5 旭屋書店&紀伊国屋書店

大きな本屋さんでした。
本が沢山あるところは、そこに居るだけで至福です。
いや、何も買いませんでしたが。

目的地6 ヨドバシカメラ&ビックカメラ

札幌の電気店の大きさに圧倒されました。
ウロウロしてるだけでも楽しめます。

目的地7 ダイマル地下

いよいよ、今回の旅の最終目的地です。
沢山種類のあるマカロンの中から、8種類買いました。
色とりどりのマカロンは見ているだけで心癒されます。
他にも、地元のデパ地下では見かけないお店を見て周り、各自お土産など購入して、午後8時の列車で帰ってきました。
流石に、疲れてしまって、帰りの列車では寝てしまいましたが。

そんな訳で、ぶらり札幌日帰りの旅(タイトル変わってる!)は終わりました。
やっぱり、流石は北海道一番の大都市だけあって、広いしデカイ。
天気も良かったので、結構快適な旅でした。

で、総合感想。

タバコを吸うところがないよママン。

こんなに、長い時間タバコを吸わなかったのは久しぶりでした。(いや、休憩の時は常に喫煙できる店とかに入りましたよ)
ボクのようなヘビースモーカーにはちょっと辛かったです。

でも、その他は凄く楽しかったですよ。
また、行きたいです。





  1. 2008/03/03(月) 23:59:17|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。