日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

畑報告

ぷらすです、こんばんわ。
5月末に畑に苗を植えてから6月中旬くらいまではホント、真夏並みの暑さが続きまして。
これは今年は暑くなるなと思ってたら、急に気温が下がりまして、で、今やっと丁度いい感じになりました。
そんな不安定な気温だったので、苗の方は大丈夫かと心配したんですが、6月の後半に入ってどんどん伸び始めたので安心しました。
5月29日526.jpg→6月29日burogu 629

まだ、青かったり小さかったりですが、少しずつ実もつきはじめて、もう少しで収穫できるようになりそうです。



前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。^^




スポンサーサイト
  1. 2013/06/29(土) 22:37:00|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

歌舞伎の面白さに目覚める。

ぷらすです、こんばんわ。
実は、今年に入ってから歌舞伎を見る機会がありまして。
と言っても、生で観劇してるわけではなくて、TVなんかの動画でしか見れないのですが。
きっかけは、十八世 中村勘三郎さんが亡くなった時に、生前の舞台の映像を見たことです。
その前、フジテレビでやっていた勘三郎さんになる前の、勘九郎さんファミリーの特集が好きで、やっている時はずっと見てたんですが、例え映像でも歌舞伎の舞台を見るまではいかないというか、そこまでの興味がないのもあったし、古典芸能に対する敷居の高さみたいなものを感じてたりもしていたということもあったと思います。

で、勘三郎さんが亡くなった時にやった、追悼番組?として平成中村座の「夏祭浪花鏡」NY公演を見て衝撃を受けたわけです。
こう、勘三郎さんって凄い凄いとは聞いてたんですが、実際舞台で演じているのを見ると本当に凄いんですよ。
なんていうか、ちゃんと伝わって感動するんですよね。
もちろん、ある程度今の人が見ても理解できるようにある程度アレンジされてる部分もあるみたいですけど、やはり歌舞伎独特の演出とか台詞回しとか、現代劇みたいにスッと理解出来ない部分もあるんですけど、でも見ているうちに、ちゃんとストーリー(の大枠)が理解できるんですよね。
しかも、勘三郎さん(当時は勘九郎さん)がスゲーかっこいい訳ですよ。
見得を切る場面とか、うわーってなる位かっこいい。

今まで歌舞伎は難しいって思ってたんですけど、それってただのイメージだったんですよね。
言葉の分らないところはあるし、演目によってはキャラクターに感情移入出来ない(というか行動原理が分らない)事も、もちろんあるんですけど、でも最後まで見ればストーリーはちゃんと理解出来るようになってます。というか、ストーリーの大筋部分はどの作品も単純明快で、そこに役者さんが色を付けていく感じって言えばいいのかな。

で、勘三郎さん以外の方のいくつかの作品も見たんですが、どの作品も面白いんですよ。
演劇というよりも娯楽映画を見てる感覚です。
ミュージカルであり、SFXであり、アクションであり、芸術であり、ダンスやコメディーであり、あらゆる要素が一つの舞台の中に混在してるっていう。

ほんと、なんでもっと早く興味を持たなかったのかと、大後悔中です。

歌舞伎は古臭い物、年寄りの見る物というイメージがあるかもしれませんが、むしろ今こそ若い人たちは歌舞伎を見たほうがいいんじゃないかなって思います。
グルッと一回りして、時代が歌舞伎に追いついたというか、歌舞伎を受け入れる素養が若い人たち(特にアニメファンの人たち)の中に出来てるような気がするんですよね。
『時代劇』というよりある種の『ファンタジー』として楽しめるような気がします。


前回の日記にいいねを押して下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2013/06/18(火) 23:26:33|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

血液型の説明書

ぷらすです、こんばんわ。
今日、病院の待合室で『O型の説明書』を見つけて、久しぶりに読み返しました。
以前、本屋で見つけてパラパラと立ち読みしたので、どんな本かは知ってたんですが、名前を呼ばれるまでちょっと時間があったので結構じっくりと読み返しちゃいまして。

ご存知の通り、このシリーズはそれぞれの血液型の特徴が箇条書き?で書かれてて、読んでみるとかなり思い当たる事が多いんですけど、その中でもO型の特徴の中で一番激しく頷いてしまったのが、

・食べ物をくれる人になつく

・とくにハラペコの時にもらうと並々ならぬ恩義を感じる。
・嫌いな人でも、食べ物を貰うといいひとだと思ってしまう。
(うろ覚え)

という項目でした。
っていうか、まんま僕でした。(笑)

特に甘いものをくれた人には即効なつきますよ。
理想の人は桃太郎ですよ。
あ、久しぶりにきびだんご→(http://www.tengudou.co.jp/shop/2009/04/5-1.html)食べたい。


前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。^^

  1. 2013/06/13(木) 00:00:28|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

五月に読んだ本まとめ

ぷらすです、こんばんわ。
月が変わり、読書メーターさんが5月に読んだ本をまとめてくれたので、こちらにも転載です。
自分では随分沢山の本を読んだような気分でいたんですが、まとめで見ると、思ったより冊数は読んでないんだなと思ったり。5月は、厚めの小説が多かったからかもしれませんが。
そんな訳で、まとめ分は「続き」の方にアップしてますので、もし良かったらそちらからどうぞ。

前回の日記に拍手下さった方、ありがとうございました。^^ 【“五月に読んだ本まとめ”の続きを読む】
  1. 2013/06/01(土) 22:26:14|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。