日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

個人的に名作と思う映画をオススメしたい・3 スパイダーマン1・2・3

ぷらすです、こんばんわ。
今日、車を修理に出しました。うひい。

さてさて、誰にも望まれていないであろう映画紹介の日記なのですが、今回はスパイダーマンです。
ハリウッド映画ですよー。
大ヒットしてるシリーズなので、今更紹介するまでもないような気もしますが。(笑)

このスパイダーマンの、サム・ライミ監督は僕の好きな映画監督の一人です。
有名なのは、『死霊のはらわた』シリーズとか、『クイック・アンド・デッド』とかですかね。
個人的には、ダークマンも好きだったり。

で、このスパイダーマンは元々のキャラ設定もあるのかもしれませんが、日本人の感性にあう映画だと思います。
劣等生の少年がある日突然スゴイ力を手に入れて、街の人々を守る為に悪と戦うというシンプルなラインをベースにしながらも、力に振り回されたり、有名になる事で守るべき人々から醜聞を流されたり、好きな娘はヒーローの自分しか憧れてくれなかったり、悪側にも色々事情があったり、その度にスパイダーマンこと主人公のピーターは悩み、色んな人の助けでその悩みを乗り越える。あと、たまに若者らしく調子に乗ったり拗ねたりもします。(笑)
つまり、この映画はヒーロー映画ではありますが、同時に青春映画でもあるわけです。
そして、映画の主軸はあくまでピーターの心の葛藤でありながら、ヒーロー、スパイダーマンの痛快なアクションシーンもしっかり盛り込まれている。そのバランスがまた絶妙なんですね。
なので、観客は主人公ピーターに感情移入して一緒に悩んだり憤ったりし、スパイダーマンとしての彼のアクションにカタルシスを覚えるんだと思います。

また、このスパイダーマンというヒーローは、アメリカンヒーローの中でも古株ですが、しかしかなり非力なヒーローでもあるんですね。
もちろん人間よりはずっと強いですけど、力はそんなに強くないし、基本空も飛べません。スゴイ爪やビームも出せないし、科学の粋を極めた秘密兵器も持ってません。
手首から出る蜘蛛の糸と、超感覚で危険を感知するスパイダーセンスが彼の力の略すべてです。
↑のピーターの部分と合わせて、非常に人間らしいというか、アメリカンヒーローとしてはちょっと異色な感じなんじゃないかと思ったり。
しかし、映画全体ににじみ出る『人間らしさ』が日本人には合ってる様な気がするのです。

興味はあるけどまだ見ていないという方は是非!

スパイダーマン TM デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]スパイダーマン TM デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2007/07/25)
トビー・マグワイア.ウィレム・デフォー.キルスティン・ダンスト

商品詳細を見る



前回の日記に拍手、コメント下さった方、ありがとうございました。^^
スポンサーサイト
  1. 2012/02/22(水) 23:42:32|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

マイガー

ぷらすです、こんばんわ。
今日は、前々日の雪の影響で屋根に溜まった雪庇(せっぴ:屋根からはみ出した雪の塊)落としと、玄関フードの屋根の雪落とし&雪かきで、4時間くらい雪と格闘してました。
今日はかなり暖かかったので、やっと終わった頃には汗だくのヘロヘロ。
『さて、シャワーでも浴びようか』と思ったとき、窓の外からドカンという音が。
ビックリして振り向くと、そこには盛大に屋根の凹んだ僕の愛車が…。

どうやら、お隣の家の屋根の雪庇が落ちてきて、僕の車の屋根に当たっちゃったみたいです。
これがまた、見事に凹んでいたので、軽く意識が遠のいたんですが、今日はお隣さんの家に工事の業者の人が入っていて、屋根にも上っていたようだったので聞いてみたところ、雪の落ちてきた屋根には上っていないとの事。
ということは、自然に落ちちゃったのかと。まぁそれなら仕方ないなぁと。それにしても修理代はどうしようかと。
そんな事を考えながら、ふと思いついて、試しに車の中から凹んだ部分をぐっと押してみたら…。

戻った!?

いや、一部分の凹みは直らなかったんですが、なんか大部分が元に戻りました。

愛車

で、どうせ乗り潰すつもりだったし、僕は元々そんなに車を大事にする人でも無いので、まぁいいかと思ってたんですが、お隣さんがいらっしゃって、「車の修理代を払うので請求してください」と。
僕のほうは、↑の理由で修理しなくてもいいんですよ。的なことを言ってお断りしようとしたんですが、お隣さんはそれでは気がすまないという事で、ほんと、申し訳ない事をしてしまいました。

というのも、元々お隣さんの屋根は、雪が後ろに滑り落ちるタイプの屋根で、家の人は上れない感じになってるんですよ。
なので、雪庇が溜まった時はウチが長い雪庇落としで落とすようにしていたんです。
今日は、そんなに溜まってなかったのでやらなかったのが裏目にでてしまいました。
という訳で、近々にどこか修理工場に入れなくちゃなんですけど、この車を買ったHONDAは何か修理代が高くつきそうだし、どっか安いトコ探さなくては……………、自分で裏から叩いたら直らないかな…。

前回の日記に、コメント&拍手下さった方、ありがとうございました。
  1. 2012/02/14(火) 22:52:41|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ルチャドール

ぷらすです、こんばんわ。
昨日の話しなんですが、友人に連れられて、地元旭川のハンバーガー屋さんというかハンバーガーレストラン(?)のルチャドールさんに行ってきました。

こちらのハンバーガーは、大体1,000円前後と、ハンバーガーとしてはかなりお高めなんですが…。
マジで、それだけ出す価値あります。
バンズは、軽くトーストされててサックリとした口当たりで、ほんのり甘いです。(小麦の持つ甘さ)
そして、炭火でじっくりと焼かれたハンバーグは、外はカリっと香ばしくて、一口噛めば、中から肉汁がじゅわ~っと溢れ出てきます。
ハンバーガーには、サラダかポテトがセットでどちらか選べるんですが、僕はポテトを選びました。
ポテトは厚切り(?)の皮付きで、ハンバーガーと合わせて食べればボリューム満天。
僕は、ダブルチーズバーガー(?)を頼んだんですけど、幸せ一杯胸一杯で、さらにお腹も一杯でした。
なんていうか、こう…、肉食ってる! って感じ。

お近くにお住まいの方は是非一度、食べて見て下さい。
あ、ハンバーガー以外のメニューもあるそうですよ。

ルチャドールブログ
ルチャドールツイッター
  1. 2012/02/06(月) 00:26:01|
  2. 食べ歩き|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

1月に読んだ本

ぷらすです、こんばんわ。
先月(1月)に読んだ本と感想のまとめです。(長いよ)

■テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)
まさかの巻またぎ。続きが気になる!
読了日:01月29日 著者:ヤマザキ マリ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16157203

■とりぱん(12) (ワイドKC)
相変わらず、読み終えた後ほっこりする。めるりさん、次巻にも掲載されるといいな。
読了日:01月29日 著者:とりの なん子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16157014

■ハチワンダイバー 23 (ヤングジャンプコミックス)
チッチが…。っていうか、谷生はいったい何歳なんだろう?
読了日:01月29日 著者:柴田 ヨクサル
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16125585

■トカゲの王 2―復讐のパーソナリティ (上) (電撃文庫 い)
1巻の時は、この話は一体どこへ進むのかと思ったけど、この巻で一気に話の方向性が決まった感じ。早く次の巻が出て欲しい。
読了日:01月27日 著者:入間 人間
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16079470

■“若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3) (ファミ通文庫)
しーこに襲い掛かる事実の連続に、かなりドキドキしながら読んだ。決してハッピーエンドではないけど、収まるべき所に収まって良かった。次巻以降の彼女の活躍に期待。
読了日:01月23日 著者:野村 美月
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15993346

■黄昏乙女×アムネジア(5) (ガンガンコミックスJOKER)
ここまで読んだ。面白い。夕子さん人間よりイキイキしてるしエロカワイイ。霧江の胸の下で腕を組むポーズは、やはり貧乳を気にしt(ry
読了日:01月22日 著者:めいびい
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15980202

■黄昏乙女×アムネジア(4) (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:01月22日 著者:めいびい
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757531281

■黄昏乙女×アムネジア 3 (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:01月22日 著者:めいびい
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757529392

■黄昏乙女×アムネジア 2 (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:01月22日 著者:めいびい
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757527799

■黄昏乙女×アムネジア 1 (ガンガンコミックスJOKER)
読了日:01月22日 著者:めいびい
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757526555

■ヘルズキッチン(5) (ライバルKC)
ここまで読んだ。思った以上に面白い。
読了日:01月22日 著者:天道 グミ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15980036

■ヘルズキッチン(4) (ライバルコミックス)
読了日:01月22日 著者:天道 グミ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063801713

■ヘルズキッチン(3) (ライバルコミックス)
読了日:01月22日 著者:天道 グミ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063801578

■ヘルズキッチン(2) (ライバルコミックス)
読了日:01月22日 著者:天道 グミ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063801322

■ヘルズキッチン(1) (ライバルコミックス)
読了日:01月22日 著者:天道 グミ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063801314

■アオイホノオ 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
全7巻中で一番笑った。岡田家の破壊力ハンパないw 
読了日:01月22日 著者:島本 和彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15979860

■ちはやふる(15) (BE LOVE KC)
団体戦の熱に触れたことで、詩暢や新太の心境にも変化が生まれそうな予感。次巻も楽しみ!
読了日:01月19日 著者:末次 由紀
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15902214

■ふたがしら 1 (IKKI COMIX)
さらい屋五葉の時も思ったけど、オノさんは時代劇描くのが上手い。さらい屋~とは別のアウトロー象が展開されそうで2巻も楽しみ。
読了日:01月19日 著者:オノ ナツメ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15902064

■魔王が家賃を払ってくれない (ガガガ文庫)
特に事件らしい事件も起きず、殆どパンツと巨乳と2chネタとオタクネタだけで出来ている、後日談が本編という構成。個人的には面白いと思うけど、万人にはススメられない感じの作品。
読了日:01月18日 著者:伊藤 ヒロ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15870077

■妖怪アパートの幽雅な日常(1) (シリウスKC)
ただのほんわかコメディーでもなく、ひたすらシリアスでもなく、ゆるい部分と〆る部分のバランスが素晴らしい。何度でも読み返せるマンガ。
読了日:01月17日 著者:深山 和香
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15849959

■キルミーベイベー (3) (まんがタイムKRコミックス)
3巻まで登場人物3人(実質ほぼ2人)のやり取りだけで続けられるのはスゴイと思う。でも、そろそろ新キャラ投入してもいいかも。
読了日:01月17日 著者:カヅホ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15849914

■キルミーベイベー (2) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:01月16日 著者:カヅホ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4832278835

■キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)
絵も可愛いし面白かった。
読了日:01月16日 著者:カヅホ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15839536

■めだかボックス 13 (ジャンプコミックス)
今回もノリノリの展開だった。マンガとしては正道ではないかもしれないけど、面白いからいいじゃない。 早く続きをっ! 
読了日:01月16日 著者:暁月 あきら
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15839355

■ストロベリーナイト 下 (マンサンコミックス)
原作もドラマも読んで(見て)いないので、同じ内容かどうかは分らないけど、『普通』に面白かった。特に目新しい設定も展開もなく、謎解きも含めて物語的にこれといった特徴はないけど、読み終わるまでは楽しめる感じ。
読了日:01月15日 著者:誉田 哲也
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15805567

■ストロベリーナイト 上 (マンサンコミックス)
読了日:01月15日 著者:誉田 哲也
http://book.akahoshitakuya.com/b/4408173592

■魔術師たちの言想遊戯II (ファミ通文庫)
前巻から間が開いてしまっていて登場キャラクターや設定を思い出すのに時間がかかった。後半以降はスピード感のある展開で一気に読めた。もう一回、最初から読み直してみよう。
読了日:01月14日 著者:一橋鶫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15779003

■おたくの娘さん 11 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-11)
最終巻。一応形としては大団円という事になってるけど…、正直、望にまったく感情移入できなかった。っていうか遥はあの時…なのに、コータのアレもないわ。結果、なんか全体的に釈然としなかったなぁ…。
読了日:01月13日 著者:すたひろ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15748252

■きのう何食べた?(5) (モーニングKC)
読了日:01月13日 著者:よしなが ふみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063870405

■弱虫ペダル 20 (少年チャンピオン・コミックス)
またもや熱い展開に心が躍る。荒北兄さん超カッケェ! 次巻では御堂筋が再び活躍しそうな予感に胸が熱くなる。
読了日:01月13日 著者:渡辺 航
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15748073

■なつのロケット (Jets comics)
面白いしいい話ではあるけど、小学生が(大人が協力していても)燃料ロケットを発射して軌道上に人工衛星を上げるという話を成立させるには、主人公の泰斗と転校生の三浦以外のキャラに個性や得意分野がしっかり描かれてないと説得力が出ないと思う。基本的に好きな話なので、全体的にある描き切れてない感が残念。
読了日:01月11日 著者:あさり よしとお
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15713125

■おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)
梶尾真治原作の小説を鶴田謙二がマンガ化…したらしい。淡く切ないストーリーが鶴田さんの絵と合っていると思う。ジャンルはSFだけどSFが苦手な人も楽しめる作品。
読了日:01月09日 著者:鶴田 謙二,梶尾 真治
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15663898

■ぴんとこな 5 (フラワーコミックス)
ここまで読んだ。登場するキャラクターが、どいつもこいつも不器用すぎてイラッとくるのに、ページを捲る手が止められない。(笑) 
読了日:01月09日 著者:嶋木 あこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15663645

■ぴんとこな 4 (フラワーコミックス)
読了日:01月09日 著者:嶋木 あこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091338607

■ぴんとこな 3 (フラワーコミックス)
読了日:01月09日 著者:嶋木 あこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091337139

■ぴんとこな 2 (Cheeseフラワーコミックス)
読了日:01月09日 著者:嶋木 あこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091333575

■ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)
初見
読了日:01月09日 著者:嶋木 あこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15663603

■おぼろ探偵帖 (Paper comics)
久しぶりに山田さんのマンガを読んだけれど、相変わらず絵が上手いし綺麗。ストーリーはいつものようにコメディータッチのあっさり風味。この人の絵で、別の人の原作で描かれたマンガを読んでみたいなぁ。
読了日:01月09日 著者:山田 章博
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15663539

■夏目友人帳 13 (花とゆめCOMICS)
巻を重ねるごとに成長していく夏目と複雑になっていく周りとの関係のバランスが絶妙。今巻では的場や名取の謎が少し明かされてる。後半の夏目と北本、西本の話は、前半がこってりしたロースステーキだとしたら、梨のシャーベットみたいな爽やかなストーリーだった。
読了日:01月09日 著者:緑川ゆき
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15663422

■恋物語 (講談社BOX)
くっ、また騙された!(笑) 『最終巻』ということで流石の西尾維新も真正面から来るだろうと思ったら、また裏をかかれた。しかも、それが気持ちいいからまた困る。(笑) こうなったら最後まで付き合うしか無いじゃないか。 
読了日:01月08日 著者:西尾 維新
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15651845

■バカが全裸でやってくる〈Ver.2.0〉 (メディアワークス文庫)
あとがきを読んで混乱&納得した。前回登場した作家陣による競作という設定なのか。そして、最後の話を書いたのはやっぱり…? 今回も入間さんの半自叙伝だろと思う部分が多々あった。っていうかこの作品自体が、編集者に対する皮肉みたいにも読めなくもないかな?(笑) 
読了日:01月06日 著者:入間 人間
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15601631

■江戸川乱歩異人館 2 (ヤングジャンプコミックス BJ)
読了日:01月04日 著者:山口 譲司
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088791754

■江戸川乱歩異人館 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)
読了日:01月04日 著者:山口 譲司
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088791266

■寄生獣 全8巻 完結コミックセット
絵のクセが強いので敬遠していたけど、読み出せば面白くて止まらなくなる。主人公のシンイチ目線で描かれてるので、感情移入しやすいのも良いと思う。
読了日:01月03日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15523296


▼2012年1月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/50644/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/



前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2012/02/05(日) 22:59:26|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。