日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジェネレーションギャップの話

ぷらすです、こんばんわ。
今日、会社のアルバイトのあんちゃんと話をしていたら、「レコード」の話になりました。
あんちゃんはレコードを知らない世代らしく、レコードの構造事態どうもピンときていないようで僕が
「いや、だからA面にメインの曲が入ってて、B面にカップリングの曲が…」
と言うと、
「A面B面ってなんすか?」と。
「いやだから、レコードの表がA面でひっくり返すとB面に…」
と言うと、
「え!? ひっくり返すって、レコードをですか!?」

ああ、そうか。そっから分からないのか、CD世代め。
多分、この日記を読んでる人の中にも、ピンとこない人がいると思うので説明するとですね、レコードには、表面と裏面、両方に一曲づつ曲が入ってる訳ですよ。
だから、B面の曲を聴くときは、レコードを自分でひっくり返すんです。

で、このままでは自分が古い世代にジャンル分けされそうだったので、味方を増やそうとパートさんに、
「ちょっと、K君てばレコードのA面B面知らないんですけど」
と報告すると、そのパートさん、
「え、A面B面って何?」

あんたもか!

味方を増やそうとして、うっかり敵を増やしてしまうという罠。
すっかりヤケになった僕は、キョトンとする二人には絶対分からないであろう、「ソノシート」の話とかしてさらに自分の傷を広げるのでした。
あ、ちなみにソノシートっていうのは…、説明するの面倒だからお父さんかお母さんに聞いてください。

今日の晩ご飯

・カツ丼 ・冷奴 




スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 03:28:03|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

もしかしたら僕んちは貧乏だったのかもしれない・鰻編

ぷらすです、こんばんわ。
昔の話って、一回書き始めると記憶の扉がじゃんじゃん開いていくものですね。
という訳で、もしかしたら僕んちは貧乏だったのかもしれないエピソードその2です。

まだ僕が幼かった頃の事です。
ママンに連れられて街に出かけたのですが、どういう道筋だったのか、鰻屋さんの前を通りかかったんですね。
今と違って、中国産の安い鰻なんか市場に出てない頃の話です。
ちょうど、その頃見ていたドラマか何かで、うなぎという美味しい物がこの世にはあるらしいという知識を得たばかりの僕は、ママンに「鰻が食べたい」とせがんだんですよ。
そしたらママン、

「あれは毒だから子供が食べたら死んじゃうの」
と。
いくら幼いとはいえ、そんな理由では納得できる訳も無く。
「じゃぁ、なんで大人は食べるの?」
という子供ならではの質問に、ママンは顔色一つ変えず、
「大人はたまに毒を食べないと死んじゃうから、仕方なく食べてるの」
と答えたのでした。
それを聞いた幼き日の僕は、『そうか、大人も大変なんだなぁ』と変な納得の仕方をし、パパンやママンに同情さえしたのでした。

僕がうそつきなのは、多分遺伝だと思います。
  1. 2008/05/27(火) 00:27:48|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

もしかしたら僕んちは貧乏だったのかもしれない・焼肉編

ぷらすです、こんばんわ。
前回の日記を書いているとき、「あれ? もしかして僕んち貧乏だったんじゃ…」と思い当たるエピソード(そんな大したもんではないけど)の脳内扉が開いたので、書き留めておこうと思います。

ある日の事です。
その日の夕飯は確か、豚肉のステーキだったような気がします。
子供の頃っていうか今も基本そうなんですけど、夕飯のおかずが肉だとテンション上がるじゃないですか。
当然その頃の僕もテンション上がりまくりで、ご飯をおかわりして、それはもうガツガツ食べました。
でも、パパン&ママンは心なしかいつもほどには食べてなかったような気がします。
で、お腹満腹、心ハッピーで夕飯を食べ終えると、パパンが僕に、
「お腹一杯食べたか?」と。
僕が「うん」と答えると、パパンは頷き、

「よし、じゃぁ焼肉食べに行くか」
と、満面の笑みで言ったのでした。

今考えると、当時の僕はかなりの大喰らいだったので、ハラペコで焼肉なんか連れて行った日には、どれほど食べるか分かったもんじゃないと思ったのでしょうが。(笑)

それからしばらくの間、晩ご飯が好物の時に、僕が警戒したのは言うまでもありません。
  1. 2008/05/26(月) 00:07:07|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

記憶の引き出しが急に開いた件

ぷらすです、こんばんわ。
いや、ジャンル分けのトコを、「グルメ」「北海道のグルメ」にしたけど、グルメとは縁もゆかりもない話です。スイマセン。

本州の方は意外とご存じないかと思いますが、北海道は基本、肉と言えば豚が主流です。
今は、輸入牛肉の安いのが入っているのでそうでもないみたいですが、僕が子供の頃はそうだったんですよ。
あ、でも十勝の方は牛肉が主流だったと聞いたことがあったような無いような…。
そんな訳で、北海道…っていうか、僕の家ではとにかく何でも豚肉だった訳です。
例えばステーキ。
今は言わないですけど、僕の子供の頃は牛肉のステーキは「ビフテキ」って呼ばれてて、家で出てくるのは豚のステーキが基本。しかも我が家ではケチャップ味が基本でした。
例えば、肉じゃが。
これも、豚肉です。っていうか肉じゃがに牛肉を使うなんて、考えた事も無かったですよ。
会社のパートさんは、岩手の出身なんですけど、コッチに来て肉じゃがが豚肉なのでビックリしたって言ってました。
例えばスキヤキ。
これも当然、豚です。
以前、勤めていた会社の女の子にその事を言ったら、「え!? スキヤキは牛肉でしょ!?」とかぬかしやがったので、その日一日、その子を「ブルジョア」と呼び続けてやりました。

そんな僕が、初めてビーフシチューを食べたのは大人になってから…だと思ってたんですが、そう言えば子供の頃に一度だけビーフシチューが食卓に出てきた記憶が、今日突然蘇りました。

ええ、もちろん肉は豚(のこま切れ)でしたけどね!

…もしかして僕んちって貧乏だったんでしょうか?
  1. 2008/05/25(日) 00:04:24|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

最近見ているアニメ

ぷらすです、こんばんわ。
そう言えば、あまり自分の見てるアニメの話ってした事あるような無いような気がしたので(どっちだ)、最近見ているアニメの感想など書いてみようかと思います。
あ、多分ネタバレとかないけど、一応注意してくださいね。

☆ロザリオとバンパイヤ
元ネタはギャルゲー? 今のところ様子見って感じ。

★クリスタルブレイズ
最初、てっきり主人公(?)の男が冴羽 獠(シティーハンター)の子孫だとばかり思ってたよ…。

☆君が主で執事が俺で
これも元ネタギャルゲーかな? むやみにパンツが出てきます。

★マクロスF
マクロス自体、一番最初のしか見たことが無いので、イマイチ内容が分からず。やっぱり歌の力で敵を改心させたりするのかしらん?

☆RD 潜脳調査室
女の子の下半身が異常にムチムチしてるのが気になって、内容が頭に入りません。(笑)

★隠の王
ちゃんと読んだ事無いけど、多分原作を大分端折った作りになってるのでは?

☆カイバ
今のところ一番気に入っているアニメ。 設定とかストーリーが結構黒いので、大人向けかなぁ。

★純情ロマンチカ
これ、地上波で流して大丈夫? と他人事ながら心配になります。

☆チーズスイートホーム
今のところ一番安心して見られるアニメ。チーの声がカワイイです。

★アリソンとリリア
これも原作をかなり端折ってる。(こっちは原作読んだ)
そのお蔭で、ただでさえ薄いヴィルの存在感が寄り薄くなってるのが残念。

☆彩雲国物語
ときどき、妙にホモ臭く感じる時があるけど、基本面白いです。

★ナルト-疾風伝-
一日も早い、本編復帰を願うばかりです。

☆ソウルイーター
あまり、ちゃんと見てない。DVDが出たら、一気借りして見ようかと思う次第。

★こどものじかん
なんかもう、伏字(ピーって入るアレ)と画面隠しが多すぎ。今のご時世を考えれば致し方ないんだろうけど。

とまぁ、こんな感じです。
それにしても…、どんだけアニメ見てるんだろう僕は…。
  1. 2008/05/24(土) 22:28:00|
  2. テレビ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

貧乏人的価値基準

ぷらすです、こんばんわ。
長い間貧乏をこじらせていた所為か、「質より量」の感覚が抜けません。
例えば一個100万以上する腕時計。(クオーツじゃないいわいる機械時計)
例えば普通のデスクトップよりも値段の高い、薄くて小さいノートPC。
一貫何千円もするお寿司。
等々

理屈としては分かるんです。

時計にしろ、PCにしろ、そこには技術とか、最新のテクノロジーとかね、そういった理由から値段が上がるって事。
寿司ネタが一匹あたりほんの少ししか取れない貴重な部位であること。
技術、利便性、必要性、希少性、そしてロマン。(もちろん、それらを購入できるだけの余裕があることが大前提ですが)

頭では分かるんですけど感情的に納得できないんです。

なんかね、値段の高い物はドカーンであって欲しいんですよ。
見た瞬間、うわ! スゲェ! みたいな。
例えば、何十万円のPCは、もうなんか部屋の天井に届いちゃうタワーみたいな、鉄のこけしみたいな形のが二つついてて、その二つの間にバリバリ電流が流れてるみたいな。
100万円の時計だったら、むやみやたらに針がついてるみたいな、日付と時間以外に、その日の湿度とか天気とか、何なら世界中の時間が分かっちゃうみたいな。
一貫何千円の寿司なら、一貫の大きさが両手で抱えないと持ち上がらないみたいな、うっかりギネス載っちゃったよ! みたいな。
そういう、見た瞬間に納得の行く、あぁ、この大きさならしょうがないや的な、一杯材料使ってるもんね的な、そういうのが欲しい訳です。
まさしく、質より量っていう。
多分、僕の前に舌切り雀が、大きなつづらと小さなつづらを持って現れたら、間違いなく大きなつづらを選んでしまうんだと思います。
  1. 2008/05/20(火) 01:32:48|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

第10回旭川オールディーラー新車フェア

ぷらすです、こんばんわ。
お昼にカレーを食べた後、旭川の大雪アリーナで行われた、「第10回旭川オールディーラー新車フェア」を覗いてきました。
覗いてきたというより、ひやかし倒してきました。
もうね、多分一生乗る事のないだろうと思われる、ベンツとかSAABのカブリオレとかハマー(だっけ?)とか、乗り倒してやりました。(乗っただけ。走らせたわけじゃないですよ)

良いね新車! でも高いね!

最近の軽自動車は、かるく150万近くするんだなぁ。高いなぁ。
なんて思いながら見て歩いていると、ダイハツのエリアにムーブとかタント(軒並み150万オーバー)と並んで、新車なのに70万円台という破格値の新車が!
その名もエッセ
中を覗いてみると、いっそ清々しいくらいのシンプルっぷり。
かなり豪華な新車が並ぶ中で、一際異彩を放っています。
「ほほう~」と感心しながら中を見ていると、中年のディーラーの人が、何故か申し訳無さそうな顔で寄ってきて、「いかがですか?」と。
「いやぁー、凄くシンプルですねー」と答えると、やっぱり申し訳無さそうに、「ですよねー」といいつつ、窓付近(地金に塗装をしただけというシンプルさ)を指差しながら、
「でも、ほら、この辺なんか、ちょっと外車っぽいでしょ
とアピール。
いや、おじさん、明らかにアピールポイント間違ってますから!
多分、ボクらが感心して見てたのを、呆れてると勘違いしたんだと思います。(笑)
他にも、軽自動車人気に愚痴るTOY●TAのセールスの人とかいて、車よりもむしろ人の方が面白かったです。

  1. 2008/05/17(土) 22:40:41|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

今日の昼食

ぷらすです、こんばんわ。
今日は休みだったので、友人のK君と最近(でもないか?)出来た、「スープカレー&ネパールカレー SURYA(スーリヤ)」へお昼ご飯を食べに行きました。
ネパール人の方が作るカレーという事で、期待大です。
タウン誌ではスープカレーのお店になってましたが、メニューを見るとネパールカレー(どちらかと言えば煮込み風なカレー)の方がメニューが多かったような気がします。

で、K君はスープカレーを、僕はスーリヤセット(だっけ)を頼みました。
080519_221333.jpg

↑これ

かなり大きなナンとサフランライス、サラダに2種類のカレーがついて880円也
ビックリするくらい良心的な値段で、人事ながらちょっと心配になるくらい。
さらに、タウン誌についていたクーポンで、ラッシー(ヨーグルトドリンク)もついて、お腹一杯になりました。
うん、満足。
  1. 2008/05/17(土) 22:19:06|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

最近、読んだ小説の話

ぷらすです、こんばんわ。
最近、友人に借りたり自分で買ったりするので、家にたくさん本があります。
読んでも読んでも、まだ読む本がある幸せ。
読書ジャンキーの方なら分かってもらえると思います。

そんな訳で、最近読んだ本の一言感想など。

“文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】<上>(ファミ通文庫):野村美月
早く! 一分一秒でも早く続きをっ!!!

吉永さん家のガーゴイル (ファミ通文庫): 田口 仙年堂
ご近所ほのぼのファンタジー。結構スキな世界。

我が家のお稲荷さま(電撃文庫):柴村仁
コウに激しく萌えました。

紅~ギロチン~(講談社スーパーダッシュ文庫):片山憲太郎
文体が読みやすいのでスイスイ読んでしまいます。

大江戸蘭学事始 源内化け猫暴き
大江戸蘭学事始其の二 置いてけ堀の怪(電撃文庫):大沼弘幸 わたなべぢゅんいち

時代考証は凄くしっかり調べられてるなぁって思いました。

蟲と眼球とテディベア
蟲と眼球と殺菌消毒(MF文庫):日日日

なんでそこで終わるかな! 続き買わなくちゃいけないじゃないか!(笑顔)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 死の礎は生(電撃文庫):入間人間

まともな人が一人もいないよママン。(笑) 

化物語 上下(講談社BOX):西尾維新
値段は高い。でも後悔はしてない。

空の境界  上中下(講談社文庫):奈須きのこ
難しい。でも面白い。橙子さんの話の長さは京極堂に匹敵すると思う。

取り合えず、今思い出せる分だけ。
我ながら、沢山読んでるなぁって思います。
少しでも、興味のあるタイトルがあったら、ぜひ他の人の書評をチェックしてください。(投げっぱなしか)


  1. 2008/05/16(金) 21:16:27|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

心底

ぷらすです、こんばんわ。
サイトはおろかブログさえも更新できない日々が続いてます。
ほんと、なんかもう、すいません。
つーか、ブログはおろかPCの電源すらつけられない日々が続いてます。
この間メールチェックしたら、スパムメールが大変な事になってました。
この日記も、ホントは19日(月)に書いてます。

で、一体何してるのかというと、ほぼ寝てます。
ちょっとTVでも…なんて言いながらベッドに横たわったが最後です。
夜7時とか8時とか、マジありえないです。
こんなに早く寝るの(っていうかほぼ気絶)は幼稚園以来です。
こんなに体力無かったかなぁ?

多分、まだ仕事のペースがつかめてないんだと思います。(冬と夏で仕事時間が変わるから)
もうしばらく、こんな調子が続くと思いますが、生暖かい目で見てやっていただけると嬉しいです。
取り合えず、ご報告まで。

  1. 2008/05/15(木) 21:04:23|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

気温差30℃

ぷらすです、こんばんわ。
今年、ボクの地元は随分と暖かく、GWなんかは天気もよく気温も25℃を超える真夏日もあったりしたんですよ。
今年は暖かくて良いねぇ。なんて話していたのにGWが終わった途端、一気に寒くなった訳ですが、これなんかの嫌がらせですか?

つい4.5日前まで30℃近かった最高気温が、今日は3.4度。
場所によっては、氷点下だったりして、実に気温差30℃ですよ奥さん!
寒いって! 体ついていかないって!

そんなこんなで折角の休みでしたが、ほぼ一日中部屋で布団に包まってました。
寒すぎて、何もやる気が起きないっす。

それでも、折角の休日にこんな事ではイカン! と思い立ちまして、古本屋に行きました。
自分の体内時計では1時間位だと思ったんですが、2時間位経ってました。
で、結局小説の本を3冊ばかり買って、休日終了。

うん、まぁまぁ充実してるよね。

明日からまた仕事頑張ります!

今日の晩ご飯

・焼き鳥 ・刺身 ・モヤシのナムル風
  1. 2008/05/09(金) 22:05:14|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

連休

ぷらすです、こんばんわ。
僕の勤めている職場は、毎年ゴールデンウイークはまさしくテンテコマイの忙しさなんですが、今年も例年に負けず劣らずの忙しさでした。
連休中の混雑を想定して、普段の1時間前に出勤し、普段より一時間くらい遅く帰るほぼ12時間労働。
家に帰って、テレビをつけた10分後には寝てるという、健康的なのか不健康的なのか分からない毎日で、とてもじゃないけどパソコンの電源は入れられませんでしたよ。(笑)

で、明日(というか既に今日)やっと休みで、今日ははっちゃけるぞー! NARUTOも楽しみだー! とか思ってたんですが、やっぱり寝ちゃいました。
というわけで、こんな時間に日記書いてます。
目が覚めたら、12時過ぎてたよママン。

ともあれ、連休も終わり、職場も落ち着きました。
夏までは、比較的のんびりペースでやっていけそうです。
さて、たまってるビデオでも見ようかなと。

今日の晩ご飯

・冷奴 ・すき焼き風豚の煮物 
  1. 2008/05/09(金) 02:54:14|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

豆しば

ぷらすです、こんばんわ。
最近TVCMで、すっかりボクを虜にしたキャラクターがいるんです。
その名も豆しば

グリンピースご飯や、納豆、お弁当から現れ、豆知識を疲労するという、それはそれは超カワイイやつらなんですよ!

公式HP

こんなに心が震えたのは、リラックマ以来です。
いや、ホント。マジでカワイイですから。
  1. 2008/05/08(木) 22:20:59|
  2. テレビ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

万里の長城へ。

ぷらすです、こんばんわ。

4月末日未明の友人のH君とボクの会話。
H君「次の休み、『万里の長城』に連れて行ってやる」
ぷらす「いきなり何寝言ぶっこいてんだ、あんた」
H君「いやいや、マジで」
ぷらす「っていうか、温泉に行く話しじゃん。どっから『万里の長城』が出てくんだ」
H君「だから、温泉のついでに行くんじゃん」
ぷらす「H君、アニメの見すぎでとうとう…」
H君「失礼な事を言うな! まぁいい。 明日を楽しみにしてるんだな。ふふふ」
と、一昔前のアニメの悪役みたいな台詞で電話を切るH君。
ボクは、切れた携帯をただ、呆然と眺めるのでした。

なんつって。

という訳で、行ってきましたよ。
万里の長城に。

080507_112430.jpg

正面門

080507_112538.jpg

壁面(?)

080507_112608.jpg

万里の長城からの眺め

080507_112507.jpg

万里の長城と売店

ええ、もちろん中国のそれではなく、北海道下川町の桜ヶ丘公園内にある、いわば万里の長城のミニチュア(?)です。
ちなみに全長は2000mだとか。
詳しくはコチラ

で、公園内にあった謎の建物が。
080507_112640.jpg

写真ではちょっと分からないですけど、建物の前には水の張られた人工池(?)があって、要塞チックというか、どういうコンセプトで作られたのかパッと見ただけでは分からない素敵建造物。
町の郷土資料館『ふるさと交流館』なんだそうです。
多分、この建物の中には博士的な人が常駐してて、下川町に宇宙人とか責めてきた時には、この建物の下からマジンガー的なロボが出て来るんだと思います。

なんつーかもう、素敵過ぎです、下川町。

つーか、当初書こうと思ってた、下川町にある『五味温泉』と下川名物の『手述べうどん』の感想も、この万里の長城と『ふるさと交流館』を見たら、全部吹っ飛んじゃいました。
もし、北海道旅行の時には是非行っていただきたいです。

今日の晩ご飯

・いなり寿司 ・冷麦

  1. 2008/05/02(金) 01:37:28|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。