FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

最近、読んだ小説の話

ぷらすです、こんばんわ。
最近、友人に借りたり自分で買ったりするので、家にたくさん本があります。
読んでも読んでも、まだ読む本がある幸せ。
読書ジャンキーの方なら分かってもらえると思います。

そんな訳で、最近読んだ本の一言感想など。

“文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】<上>(ファミ通文庫):野村美月
早く! 一分一秒でも早く続きをっ!!!

吉永さん家のガーゴイル (ファミ通文庫): 田口 仙年堂
ご近所ほのぼのファンタジー。結構スキな世界。

我が家のお稲荷さま(電撃文庫):柴村仁
コウに激しく萌えました。

紅~ギロチン~(講談社スーパーダッシュ文庫):片山憲太郎
文体が読みやすいのでスイスイ読んでしまいます。

大江戸蘭学事始 源内化け猫暴き
大江戸蘭学事始其の二 置いてけ堀の怪(電撃文庫):大沼弘幸 わたなべぢゅんいち

時代考証は凄くしっかり調べられてるなぁって思いました。

蟲と眼球とテディベア
蟲と眼球と殺菌消毒(MF文庫):日日日

なんでそこで終わるかな! 続き買わなくちゃいけないじゃないか!(笑顔)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 死の礎は生(電撃文庫):入間人間

まともな人が一人もいないよママン。(笑) 

化物語 上下(講談社BOX):西尾維新
値段は高い。でも後悔はしてない。

空の境界  上中下(講談社文庫):奈須きのこ
難しい。でも面白い。橙子さんの話の長さは京極堂に匹敵すると思う。

取り合えず、今思い出せる分だけ。
我ながら、沢山読んでるなぁって思います。
少しでも、興味のあるタイトルがあったら、ぜひ他の人の書評をチェックしてください。(投げっぱなしか)


スポンサーサイト



  1. 2008/05/16(金) 21:16:27|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0