日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

BBQのこと。

ぷらすです、こんばんわ。
今日、ふと思ったこと。
「あれ? 僕ってバーベキューした事なくね?」

いや、そういえばと遠い記憶を辿ると、1回だけ親戚の家でした記憶があります。
なんか、当時嫌いだったピーマンや玉ねぎの輪切りが入ってて、しかも肉もろとも生焼けで、なんだか猛烈に残念な記憶しかないのですが。
まぁ、野外で肉や野菜を網で焼いて食べたりはしてるのですけども。
と、知人に話したら、「それバーベキューじゃん」って言われました。
???
バーベキューって↓こんなんですよね?


肉やら野菜やらを鉄の串に刺して焼いて食べる料理の事をバーベキューっていうんだと、ずっと思ってたんですけど、知人は違うと。肉や野菜を網の上で焼いて食べるのがバーベキューだと。
いやいや、ソレは焼肉だろう、いや違う焼肉は焼肉で別のものだ、ならジンギスカンもバーベキューかよ、ばっかお前ジンギスカンはジンギスカンだろ云々…と、小一時間言い合いの末、なら、グーグル先生に聞いてみようじゃないかと言うことになり、検索で調べる事になりました。
で、日本バーベキュー協会さんのHPで調べたところ、「焼きながら食べる焼肉、焼き終えてから食べるバーベキュー」
だそうです。
つまり、下準備をしたお肉や野菜を焼いて、焼きあがったら取り分けて色んなソースで食べるというのがバーベキューの定義みたいです。
↑のような焼き方は「串焼き」というバーベキューのバージョンの一つらしいです。
へええ。
ちなみに、結果、知人との言い合いは、焼きながら食べる前提で話してたので双方間違いで引き分けと言うことに落ち着きました。

前回の日記にいいね下さった方、ありがとうございました。^^
スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 23:14:03|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

コスプレ喫茶レポ

ぷらすです、こんばんわ。
昨日、友人が帰郷していたので、みんなで会おうという話になって久しぶりに中学時代の仲間で会いました。
で、じゃぁどこで話そうかという話になり、最近オープンしたコスプレ喫茶に行く事に。
実は最近、メイド喫茶とコスプレ喫茶が地元に出来たんですよ。ええ。

メイド喫茶は、まぁ数回行った事があるので、どのような感じのお店かはなんとなく分るんですが、コスプレ喫茶というのは正直、どういう形態のお店なのかよく分らなかったので、ちょっとドキドキです。
結論から言うと、店員さんがコスプレしている喫茶店でしたが。
で、要望があればお客さんがコスプレして写真が撮ってもらえたり、店員さんの写真を撮らせてもらったりするスペースがあるっていう、コスプレ好きな方の為のお店なんですね。

僕らが入店した時の店員さんは2人で、一人がヤッターマン2号で、もう一人が忍者のコスプレでした。
心の中で、密かに「おお、ヤッターマンか」と思ったものの、持ち前の人見知りスキルが発動して、特に声も掛けられず黙っていると、気を使った店員さんの方に「ヤッターマンって知ってます?」って声を掛けてもらう体たらく。
少し遅れて合流した友人が、その店員さんを見るなり「あ、ヤッターマンですね」と声を掛けるのを見て「コミュ力高けぇな!」と驚愕しました。
もう一人の忍者の人は、目以外は隠す完全防備で、僕は何かのアニメのキャラクターじゃなく、「忍者」のコスプレかなと思ったんですが、友人が聞いたところ、忍たま乱太郎に出てくるタソガレドキ城の誰か?(うろ覚え)だとか。
勉強不足でサーセンっていうか、分るかw

地元でコスプレイベントとか出てる人って大体顔見知りなのか、お店の雰囲気は和気藹々としていて、僕らのような正体不明の一見さんにも気さくに接してくれて、いい感じのお店でしたよ。
お店の名前とかURLとか載っけていいのかどうかよく分らないので、今回は載せませんけども、また行きたいと思います。

前回の日記に拍手、いいね下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/28(火) 23:31:31|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

例のあの話

ぷらすです、こんばんわ。
ここ数日、ネットでよく見かける話題がありまして。
ファミマで発売予定だった、ステーキフォアグラ弁当?が一部消費者?からの抗議によって発売中止を決定したという、例の話題です。→http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140124/biz14012417490018-n1.htm

最初、ツイッターで、ファミマ、フォアグラという単語がチラチラ出てて、なんのこっちゃ?と検索かけてみたんですが、要するに「ファミマでステーキにフォアグラ乗っけた弁当を販売しようとしたら、一部の消費者から、あんな残酷な飼育方法で出来た食材を売るのはけしからん」という苦情がきて、発売を中止したと言う事らしいです。

まぁ、ネットで色々調べてみると、思った以上にコストが上がったので、やっぱ弁当発売やめたいファミマが、苦情がきたのをこれ幸いと利用した。とか、苦情入れた消費者がソレ系の団体の方だとか、噂が噂を呼んでて真偽の程は分らないんですが、何にせよ、なんだかなーっていう感じです。

フォアグラの制作方法の是非はともかく、またぞろ一部の声の大きなバカが自分の気に入らない事を大声でゴネたら通っちゃったっていう状況がですね、なんかこう……ねえ?

これと同じ構造の話題を、最近ネットで見かける事が多くなったなぁと思うんですよね。
もちろん、ずっと以前からゴネ特みたいな状況ってのはあったんでしょうがネットの普及で昔より気軽にゴネやすくなったのか、それともゴネてる人の情報が伝わりやすくなってきてるのか。(多分両方)

今回の件でいうなら、嫌ならファミマに行かなきゃいいし、本当に問題だと思うならファミマだけじゃなくて、世界中のフォアグラ販売店や、フォアグラを作ってる全ての企業に苦情を言わなきゃ意味ないと思います。
「私は、ガチョウや鴨に対して残酷な仕打ちをして作られるフォアグラという食材が嫌いだ」って言うのはもちろん自由だし、そこに文句をつける気はないですが、「嫌いだ」と「嫌いだからやめろ」は別の話だし、自分の主張を自分以外の人に通そうというなら、主張の大きさに応じた覚悟が必要ですから。
そして、これからの企業の価値は、誰からも批判されない事より、筋の通らない批判には毅然とした態度で臨めるかどうかだと思います。
ではでは。

前回の日記に、いいね下さった方、ありがとうございました。
  1. 2014/01/26(日) 23:11:07|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ジャッキーとスタローン

ぷらすです、こんばんわ。
最近、何故か洋画をよく見るようになりました。
一時期は、ハリウッドの超大作はなんとなく「疲れそう」だなと避けてたんですが、観ればやっぱり面白いんですよね。
とはいえ、アカデミー賞とっちゃうような映画だとちょっと敷居が高くて、基本アクション映画ばっか観てるんですけども。
で、アクション映画といえば、ジャッキーチェンとシルベスタスタローンですが。
この人たち、本当は凄いのに不当になめられてるんだよなーと思うんですよね。

まぁ、2人とも多くの映画を監督したり出演したりしてますし、当たり役も多い人たちなのでちょっとキャラクター化しちゃうのは仕方ないっちゃ仕方ないんですが。
でもね、この2人って本当は凄いんですよ。
若い世代の映画ファンの人とっては2人とも筋肉バカ映画の人と言うイメージが強いんじゃないかなと思うんですが、そして概ねそのとおりなんですが。
ただ、この2人が映画界に与えた衝撃はまさに革新的だったし、多くの青少年がその影響を受けたわけです。
例えば、コップに割りいれた生卵を丸呑みしてウエッってなったり(ロッキー)、階段を見つけては駆け上ったり(ロッキー)、親指と人差し指で胡桃を割ろうと頑張ったり(酔拳)、拳立て伏せ指立て伏せ手の甲で腕立てして手首を傷めたり(多分酔拳か蛇拳)
……、ほんと何してたんだろうオレ…。

個人的な思い出はどうでもいいとして、2人とも本当に長い間アクション映画の最前線に立って映画界を引っ張ってきた人たちで、常に観客が驚くような凄い事を考え続けたアイデアマンで、何より映画に対して凄く誠実な人たちだと僕は思います。
なので、若い映画ファンの人たちは今の映画だけで彼らを語る前に、2人の代表作である、ロッキー、ランボー、プロジェクトA、ポリスストーリーは是非見て欲しいなぁと思う次第です。いや、ほんと名作なんだって。
ではでは。


前回の日記に、いいね下さった方、ありがとうございました。^^




  1. 2014/01/23(木) 23:55:40|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

好きなこと嫌いなこと

ぷらすです、こんばんわ。
いきなりですが、心霊番組が好きです。
心霊写真や、動画、心霊スポットに芸能人が取材に行ったり、悪霊のついた家を霊媒師がお祓いしたりするアレです。
大体年4回くらい流れる2時間の特番は見逃せません。
でも、「ほん怖」みたいなドラマ仕立ての再現フィルム系の番組は苦手です。
なぜなら、絶対ビックリするから。
心霊番組の場合、もちろん怖いんですけど、あんまり驚かされる事ってないじゃないですか。
心霊写真や動画も、1回見ただけじゃ分らなくて、2回目で気がついて「あ、ホントだ。おぉぉぉ…怖ぇぇ」みたいな。

でもでも再現ドラマ系だと、スタッフの人も絶対ビックリさせてやろうと作ってるし、僕は僕でまんまとビックリさせられちゃうのが嫌なので殆ど見ないんですよね。基本的にヘタレなので。

とは言え、最近の心霊番組は他の国の動画なんかも増えてきて、外国の幽霊ってかなりアクティブなので、結構ビックリさせられちゃう訳ですが。(一回外しておいて、カメラが振り返るとアップでわー!みたいな)
まぁ、これ明らかにCGで作っただろってのも多いし、それはそれでガッカリしちゃいますけども。
ではでは。



前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、前回、前々回の日記にコメント下さった方、ありがとうございました。^^

  1. 2014/01/20(月) 22:17:41|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

屋根の雪下ろし

ぷらすです、こんばんわ。
今日は、午前中に病院にいき、午後から屋根に溜まった雪を下ろしました。

140118_131751.jpg
ビフォアー


140118_134345.jpg140118_134329.jpg
アフター


膝上くらいまで溜まった雪の塊どもを、写真のプラスチックジョンバー一丁で裏庭に叩き落してやりましたよ。





雪下ろししている間は、脳内麻薬的な何かのお蔭で、全然平気というか、なんかこう、雪下ろしハイになって超元気なんですが、終わった途端に泥のように疲れ果てて部屋で横になったまま動けませんでした。

まぁ、どうせすぐに雪が積もるんですけどね。

ではでは。


前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/18(土) 21:40:36|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

吹き替えと字幕

ぷらすです、こんばんわ。
僕は基本、洋画を観る時は字幕で観ます。
吹き替えが嫌いって訳ではなく、単純に画面に映ってる役者さんの声が聞きたいからです。
でも、最近は作品によっては吹き替えにして観る事が多くなりました。
なぜかと言うと、

目が字幕に追いつけなくなってきたから。

字幕を読み終わらないうちに次のシーンに移っちゃうので、長めの字幕の時は一時停止にしたり、読みきれなかった時は巻き戻したりしなきゃならないので、観るのに時間がかかっちゃうんですよね。
別に、目が悪くなって文字が読み辛いとかではなく、
単純に脳の処理速度が落ちてるんだと思います。
なので、情報の多い会話劇なんかは吹き替えで観るようになりました。
で、気がついたんですが、吹き替えの方が映画の内容が頭に入りやすいんですね。
吹き替えと違って、文字を読む事に脳のリソースを割かなくていいからなんでしょうね。
ではでは。

前回の日記に、いいね下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/17(金) 23:04:28|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

むむ?

ぷらすです、こんばんわ。
今日も今日とて、朝から雪かきで死んでいたのDEATH☆
で、そんな雪かきへの怨嗟の念や冬将軍への罵詈雑言を書き連ねて、ちょっとした病みブログみたいにしてやろうかと思って、自分のブログ開いてみたんですが、あれ? なんか、「いいね」ボタンが消えてる?
なんか一昨日の日記分のだけなんですが、僕の環境だと消えちゃってるんですが、他の人からだとちゃんと見えてるのかな?
自分で気がつかずに設定いじっちゃったかと思い、調べてみたんですけど特に変更はないんですよね。
まぁ僕の日記の場合、アップするとFBにお知らせがシェアされて、いいねを押してくれる人はそっちで押してくれるみたいなので、問題がないっちゃないんですが。

それはそれとして、いよいよ今期スタートのアニメが大体出揃った今日この頃ですね。
それにしても本数がハンパないです。
5分、3分アニメまであわせるとホント、とんでもない数に。とても全てはチェックできません。
さらに、前期から引き続いてるアニメもありますからね。いくらなんでもちょっと多すぎな感じがします。
まぁ、数が多いって事はそれだけ選択の幅が広がるって事ですから良い事なのかもしれませんが。
個人的には、「未確認で進行系」「鬼灯の冷徹」「中ニ病でも恋がしたい」「ノラガミ」が今のところお気に入りです。
あと、大きな声では言えませんが「生徒会役員共」もお気に入りですが。

ではでは。


前回の日記に、拍手、(多分)いいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/14(火) 22:36:48|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ご飯の話

ぷらすです、こんばんわ。
そこそこ前になりますが、「怒り新党」に、外食のオムライスがどこに行ってもふわとろばかりで、卵でチキンライスを巻いた昔ながらのオムライスがないという投稿があって、マツコデラックスさんが激しく同意してたんですが、実は僕も同じ気持ちでした。
別に、ふわとろオムライスが嫌いって訳じゃないし、あれはあれで美味しいんですけど、チキンライスを卵で巻いて上にケチャップかけたオムライスも美味しいじゃない。って思うわけですよ。
あと同じ卵系で言うと親子丼なんかも、卵かけご飯かって思うくらいトロトロのやつとか、トロトロのプリンとか。
それはそれで美味しいけど、昔ながらの卵が結構しっかり固まってて出汁を吸ったカマボコ入り(ここ重要)の親子丼とか、トロトロじゃないしっかりしたプリンもあれはあれで美味しいもじゃない。と。

そう言えば、去年あたりは「昔ながらのナポリタン専門店」とか東京辺りでけっこう流行ったらしいですけども、僕に言わせると、それはちょっと違うんですよね。
色んなメニュー(ピラフとかカレーとか)の中の一つとして居るからこそ光るというか。

っていうか、そもそも洋食屋自体が減っるんですかね?
ファミレスみたいな大手ならともかく、色んなメニューがあるってことはロスも増えるって事ですもんね。
個人で経営する店なんかだとキツイのかなぁ。
ではでは。

前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^


  1. 2014/01/12(日) 23:44:19|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

温故知新(誤用)

ぷらすです、こんばんわ。
スーパーのお菓子コーナーって、ポテチとかスナック、チョコ系の棚とは別に、昔懐かしの駄菓子っていうか、高齢者の方が好んで買うようなお菓子のコーナーってあるじゃないですか。黒糖飴とかばっちゃんのぽたぽた焼きとか置いてあるコーナー。
数年前に、そのコーナーで何気なく買った「きなこねじり」というお菓子を食べてからすっかりハマってしまいまして、スーパーに行くたび、ついつい手に取ってしまいます。
あの食感と、きなこの味が絶妙に美味しくて、一個食べるとクセになってしまうんですよね。
ミニサイズのヤツがあって、それだと一袋100円程度なので、ついつい手が出てしまいます。
あと、「しおフライA字ビスケット」も。
最初にくる塩味とその後にくるほんのりした甘さに手が止まらなくなっちゃうんですよね。
その他にも、きび団子やすあま、くるみ団子なんかも目に付くとつい買い物カゴに入れてしまったりします。

でもよくよく考えると、これら全部、最近好きになったわけじゃなくて子供の頃おやつでおばあちゃんとかから貰って食べてたんですよね。
でも、大きくなっていくとともに好みが変わって、ケーキやチョコみたいな洋菓子の方が好きになっていき、子供の頃食べてた「おばあちゃんのおやつ」の味を忘れてたという事をふと思い出しました。
多分、上記のお菓子を食べる時に感じる美味しさの中には、若干の懐かしい記憶みたいな成分も含まれてるんじゃないかなと思ったりします。

まぁ、ポテチやチョコも大好きなんですが。
特に、「アルフォート」を開発した人にはノーベル賞をあげたらいいと思います。

前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/11(土) 23:53:46|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あれこれ

ぷらすです、こんばんわ。
今日の昼間は、屋根に溜まった雪と雪庇降ろしをしました。
玄関フードの上の雪を降ろしている時に、手が滑ってジョンバーが雪と一緒に落ちていってムキーってなったり(毎年必ずやるのに学習しない男)、下に落とした雪が存外重くて結局ジョンバーを諦めてママさんダンプを使い、何だかよく分からない敗北感に見舞われたりしてました。
っていうか、冬になると雪かきか雪降ろしの話しか書いてない気がしますが。(笑)

夜は、映画「ゼログラビティー」を観に行こうか迷ったんですが、結局行くのをやめてしまいました。
晩ご飯食べると、途端に外出が面倒になるんですよね。
そんなんじゃダメだなぁとは思うのですが…。
そういえば、昨日「怒り新党」を録画した筈だったんですが、特番(さまーず三村と有吉のおっさんの生態バラエティー的な)が録画されてまして、それを見てたんですが、なんかこう、笑うっていうか「あるあるある!」って感じでした。まさにおっさんあるある。
特に、ピエール瀧の「靴下履けますか?」という質問に「ああ、確かに!」ってなりました。
案外こういうおっさんのタレントが語るおっさん視聴者の為のおっさんバラエティーとか、これから流行るかもしれませんね。
ではでは。^^

前回の日記にいいね下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/09(木) 23:59:05|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あれこれ

ぷらすです、こんばんわ。
昨日、日記を書いた後ネットをウロウロしてたんですが、なんか急に眠たくなって、気がついたら朝の8時にベッドで目覚めました。どうやら寝オチしてたみたいです。
以前は、結構眠くてもパソコンの前に座ると目が覚めたりもしたんですが、最近はネットラジオを聴いてるうちに寝オチしてたり、動画見ながら寝オチしたり。やはり体力が落ちてるのかなと思う今日この頃です。

話は変わりますが、「蟲師」の2期が4月から放送されるみたいですね。
今から楽しみです。正月の特別編も見ましたけど面白かったです。
原作者とアニメスタッフの人が世界観やキャラクターをちゃんと共有している作品は幸せだなぁと思います。

ではでは。^^

前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/08(水) 22:17:15|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

早く寝たいのに!

ぷらすです、こんばんわ。
今日は、パパンの病院の付き添いの日でした。
朝9時に迎えのタクシーがくるので、それまでに支度を整えなくてはならないので、昨日は早めにベッドに入ったんですが、「そういえばこの間買った小説をちょっと読んでから寝よう」と、頁を開いたのが運のつき。
結局、気がつけば朝5時近くになってました。
それでも朝はなんとか起きて、支度を整え時間通りにタクシーに乗り込んだんですが、病院について順番を待つ間と診察が終わって支払いを待つ間、ずっと寝てました。
なので、実質2時間以上の病院も、体感時間は10分くらいでしたよ。

「ここの章が終わったら」「この頁が終わったら」「この行が終わったら」となんとか区切りをみつけて寝ようと思うんですが、続きが超気になるトコロで↑の部分が切れていて、「うーん、次の段落までぇぇっ」と読み進めちゃうくらい面白いんですよ。
早起きしなきゃいけない前日に限って、そういう小説に当たりますよね。
という本読みあるあるの話でした。
ではでは。

前回の日記に、いいね下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/07(火) 22:11:06|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ワイハーでモコロコテイクー

ぷらすです、こんばんわ。
昨日から今日にかけて、旭川は猛烈に寒かったです。
今、ヤフーで調べたら、最低気温が-16℃ 最高気温が-5℃ですってよ。
冷凍庫より寒かったわけですね。
旭川は盆地なので、寒いときは底冷えすると言いますか、こう…、体の芯から寒いって感じなんですよね。遠赤外線の逆パターンみたいな?
で、我が家には融雪溝(雪を入れて地下水をシャワーみたいにかけて溶かす)があるんですけど、あまりの寒さにその融雪溝(の水の管)が凍りました。
仕方がないので、バケツに熱湯を入れて水の管にかけてなんとか氷を溶かすまでに約20分。
殺す気か!

毎年言ってますが、ほんと、冬だけ南の島に移住したいです。
ではでは。


前回の日記に拍手といいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/06(月) 23:36:41|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

家電量販店の話。

ぷらすです、こんばんわ。
今日は3ヶ日の疲れを癒すべく、マッサージ椅子に座りに100万ボルトに行ってきました。
family社の新しいのがあったので早速試したら、あまりの気持ちよさに 三回くらい寝かけました。
で、店員さんのセールストークを「嫁さんと相談してみます」と華麗なホラでかわしつつ、マイクつきのヘッドフォンのコーナーに。
ウチのパソコンのジャック部分がバカになりつつあるのか、それともヘッドフォンが断線しちゃうのか、すぐにダメになっちゃうんですよ。
なので無線のヤツとかあるのかなと思って見てみたんですが、そしてあるにはあったんですが、なんかスゲエ小さい…。
ホントにマイクがついてんのか不安になるくらいの大きさで、しかも片耳ひっかけタイプで、しかも耳の穴に入れるタイプのヤツしかなく。
そもそも僕は自分のパソコンにスピーカーをつけてないので、ヘッドフォンがスピーカー代わりなんですよね。
で、猫耳(「ネコミミ」じゃなく耳垢が湿ってるタイプ)なので、耳の穴に入れるタイプのは使えないんですよ。
普通のヘッドフォンタイプのは見当たらなかったので、心の中で「命拾いしたな」と捨て台詞を吐きつつ、そのまま帰ってきました。うむ残念。
家電量販店って、たまに行くと楽しいですよね。
ではでは。


前回の日記に、拍手、コメント、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^

  1. 2014/01/05(日) 23:14:16|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新年会に。

ぷらすです、こんばんわ。
昨晩は友人たちと新年会&カラオケに行ってきました。
最近はすっかりヒッキー状態なので、久しぶりの夜の繁華街でした。
新年会ではわりと大きめのブランデーグラスで出されるフルーツのシロップを牛乳で割ったドリンクをガブガブ飲み、カラオケではノンアルコールカクテルをガブガブ飲みしてたら、すっかりお腹がPPに。
そういえば飲み会でヲタ話に花を咲かせてたら、イケメンのウエイターさんが地元で開かれるコスプレダンスパ-ティー?のチラシをくれました。少しお話してみたらガチのヲタの人だったので、「はー、今時のヲタの人はカッコイイ人もいるんだなー」と感心しました。
カラオケではもちろんアニソン歌いまくりでした。
「のんのんびより」(ED)や「ラブライブ」(OP)など、アニソンを4時間を熱唱してやりましたよ!

で、今日は三が日の雪かきと新年会の疲れで、殆ど一日中ダウンしてました。
頑張った次の日にどっとくる。これが老k…ゲフンゲフン。
ではでは。

前回の日記に、拍手、コメント、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/01/04(土) 23:07:04|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

おぉ! ……おぉぉぉ(震え声)

ぷらすです、こんばんわ。
昨日の午前中に初詣に行きまして。
いつものようにおみくじを引いたら、なんと、
12yfB.jpg

大吉でした!
大吉を引くなんて数年ぶりで、「コイツは春から縁起が良いや!」
と、超浮かれてたわけですが。

なんか、その後ずっと雪が降り続けてるんですけども。
昨日今日で降った雪が30cm超えてるんですけど。
雪かきしてもしても雪がなくならないんですけど!

ちょ、神様、大吉…え? 大吉って…え?

そんな訳で、みなさん良いお正月を!

前回の日記に、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^


  1. 2014/01/02(木) 22:41:44|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

12月の読書&映画 まとめ

ぷらすです、こんばんわ。
先日の日記にも書いた通り、喪中につき新年のご挨拶は失礼させていただきます。

という訳で、日記も通常営業です。
12月に読んだ本と観た映画を読書メーターさんと、鑑賞メーターさんがまとめてくれたので、こちらにも転載です。
アイコンつきのバージョンだと日記が長くなるので、今回は文字だけのバージョンにしてみました。
本や映画は出来るだけ感想をつけるようにしてるんですが、マンガなんかは続きモノが多くて中々一巻づつ感想つけるのって難しいですよね。
ではでは、今年もどうかよろしくお願いします。^^


前回の日記に、拍手、いいね を下さった方、本当にありがとうございました。^^


2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:4607ページ
ナイス数:96ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/50644/matome?invite_id=50644
■マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)
とても面白かった。カジノのBJのシーンは途中で振り落とされないように必死で読んだ。(笑) シリーズ三部作を通して、例えばカジノのシーンが戦闘シーンの伏線になっていたように、シーン、セリフ、キャラクター、テーマが伏線であったり、対比であったり、見立てであったりと常にその後のシーンに影響を与える多重構造になってるのは本当に複雑で、よくこんな入り組んだストーリーを描ききれたものだと驚くばかり。沖方さんの頭の中はホント、どうなってるんだろう。(笑)
読了日:12月26日 著者:冲方丁
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34345185

■げんしけん 二代目の六(15) (アフタヌーンKC)
班目、ついにモテ期到来か。ただ、非モテにとって一人の子に好かれるのは天国だけど、一度に複数とか悪夢でしかないよね。あそこで逃げた斑目は攻められない…じゃなくて責められないw それはそれとして、矢島っちのヒロイン度がグングン上昇中w
読了日:12月25日 著者:木尾士目
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34326497

■大砲とスタンプ(3) (モーニングKC)
読了日:12月24日 著者:速水螺旋人
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063872750

■ワカコ酒 2 (ゼノンコミックス)
やっぱり面白い。ワカコが食べたり飲んだりしてるのをみてると、コッチも元気になる感じ。
読了日:12月24日 著者:新久千映
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34307903

■マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)
「楽園」のシーンは始末屋との対決とカジノでの対決のクッションでありながら、この作品の要でもあるんだな。バロットとボイルドとの対比だったり、様々な「見立て」が盛り込まれてて実に深い。カジノのシーンは確かにアニメで表現するのはかなり難しい、ってか、これをアニメで分らせるのは無理だわ。
読了日:12月22日 著者:冲方丁
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34262797

■妖狐×僕SS (10) (ガンガンコミックスJOKER)
百鬼夜行に黒幕が!? っていうか、野ばらは熟女もいけるのか。流石メニアックw
読了日:12月22日 著者:藤原ここあ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34262631

■蒼き鋼のアルペジオ 08 (ヤングキングコミックス)
アニメと同時に観てるので、ストーリーが混じっちゃって、ちょっと混乱する。
読了日:12月22日 著者:ArkPerformance
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34262501

■月光条例 25 (少年サンデーコミックス)
オオイミ、相変わらず超ムカつくw
読了日:12月22日 著者:藤田和日郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34262378

■真・餓狼伝(3) (少年チャンピオン・コミックス)
冒頭、前田の三角締めのシーンの一連の絵が良かった。
読了日:12月22日 著者:夢枕獏,野部優美
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34262296

■ましろのおと(9) (月刊マガジンコミックス)
ストーリーも新章?に入り、いままで閉ざされた環境にいた雪が、外の世界(民謡居酒屋)に触れ少しずつ意識が変わっていく様子が丁寧に描かれてていいなと思う。
読了日:12月22日 著者:羅川真里茂
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34262125

■零崎双識の人間試験(5) <完> (アフタヌーンKC)
読了日:12月21日 著者:シオミヤイルカ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063879305

■マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)
先にアニメを観ていたので予習済みというか、作品世界に入りやすかった。個人的には、沖方さんの文体はこういうハードボイルドなSFの世界と相性がいい印象。特にアクションシーンの描写は秀逸で手に汗握りながら一気に読んだ。というか「読まされた」感じ。
読了日:12月20日 著者:冲方丁
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34209141

■ばいばい、アース 1 理由の少女 (角川文庫 う 20-1)
設定が飲み込み辛く、沖方丁の文章も相まって主人公ベルに感情移入がしづらかったけど、中盤から後半にかけては一気に読んだ。好き嫌いが分かれそうな印象の作品。
読了日:12月17日 著者:冲方丁
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34130262

■弱虫ペダル(30) (少年チャンピオン・コミックス)
御堂筋凄すぎ。これで鳴子はオールラウンダー転向だな。 今回は箱学メインだけど、いよいよ次巻から新体制編スタートかな?
読了日:12月14日 著者:渡辺航
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/34080087

■34歳無職さん 3 (フラッパーコミックス)
ここまで読んだ。いわゆる「ゆるふわ日常系マンガ」かなと思ったら、無職さんが重い背景を背負ってたのでビックリ。
読了日:12月10日 著者:いけだたかし
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33989648

■34歳無職さん 2 (フラッパーコミックス)
読了日:12月10日 著者:いけだたかし
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840147566

■34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:12月10日 著者:いけだたかし
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840144265

■ばらかもん (8) (ガンガンコミックスONLINE)
キヨばぁのお葬式、人々の描写がリアルだと思う。今はすっかり見ない光景だけど、以前は誰かが亡くなると町内会の人たちが総出で通夜やお葬式を仕切ってたのを思い出した。あんな風に大勢の人に見送られてキヨばぁは幸せだなぁ。
読了日:12月7日 著者:ヨシノサツキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33903197

■純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)
読了日:12月7日 著者:石川雅之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063107825

■純潔のマリア (3) (アフタヌーン)
もっと長く続くかなと思ったら、案外さらりと終わったのでビックリ。綺麗にまとまったなという感じ。
読了日:12月7日 著者:石川雅之
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33903140

■舟を編む
一冊の辞書が出来上がるまでの話。淡々と静かにスローペース進む前半とまさに嵐の中を突き進むかのようなハイペースな中盤後半。深読みすれば作中に出てくる『辞書の構造』を意識的にトレースしてるようにも見えた。辞書作りの過程をもっとエンターテイメント的に読ませる事も出来たと思うけど、あえて人物を描く事に主軸を置いたのだと思う。読み終わった後にじわじわ染みてくる小説。
読了日:12月5日 著者:三浦しをん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33864175

■真・餓狼伝 2 (少年チャンピオン・コミックス)
ここまで読んだ。格闘マンガとしては今のところテンプレ通りという印象。
読了日:12月1日 著者:夢枕獏
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33776203

■真・餓狼伝(1) (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:12月1日 著者:夢枕獏,野部優美
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253222013

■世界一初恋~小野寺律の場合~ コミック 1-8巻セット (あすかコミックスCL-DX)
中村春菊さんのBLマンガ。サンキュータツオさんがWebラジオで熱くオススメしてたので読んでみた。律が乙女過ぎて「もう! こいつめー☆」ってなる。ただ、8巻ずっと律と高野の関係が大体同じ所を行ったり来たりなので一気に読まないと飽きちゃうかも。
読了日:12月1日 著者:中村春菊
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/33775897


観た鑑賞時間:2268分

■アウトロー [DVD]
トムクルーズ主演としては地味な作品なんだろうけど、個人的には面白かったし好きな作品。作品のテイストとトムクルーズが少々チグハグな感じを受けたけど、原作のジャックリーチャーはもっと大男だとレヴューで読んで、なるほどと納得。でもその辺は、作品内でトムクルーズが使う近接格闘術?や射撃場での所作で説得力が増すように上手くカバー出来てると思う。
鑑賞日:12月30日 監督:クリストファー・マッカリー
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2822378

■アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]
ドキュメンタリー映画だけど、素晴らしい「物語」だった。ラストのライブシーンはホントに鳥肌が立った。
鑑賞日:12月28日 監督:
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2819319

■グランド・マスター [DVD]
まさに「ザ・ウォン・カーウァイ映画」って感じ。相変わらず画面がうるさい。まぁ、それがこの監督の「作家性」でもあるんだろうけども。カット割りすぎのスローモーション使いまくりので、それぞれのカンフーの違いとか凄さとかはびた一文伝わってこない。まぁ「カンフー映画」と見せかけた「恋愛映画」なので、カンフーのシーンにこだわりは無いのかもしれない。
鑑賞日:12月26日 監督:ウォン・カーウァイ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2815581

■スペル コレクターズ・エディション [DVD]
面白かった。怖さや嫌悪感を抱くようなシーンは最低限に抑え、ホラーが苦手な人でも観られるように作ってあると思う。怖いのと、思わず笑っちゃうシーンが絶妙の割合でミックスされ、その中にそっとメッセージが織り込まれてるあたり、流石はサム・ライミだと思う。
鑑賞日:12月24日 監督:サム・ライミ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2812096

■スター・トレック イントゥ・ダークネス ブルーレイ+DVDセット【2枚組】
鑑賞日:12月24日 監督:J.J.エイブラムス
http://video.akahoshitakuya.com/v/B002WYJRPQ

■ドライヴ [DVD]
ハマれる人とそうでない人がハッキリ分かれるタイプの映画。個人的には事前のハードルが上がりすぎたせいか、イマイチ乗れなかった。もっと若いときに観てたらまた印象は180度違ったかも。極限まで削られたセリフや割とブツ切りの編集は初期の北野映画に近い雰囲気だと思った。
鑑賞日:12月23日 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2809624

■バトルシップ [DVD]
あまり評判が良くなかったみたいなので期待しなかったけど、かなり面白かった。もちろんツッコミ所はあるし大味だけど、エンターテイメントに必要な要素は揃ってるし底抜けにアッパーな雰囲気は、観ていて単純に気持ちがいいし楽しい。
鑑賞日:12月22日 監督:ピーター・バーグ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2806695

■宇宙人ポール [DVD]
サイモン・ペグとニック・フロスト主演のシリーズ?第三弾? 今回は監督が違うせいか、テイストは少々違うけどもちろん面白かった。ただ、今回はポールが基本ボケ役だからニック・フロストはちょっと大人しめかな。スピルバーグオマージュ満載だけど、それだけじゃなく一本の映画としての完成度もいつも通り高いし、ほんと、彼らの映画は沢山の人に見て欲しい。
鑑賞日:12月17日 監督:グレッグ・モットーラ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2796609

■ヒプノティスト―催眠― [DVD]
エリやミレニアムシリーズが面白かったので観てみたけど、これはダメだった。そもそも催眠術は殆ど関係なかったし、結局真犯人の行動も支離滅裂。刑事はボンクラで催眠術を使う医者は役立たずでその嫁さんはヒステリー。サスペンスにもなってないしアクションでもないしミステリーでもなく、結果、頭おかしいヤツは怖いねっていうだけの映画だった。もうちょっとやりようがあったと思うけどなぁ。
鑑賞日:12月16日 監督:ラッセ・ハルストレム
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2795334

■ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!- [Blu-ray]
ショーンオブザデッドの三人組(エドガー・ライト、サイモン・ペグ、ニック・フロスト)のポリスアクション。やっぱり面白い。映画好きの人なら思わずニヤリとする小ネタ満載。だけどただ笑わすだけじゃなくストーリーもしっかり見せる手腕は今回も健在。笑ってハラハラして最後はスカッとする。ホント、沢山の人に見て欲しい。

鑑賞日:12月15日 監督:エドガー・ライト
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2793676

■ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
コメディーだけど、ただ笑わせるだけじゃなくゾンビ物を本当に分ってる人達だと思った。それに伏線の使い方が抜群に上手いし、脚本も素晴らしい。ジャンル映画としてだけじゃなく、ここまでスマートでセンスのいい映画は中々ないと思う。
鑑賞日:12月14日 監督:エドガー・ライト
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2791360

■シャイニング 特別版 コンチネンタル・バージョン [DVD]
なんと言ってもジャックニコルソンの顔力がハンパない。ただ、何となく映画の内容が分ってるからかもしれないけど、ジャックニコルソンが登場した瞬間から既に怪しい感じが。(笑)ジャックと奥さんとの関係性について特に説明はないんだけど、会話や表情だけで2人の過去の関係性まで分るようになってるのは感心した。あと、音の使い方はやっぱり上手いなと。特に子供が三輪車で走ってるシーン。板の間と絨毯で変わる車輪の音だけでドキドキした。
鑑賞日:12月11日 監督:スタンリー・キューブリック
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2785667

■時計じかけのオレンジ [Blu-ray]
今となっては、暴力描写や残酷描写がもっとキツかったり生々しかったりする映画は沢山あるのに、それでもこの映画を観た後にモヤモヤした感じが残るのは、暴力に対する普遍的な恐怖をあえてデフォルメして、ポップな形に加工して映画の中に仕込んでいるからだと思う。
鑑賞日:12月10日 監督:
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2783717

■セデック・バレ 第一部:太陽旗/第二部:虹の橋【通常版 2枚組】[DVD]
2本組み全4時間半の超大作。1930年に台湾で実際に起きた「霧社事件」の映画化。まず色の美しさに感動したし迫力も凄かった。いわいる「反日映画」的な印象は受けない。むしろ双方に対して出来るだけ公平に描いた感じだった。観ている間退屈ではないんだけど、『虹の橋』の戦闘シーンは長い上に人数も多いので、誰に何が起こっているのかを把握しきれなかった。あと、CG部分が全体のトーンから浮いてしまって、ちょっと観る時のノイズになっちゃうのが残念。荒削りだけど見ごたえは十分な作品。
鑑賞日:12月07日 監督:ウェイ・ダーション
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2776096

■マルコヴィッチの穴 [DVD]
REDを見て興味が沸いたので初見。一種の寓話的な映画。基本コメディーなのかな? ただ日本人的にはあまり笑うところはないと思う。後半の説明は、なんとなく辻褄あわせの後付けっぽい印象。
鑑賞日:12月05日 監督:スパイク・ジョーンズ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2774386

■ラストスタンド [DVD]
第一印象は「シュワちゃん老けたなー」だった。ただ、そのリアルに衰えてる感が今回の映画には上手くハマってると思う。内容はかなりスタンダードな西部劇というか、マカロニウエスタンを現代風に作り直した感じ。銃撃戦、カーチェイス、爆破がメインなので深く考えずに楽しめばいいと思う。
鑑賞日:12月02日 監督:キム・ジウン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2769032

■ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ストーリーはシンプルだけど、殺し屋「シガー」というキャラクターを通して、その奥にある底なし沼のような世界が透けて見えて何とも恐ろしい。多分、トミーリージョーンズ演じる保安官が昔馴染みと話すシーンと、保安官を引退した彼が妻に語る夢の話がこの映画のメインテーマなんだと思う。
鑑賞日:12月01日 監督:Array,イーサン・コーエン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2766894


▼鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/
▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

  1. 2014/01/01(水) 00:49:29|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。