日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

個人的に名作と思う映画をオススメしたい・2 -浪人街-

ぷらすです、こんばんわ。
さて、個人的にオススメしたい映画第2弾は、1990年に公開された、『浪人街』です。
この作品は、1928年に公開された同名映画シリーズのリメーク版で、監督は『龍馬暗殺』の黒木和雄、主演は故・原田芳雄さんです。

ストーリー:江戸、下町の外れにある貧民街(?)が舞台です。夜鷹や浪人、スネに傷を持つ人々が多く暮らすこの街にある日、何物かによって夜鷹が殺される辻斬り事件が起きます。
犯人は旗本直参の武士たち。暇を持て余した彼らは切り捨てても騒ぎにならない最下層の夜鷹を次々に斬り、そしてついに、街の顔役であった一膳めし屋の“まる太”主人にまで切り殺し--

とにかく、キャストがむちゃくちゃ豪華です。
主演の原田芳雄をはじめ、樋口可南子、勝新太郎、石橋蓮司、杉田かおる、田中邦衛、中尾彬、天本英世などなど。しかも、みんな若いです。中尾さんとかまだシュッとしてますからね。20年以上前だから当然といえば当然なんですが、ちょっとビックリしますよ。

そしてこの映画、登場人物がほぼ全員ダメダメです。
今風に言うと、マダオだらけです。
原田さん演じる主人公の荒牧源内は、仕官も諦め、女の所を転々としてるヒモだし、田中さん演じる土居孫左衛門は、上司にいい様に利用されて捨てられ、石橋さん演じる母衣権兵衛は日銭を稼ぐ為に殿様の刀の試し切り(罪人の死体を切る)が商売だし。
その中でも、勝新さん演じる赤牛弥五右衛門は、計算高くて小ずるくて、小心者で、仕官の為ならプライド捨てるし、寝返りもする。
もう、キングオブマダオですけど、でも、憎めない。
外から見ると、ほんと最下層でどうにもならないダメ浪人な彼らや、夜鷹の女たちも、それぞれ絶対に譲らない矜持を胸に持ち続けてるんですね。
逆に、旗本の侍たちは立派な身分でお金持ちで、面白半分に人を切ったりする。
特に、矜持がないというか、その時の幕府に飼いならされている感じです。

まったく正反対の両者ですが、鬱屈した思いを抱えているのは共通しています。
長く続いた生温い時代にどこか退屈し、自分の居場所が見つけられない。存在意義が分らなくなっている。
丁度映画が公開された1990年もそんな時代で、監督の黒木さんは、幕府終焉間近の時代設定の中に、今を移していたのかもしれません。

そして、ラストの大チャンバラシーン。
ぶっちゃけ型とか無茶苦茶なんですが、明治維新寸前、実際に刀を使った事の無い武士ばかりだった事を考えれば、凄くリアルなんだと思います。っていうか、100人以上を相手に略3人で勝つという設定はリアルでは無いんですが。
とにかくですね、原田さんが超カッコイイんです。(結局そこか)
興味のある人は是非ご覧下さい。
浪人街 RONINGAI [DVD]浪人街 RONINGAI [DVD]
(2007/11/28)
原田芳雄、樋口可南子 他

商品詳細を見る



前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。
追記でお返事です。

【“個人的に名作と思う映画をオススメしたい・2 -浪人街-”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2012/01/29(日) 22:23:35|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

個人的に名作と思う映画をオススメしたい・1 -座頭市-

ぷらすです、こんばんわ。
僕はぶっちゃけ、そんなに沢山映画を見ているわけではないのですが、数年周期で猛烈に映画が見たくなる時期というのがありまして、そういう時には例えば1週間に10本とかDVDをレンタルして見たりします。
で、そうして見た映画の中で、個人的に「これは名画だった」という映画を紹介していきたいと思います。

で、最初の一本は何がいいかなと思った時、一番最初に頭に浮かんだ映画『座頭市』(1989年)を紹介しようと思います。
座頭市と僕の出会いは古くて、僕がまだ幼稚園にも上がっていない幼児の頃、深夜にふと目を覚まして茶の間に行くと、ママンが見ていたTVドラマが、座頭市シリーズでした。
なんとなくママンと一緒に見ていた幼い僕は、多分内容とかそんなに理解してなかったと思うんですけど、なぜか座頭市が大好きになり、今に至っています。
座頭市の映画版は殆ど僕が生まれる前か子供の頃に公開されていて、なのでリアルタイムでは見ていなかったんですが、TV版の再放送や映画版のTV放送などで見ていたんじゃないかと思います。

ちなみに座頭市の説明をしますと、座頭というのは盲目の人の総称で、その多くの人は盲目でも出来るあんまや、三味線の演奏(大道芸?)などで生計を立てていたようです。
なので座頭市は、座頭(盲目の)市という人の物語です。
映画2作目、「続・座頭市物語」の設定では、座頭市は、若くして熱病にかかって視力を失った事で当時の恋人を実の兄に奪われ、その因縁が元で兄の腕を切り落とし、凶状持ち(犯罪者)になったと言う事になっているみたいです。で、生活が荒れてヤクザと揉め事を繰り返し…凶状持ちの荒くれ者として名を馳せていくみたいな感じらしいです。(どうも詳しい設定はないっぽい)
という下地があり、人気シリーズとして続いた作品の集大成が1989年封切りの『座頭市』です。

製作中完成後、色々な問題で公開が危ぶまれていた本作ですが、いざ公開されると映画は大ヒットしました。
ストーリーは、座頭市が牢屋に入れられているところからスタートします。
その後、百叩きの刑を終え、開放された市は疲れた身体を癒すべく、旧知の老侠客のもとに身を寄せるのですが、その後、立ち寄った宿場で五右衛門(奥村雄大)一家と赤兵衛(内田裕也)一家の勢力争いに巻き込まれていく…。という話。
ぶっちゃけ、座頭市シリーズは、殆どがこんなストーリーです。(笑)

この映画の見所は、もちろん座頭市の立ち回り(チャンバラ)なんですが、その端々に漂う、勝新太郎という人のダンディズムというか、そういう空気感を楽しむ映画だと思います。
というのも、座頭市は勝新太郎さんの当たり役で、途中からは自身が映画を製作するようになっていく、いわば勝新太郎という人のライフワークでもあり、勝新さんの分身でもあります。
若き日の座頭市は殺陣のスピードもキレも見事で、それだけで痺れてしまうのですが、この映画では老年に差し掛かった座頭市の、殺陣のスピードが落ちた分、無駄な動きが削ぎ落とされてその分、渋さと余裕がが増している燻し銀的なカッコよさが見られます。
つまり、この映画は座頭市というフィルターを通して、勝新太郎という役者を見る映画なのです。

座頭市というのは、決して正義の味方ではなくむしろアウトローです。正義の味方に倒される側の人間なんですね。そして、人間として汚い部分もあるし、酷く泥臭い時もあって、でも、ある一点においては誰よりも純粋で強いキャラクターです。
そんな座頭市の魅力が100%詰っている本作、時間とお金に余裕のある方は是非一度見ていただければと思います。

座頭市(デジタルリマスター版) [DVD]座頭市(デジタルリマスター版) [DVD]
(2004/09/10)
勝新太郎、樋口可南子 他

商品詳細を見る



前回の日記に拍手、コメント下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2012/01/20(金) 01:12:46|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

最近気がついたこと

ぷらすです、こんばんわ。
最近、ふと気がついたんですが、僕は『物の形を捉える』のがどうも苦手みたいです。
『物の形を記憶する能力が弱い』って言う方が正確かもしれません。

例えば漢字とか、人の顔とか、車の形とか、何かの模様とか諸々、もちろん見れば分るんですが頭の中で思い出そうとすると、こう…ちょっとぼんやりとしか思い出せないと言いますか。
あ、もちろん生活に支障が出るレベルとかではないんですよ。
っていうか、もしかしたら他の人も同じ位なのかもしれません。誰かと比べた訳でも無いのでその辺はよく分りません。あくまで主観的な話です。

で、どちらかと言うと僕は物や人を認識する時は、色で記憶している割合が強いような気がします。
コレはこんな色みたいな感じで覚えるっていうか。
例えば人だったら、肌の色や髪の色の方が印象に残るし、車も形よりも色の方が強く印象に残る感じ。

以前、日記で『同じだと思っているけれど、人によって見えている色の世界は違うのではないか?』的な事を書いたんですが、↑の事を考えると、もしかしたら『同じ物を見ているつもりでも、人は皆、微妙に違う世界を見ている』のかもしれませんね。

例えば、二人でピカソの絵を見に行って、帰りに喫茶店かどこかで二人でいかに感動したかを話したとして、二人とも相手が自分と同じものを見て感動しているって思い込んでいるんですけど、実は二人が認識しているピカソは同じ様でいて、実は微妙に違うものだった――みたいな。

そう考えると、ちょっと面白いなぁって思います。


前回の日記に拍手、コメント下さった方、ありがとうございました。^^



  1. 2012/01/09(月) 23:54:57|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

明けまして

ぷらすです、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
いや、昨年は公私共に色々あったので、おめでとうとか言っていいのかな…って少しだけ悩んだんですが、こういう時こそ、被災していない僕らは、出来るだけいつもと同じ様にするのがいいと思いました。
という訳で今年も多分グダグダだと思いますが、どうかよろしくお願いします。

年賀状と寒中お見舞いのイラスト描きました。
良かったら、お持ち帰り下さい。(サイズでかいです)

年賀2012 寒中見舞い

  1. 2012/01/01(日) 00:40:29|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。