FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

夏だから「ひいぃ!」な話でも

ぷらすです、おはようございます。
お盆も終わり、北海道はかなり涼しくなりました。
それにしてもこの夏は、心霊特集とかテレビで全然やらなかったですね。
やっぱ、心霊写真とか心霊動画とか、これだけCG技術が上がっちゃうと、リアリティーがなくなっちゃうからでしょうか…。寂しい。
とはいえ、夏といえば怪談ですよね。
という訳で、僕が昨日体験したちょと怖い話など書いてみようと思います。

昨日は、お盆休みで帰郷していた友人と久しぶりに遊びにいきました。
なんやかんや遊んで、友人のC夫妻を車で送り、自宅へ戻る途中のことでした。
時計はすでに午前3時。
あと1時間もすれば夜が明ける、そんな時間です。

信号が青から赤へ変わりそうだったので、停車しようと速度を緩めていたときです。
ちょうど反対車線を、白い服を着た人影のようなものがスゥーっと動いたのです。

「!?」

その人影(らしきもの)は自転車やバイクなどに乗っているふうでもなく、普通に立っているように見えました。
しかも、こちら向きにです。
もちろん、歩いている時のように体が動いてもいません。
なのに、横向きにそれこそ滑るようにスゥーっと移動しているではありませんか。

僕は、瞬間的にその人影に顔を向けてしまいました。
思わず、影の招待を確かめようとしたのです。
そして、僕の目に写ったのは……


スケボーに乗って車道を移動している、白い服を着た青年でした。



「紛らわしいんじゃぁぁぁ!!」

オバケかと思ったよ! ついに見ちゃったって思ったよ! 心霊現象体験しちゃったかと思ったよ!
っていうか、車道でスケボーとか乗るなよ! 危ないよ!

………、こんな話ですいませんでした。
いやでも、本当に怖かったんですよ?

その後、「あ、日記のネタになる」って思ったのは、もちろん内緒です。


前回の日記に拍手くださった方、ありがとうございました。^^

スポンサーサイト



  1. 2011/08/21(日) 09:42:42|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2