日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

明日OPENですよ。

ぷらすです、こんばんわ。
僕が、旭山動物園の売店で働いてた時に売店の前で飴細工の実演販売をされていた(旭山動物園の飴細工屋さんと言った方が通りがいいかも)、小笠原さん(名前クリックでHPが開きます)という方に大変お世話になったんですが、この度その小笠原さんが旭川にお店を出される事になりまして、なんと明日1月26日OPENだそうです。

それがこちら↓B級文化研究所  です。
サクラ堂2サクラ堂

駄菓子屋と飴細工専門店だそうで、写真で見て分るように、実に懐かしい雰囲気のお店です。
店内には、駄菓子や懐かしグッズ、オモチャなどなどが陳列されていて、子供ならずともワクワクします。
で、駄菓子ブース? の横には小笠原さんの本職、飴細工のブースが。
こちらでは、飴細工の展示や実演販売なんかもされるみたいですよ。
さらに今後は、飴細工の体験教室や各種イベントも計画中だとか。
 
興味のある方は是非一度、遊びに行って見て下さい!

住所:旭川市東鷹栖1条3丁目(国道40号線沿い) たいせつ野菜直売所内


前回の日記に拍手、コメント、いいね!を下さった方、本当にありがとうございました。^^
スポンサーサイト
  1. 2013/01/25(金) 22:46:45|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

G+メディカル

ぷらすです、こんばんわ。
昨日の話しなんですが、ちょっと肩や腰が重い感じがして「あ、これ腰ゆわされるかも」と思ったので、10〇万ボルト(意味のない伏字)に行ったついでに、ちょっとマッサージチェアに座ってきました。

メディカル?コーナーでマッサージチェアを物色していると、ファミリー株式会社(マッサージチェアの草分け的存在)のイスが。
その名も、G+MEDCAL(クリックするとオフィシャルサイトが開きます)
説明には「業界初!駆け巡る衝撃体感」の文字が。
そんな事書かれたら、いったいどんな衝撃なのか試さずにはいられません!……よね?

僕が試した設定はこんな感じ。
全身コース、遠心(身体に血液を巡らせ、身体の末端まで血流を促進させ、身体のリラックスさせるらしい)
強め

いきなりチェアが倒れて略仰向け状態に。
その後、他のマッサージチェア同様に肩位置を確かめられてからマッサージスタートです。
左右8つの揉み球がヌルヌル動いて非常にいい感じなんですが、まず驚いたのはこのチェア、エアを使いません。最近のマッサージチェアは、揉み球とエアで圧迫の併用が普通なので、全身揉みタイプとしては中々珍しいです。

で、この揉み球が絶妙の揉み加減で肩から腰へと降りていくわけですが、ここで更に驚くのは腰から更に揉み玉が降りていくんですよ。
だから何? って思われるかもですが、今出てるマッサージチェアの殆どは、首から腰までが揉み玉、骨盤、腕、足はエアとバイブが主流なので、上から下まで揉み玉オンリーっていうのはかなり珍しいんです。

で、腰から下がった揉み球は尻部分に。
っていうか、ここが何より驚いたんですが、このマッサージチェア……
物凄い勢いで尻を揉みしだきます。
しつこいと思われるかもですが、普通は腰から下はエアとバイブでコリを解すんですよ。
ところがこのG+は、内から外へ外から内に、下から上へ下から上にと、まさに縦横無尽に8つの揉み球が動いて、尻を揉みしだくんです。
なんでしょう…、なんかもう、新しい扉が開くかと。
ウオシュレットを初めて使った時くらいの衝撃でしたよ。
で、揉み球は更に太ももからふくらはぎ、そして足首へと降りて、また上に…といった具合で、ホント、揉み屋さんに揉んでもらってるような滑らかな動きで、ホントに気持ちよかった。
流石は、ファミリー株式会社さんです。

まぁ、この衝撃的な体感はやはりどんなに頑張っても僕程度の文章力では伝えきれないので、興味のある方はお近くの大型家電量販店にお立ち寄りの際に、このマッサージチェアを見つけたら是非お試しください。


マッサージチェアをこんなに熱く語る管理人てどうなんだろう…。


前回の日記に拍手下さった方、本当にありがとうございました。^^
  1. 2013/01/18(金) 00:58:03|
  2. マッサージチェア|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2012年に読んだ本まとめ

ぷらすです、こんばんわ。
3日の豪雪から5日、その後は大雪もなく平常営業って感じです。
とはいえ3日の分の排雪が追いつかないらしく、道路の幅は非常に狭くてちょっと怖い感じですが。(笑)
ホント、ご心配かけました。

さて、いつも使わせてもらってる『読者メーター』さんから2013年に僕が読んだ本がまとめられてたので、こっちにも転載です。(全部の本が出てるわけではないです)
いつも通り、「続きを読む」クリックで開きますので、もし良かったらどうぞ。


前回の日記に、拍手、いいね、コメント下さった方々、本当にありがとうございます。
いつも本当に喜んでます。 【“2012年に読んだ本まとめ”の続きを読む】
  1. 2013/01/08(火) 23:36:51|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

豪雪

ぷらすです、あけましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
そんな訳で暮れから正月2日にかけては、テレビやネットを見ながらのんべんだらりと過ごしてました。(つまり、いつも通り)
で、昨日地元の友人から、東京に行ってる友人が来るので遊びに来ないか? と誘われ、ひさびさのお出かけにウキウキしながら出かけたのが午後9時過ぎ。
その後、友人宅でおしゃべりをしながら楽しく過ごし、そろそろ帰ろうかと思ったのが翌(つまり今日)午前2時。
帰り支度をして、友人宅の玄関ドアを開けると……超吹雪でした。

いや、もうね? 僕らも基本雪国の人間ですから、ちょっとやそっとの吹雪ではまぁ驚いたりはしないわけです。、どう説明すればいいのか……、物凄い強風に吹き飛ばされた雪(上から降ってくるのと地面に積もってるのと両方)が、バチバチと体に叩きつけられ、車に辿り着くと、屋根やガラス部分に20cm近い雪が積もり、その雪を降ろそうとするも雪が体中にバチバチ…。
なんとか車に乗り込み家を目指すも、まぁ、その、なんだ、前後左右上下、すべて真っ白っていう
雪国生まれの雪国育ちの僕ではありますが、結構リアルに「死」を間近に感じるレベルでした。

なんとか家にたどり着き、これは雪かきせねばとスコップを手にしたものの、自分の中の本能的な何かが、
「今、雪かきしたら確実に死ぬ」
と叫んだ(囁くじゃなくて叫ばれた)ので一旦家に入り、吹雪が収まるのを待ってたんですが、そのまま寝オチしまして、で、朝目が覚めて家の外を見たらこの状態でした。
ゆき

道が! 道がないよママン!

あまりの積雪に出社できない弟と共に、なんとか家の前だけは雪かきをしたものの、車で道路に出た瞬間にスタッグ決定状態。とにかく除雪車が道を作ってくれないと家から出られないような物凄い積雪でした。
ホント、こんなのは珍しいです。

まさか、正月の3日からこんな目に合わされるとは。

ちなみに、今は除雪が入って家の前にも道が出来ました。

両側一車線ですが。(車同士はすれ違えません)


前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました!
  1. 2013/01/03(木) 16:00:08|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。