日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

という夢をみたんだ。

ぷらすです、こんばんわ。
もうすぐ、GWですね。
そういえば、車で大体一時間くらいの場所なんですが、何ていうんでしょう。
森林の中にきれいな川の流れる森林公園でして、少し奥には小さな滝もあるとても綺麗な所なんです。
滝つぼではちょっと大きめの虹鱒やヤマメなんかが釣れたり、そこから流れる川は透明度も高く、水深も浅くて穏やかな流れなので子供たちの川遊びにも最適なレジャースポットで、近隣市町村の人にも人気の「知る人ぞ知る」場所です。
僕は毎年、春と秋にはそこに趣味の釣りを楽しみにいくんです
が、そろそろ雪も溶けてGW明けくらいには緑も豊かになるだろうから5月中旬くらいを狙って、行って見ようと先週頭くらいからずっと考えてました。

が、今週に入って、友人とスカイプで話をしている時突然、「あれ? あの森林公園って夢じゃん」ということに気がついて、ビックリしました。
つまり、赤字の部分は、先週の頭に見た夢で、目が覚めた後約一週間の間、僕はそれが夢だと気がついてなかったんですね。
でもよくよく考えてみると、そんな場所見たこともないし僕はそもそも今は釣りが趣味でもなく、っていうかこんな超インドア人間の僕が一人でそんなトコ行かないよなと。

まぁ、行った事もない架空の場所に行く夢はちょいちょい見るんですけど、目が覚めた後それが夢だっていう事に、こんなに長い間気がつかなかったのは初めてです。
で、気がついた後のガッカリ感もすごかったです。
ではでは。


前回の日記に、拍手、いいね、コメントを下さった方、ありがとうございました。^^
スポンサーサイト
  1. 2014/04/23(水) 21:29:12|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

春だね。

ぷらすです、こんばんわ。
北海道もやっと暖かくなって道路の雪は殆ど解けて春が近づいてきてます。
で、この時期って着る服に困るんですよね。
お昼は暖かいんですが朝晩は寒くて、車や建物の中は暑いくらいなんですが外は肌寒いみたいな。
なので、冬物のジャンパーと春物のコートとトレーナーとシャツが全部出しっぱなしで片付かないんですよね。

そろそろ、家の周りの雪囲いも外したいんですが、家の裏の雪はまだ解けてないので、動きが取れないという何とも中途半端な季節です。
多分GW前後には雪もなくなって、家庭菜園の準備も出来そうかなと。
ではでは。


前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/04/17(木) 22:38:53|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ながら

ぷらすです、こんばんわ。
みなさんは、「ながら」って出来ますかね?
例えば、ラジオを聴き『ながら』受験勉強するみたいな事です。
友人は、意外とみんなこの「ながら」をしてるんですが、僕はどうもこれが出来ないんですよね。
例えばテレビやラジオをつけたまま他の事をしようとすると、すぐにテレビやラジオに気がいってしまって、すぐに手が止まってしまったり、マンガや小説を書くときに邦楽を聴きながらだと(洋楽だと平気)ぜんぜん考えがまとまらなかったり、友人と話すときにテレビがついてると、そっちに気がいってしまったり。
なので、この「ながら」が出来る人にちょっと憧れてしまいます。
僕は、子供のころから注意力散漫というか、脳のビット数が少ないので、二つのことが同時に出来ないんですよね。
試しに、音楽をかけながらこのブログを書いてみたら、文章が頭の中でとっちらかってぜんぜん書けなかったので、結局音楽を止めて書きました。
まぁ、普段からとっちらかっているので音楽のせいじゃないかもですが。(笑)
ではでは。


前回の日記にいいねとコメントを下さった方、ありがとうございました。
  1. 2014/04/10(木) 22:08:14|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

蟲師・続章

ぷらすです、こんばんわ。
いやあ、遂に「蟲師・続章」がスタートしましたね!
まぁ、正確に言えば間に「日蝕む翳」が入ってますけど、正直ないんだろうなぁと諦めてた二期にテンションも上がるって話ですよ。
長濱監督をはじめ、スタッフもほぼ一期と同じということでスタート前からかなり期待しまくってたんですが、二期の一話「野末の宴」で上がりきったハードルを軽々と飛び越えちゃったなと。
ほんと、一期の終わりから約8年ぶりとは思えないくらい、まったく違和感なく「蟲師」がTV画面に映し出されて感動ですよ。
これから(分割だけど)約半年、またギンコに毎週会えるなんて嬉しいですね。
ではでは。

前回の日記にいいね下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/04/06(日) 23:38:02|
  2. アニメ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

3月の読書&映画鑑賞

ぷらすです、こんばんわ。
4月1日なので、何か嘘を書こうかと思ったんですが、特に思いつかなかったです。
正直者すぎて困るなぁ(←ダウト)

そんなわけで、読書メーターさん&鑑賞メーターさんが3月分の読書&映画鑑賞をまとめてくれたのでこちらにも転載です。
もし、参考になれば幸いです。
ではでは。

前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^


読書

2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:4158ページ
ナイス数:130ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/50644/matome?invite_id=50644

■いとみち (新潮文庫)
メイドと三味線がどう絡むんだろうと思いながら読んでみたら超面白かった。どのキャラクターも漫画みたいにキャラが立っていて、でもちゃんとリアリティーもあって、ここぞという時に活躍してくれるので実に爽快な気持ちになる。特に田舎の実業化であるオーナーは、猛烈にワンマンで胡散臭さいのに人情家で親分肌で大好きなキャラクターだった。二の糸も読もう。
読了日:3月29日 著者:越谷オサム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36804899

■昭和元禄落語心中(5) (KCx ITAN)
八雲師匠の過去編終了。2人がやっと落語で一つになったと思ったのにね。誰が悪いってわけでもないだけに切ない。与太には頑張ってほしい。
読了日:3月29日 著者:雲田はるこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36785087

■零崎双識の人間試験(4) (アフタヌーンKC)
読了日:3月29日 著者:シオミヤイルカ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063878821

■月光条例 26 (少年サンデーコミックス)
エンゲキブやおとぎ話メンバーも加わって、いよいよ物語りも大詰め。続きが楽しみ。
読了日:3月29日 著者:藤田和日郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36785027

■flat(8)(完) (アヴァルスコミックス) (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)
お、新刊と思ったら最終巻だった。平介たちはそのままのように見えて、彼らなりにちゃんと成長してるんだなと。最後まで空気感を変えずに終わってくれたのは嬉しい。あと長谷さんが可愛かった。
読了日:3月29日 著者:青桐ナツ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36784944

■ノブナガン(4) (アース・スターコミックス)
メンバーの活躍でストーンフォレスト作戦成功と思ったら、まさかの展開。
読了日:3月29日 著者:久正人
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36784886

■ボールルームへようこそ(5) (月刊マガジンコミックス)
七三の千石もカッコイイね。千鶴姐さんが素敵過ぎる。
読了日:3月22日 著者:竹内友
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36634849

■ぴんとこな 11 (Cheeseフラワーコミックス)
読了日:3月22日 著者:嶋木あこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091358160

■ぴんとこな 10 (Cheeseフラワーコミックス)
読了日:3月22日 著者:嶋木あこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091355099

■新装版 スマグラー (アフタヌーンKC)
デビュー作ということで、絵も話も細かい部分で荒削りな印象は受けたけど、読み終わってみれば一本の映画を観たような気持ちになった。
読了日:3月22日 著者:真鍋昌平
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36634408

■陽だまりの彼女 (新潮文庫)
読み終わった後に最初に思ったのは「やられた」だった。浩介が真緒に振り回されたように、こっちも越谷さんの掌の上で良いように転がされてしまった。ある程度の冊数、物語を読むと「あ、これはこういうパターンかな」とついつい先読みしてしまうけど、この本ではそれが悉く外れて、あれ?あれ?と思ってるうちに物語に引き込まれて、ラストの真緒と浩介のやりとりまで読んで「やられた」と思いながらちょっと笑ってしまう。ハッピーエンドかアンハッピーエンドかは意見の分かれるとこだと思うけど個人的にはハッピーエンドなんだろうと思う。
読了日:3月19日 著者:越谷オサム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36554949

■ベン・トー 12 デザートバイキングプライスレス (ベン・トーシリーズ) (スーパーダッシュ文庫)
長く続いたシリーズもこれで最後かと思うとなんだか寂しい。本編の方は実質前巻で終了しているけど、この最終巻は番外編+アフターストーリー的な感じ。アサウラさんのセガ愛も全開。佐藤を取り巻く女の子たちのカワイイ部分も全開。佐藤と先輩もラストで全開。ほんとラストまで全開で笑ったり感動したり忙しかったw 長い間お疲れ様でした。
読了日:3月14日 著者:アサウラ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36422269

■銀の匙 Silver Spoon 11 (少年サンデーコミックス)
八軒がどんどん成長してる。にしても、起業とはまた大胆な。校長の語る「銀の匙」エピソードも良かった。
読了日:3月9日 著者:荒川弘
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36298880

■シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
恨みの連鎖は終わらない。ユルールとナランの会話はこの作品にずっと流れてるテーマでもあるなぁと。
読了日:3月9日 著者:伊藤悠
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36298631

■南Q阿伝(3) (シリウスコミックス)
ここまで読んだ。基本1話完結で神様が出てくるマンガとしては割とライトな作品かな。全体としてはこれから敵の正体もハッキリしてくるんじゃないだろうか。
読了日:3月8日 著者:光永康則
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36268760

■南Q阿伝(2) (シリウスコミックス)
読了日:3月8日 著者:光永康則
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063763978

■南Q阿伝(1) (シリウスコミックス)
読了日:3月8日 著者:光永康則
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063763730

■弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)
杉本頑張ったなぁ。新三年生の2人と同じ様に、来年のインハイこそは。
読了日:3月8日 著者:渡辺航
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36268567

■かくかくしかじか 3 (愛蔵版コミックス)
なんかもう、若い頃の自分と重なる部分が多々あって辛いw 
読了日:3月6日 著者:東村アキコ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36216756

■バイオーグ・トリニティ コミック 1-3巻セット (ヤングジャンプコミックス)
ここまで読んだ。最初何だか分らない世界観が頁が進むうちに少しずつ明らかになっていく構成は、小説的で面白いし、荒唐無稽な設定に無理なく導いてくれる感じがして好感が持てた。2巻の途中位からは結構普通の少年漫画っぽい感じになってきてるけど、それでも読まされるだけの推進力がある。続きが気になる。
読了日:3月3日 著者:大暮維人
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36142251


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

映画鑑賞

2014年3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:12本
観た鑑賞時間:1225分

■ヴィドック~消えた令嬢を追え [DVD]
フランス映画? なんか色々淡白すぎて「あれ?テレビドラマ?」って思う感じ。謎らしき謎は一個もでてこないし、基本悪役も味方も全員ボンクラ揃い。肝心のヴィドックもなんかこう、切れ者感はゼロ。これだけ特徴のあるキャラクターなんだから、もっと今風なやり方も出来たんじゃないかなと思うんだけど…。何から何まで雑だしゆるい。
鑑賞日:03月30日 監督:アラン・ショカール
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/3021569

■ロボコップ/ディレクターズ・カット [Blu-ray]
ずいぶん久しぶりに見た。今見るとやっぱショボイなぁと感じる部分も少なくないし、話の導入や見せ場への持っていきかたも乱暴だなと思うけど、妙な熱量があるんだよね。
鑑賞日:03月29日 監督:ポール・バーホーベン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/3019140

■ジャッジ・ドレッド [DVD]
イギリスのコミック原作の再映画化。スタローン版とは内容がまったく違うらしい。基本的に冒頭の世界観以外、説明部分を言葉ではなくて映像で見せる手法は好感が持てた。残酷シーンもあるけど、観客に世界観を分らせる為のギミックとして機能させてる感じ。ドレッドの顔が最後までヘルメットに隠されているのは、彼は法を守るシステムの一部で、ルーキーとの対比として描かれてるんだと思う。
鑑賞日:03月25日 監督:ピート・トラヴィス
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/3010774

■アイアン・フィスト [Blu-ray]
米のラッパーRZA監督、主演によるバイオレンスカンフーアクション。中2が考えたような頭の悪い内容ながら、ルーシーリュウやラッセルクロウが脇を固め、イーライロスやタランティーノが全面サポートしてるらしいので、ちゃんと観られる映画にはなってる。とはいえ、画面のキルビル感が半端ないけどもw あと、元WWEのバティスタやリュー・チャーフィー(少林寺三十六房の人)も出てるし、カンフー映画ファンなら一度は見た事があるあの場所でのロケも。ハードルを下げきって観れば楽しめると思う。
鑑賞日:03月24日 監督:RZA
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/3009081

■X-men [Blu-ray] [Import anglais]
一番最初ということもあって少々長く感じたけど、楽しめた。
鑑賞日:03月17日 監督:
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2993107

■チョコレート・ソルジャー RAGING PHOENIX [DVD]
まぁ、ストーリーは色々アレだけど、アクションは凄い。ブレイクダンス+拳法+ムエタイって感じなのかな?その名も「泥酔拳」でも中盤以降はお酒を呑んで強くなるっていう設定自体関係なくなるんだよね。うーむ…。今回は敵味方に強い男がいるので、中盤まではジージャーの存在感は薄くなってるけど、ラストのラストで盛り返す。チョコレートファイターの時ほど衝撃はないけどやっぱ凄い。
鑑賞日:03月16日 監督:ラーチェン・リムタラクーン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2990774

■はじまりのみち [DVD]
病気のお母さんをリヤカーで疎開先まで運ぶだけの映画なのに、どうしてこんなに感動するのか。原監督の映画は、「クレヨンしんちゃん大人帝国の逆襲」「カラフル」とこの作品の三本しか見ていないけど、登場キャラクターにずっと寄り添うような目線でストーリーを作る人だなという印象。凄くミニマムな映画だけど、ずっと心の片隅に在り続けるような、そんな良作だと思う。あと、濱田岳さんのエアカレー、ビール、天ぷらは素晴らしい!
鑑賞日:03月14日 監督:原恵一
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2985856

■エリジウム [Blu-ray]
『第九区』であった『後から分ってくる』要素がなくて、わりとシンプルで一本道なストーリーに派手なアクションの王道映画って感じ。ただ、全体的にちょっとチープな感じがしたかな。時間は長すぎず短すぎずで観やすいと思う。
鑑賞日:03月12日 監督:ニール・ブロムカンプ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2982287

■チョコレート・ファイター [DVD]
マッハを見たときの衝撃再び。とにかく主演のジージャが素晴らしいし、映画的にも知的障害を負った少女が大の大人を倒すほど強くなるロジックがちゃんと描かれてる。例えばジャッキーチェンの流れるようなアクションとまではいかず、多少もたつく部分もあるけど、それは編集の問題だと思う。映画としては決して上手くはないけど、中盤からラストのアクションを観たら、そんなの些細な事だと思える。あと、NGシーンはただの事故映像だった。
鑑賞日:03月07日 監督:ブラッチャーヤー・ピンゲーオ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2972452

■グッドフェローズ [Blu-ray]
ゴッドファーザーがギャング映画の「表」だとしたら、この作品は「裏」だと感じた。とにかく生々しい。ジョーペシは友達にはなれないけど、でも凄く魅力的だった。デニーロは、若いときはちゃんと若く見えるし、年を取ってからはちゃんと年寄りに見えて、流石だなーと。長い映画だけど退屈しないし見ごたえもある。
鑑賞日:03月03日 監督:マーティン・スコセッシ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2965012

■クローズZERO スタンダード・エディション [DVD]
原作を知らないからどの辺まで再現してるのかは分らないけど、全体的にガチャガチャしてた印象。役者陣がドスの効いた声にしようとして無理してるのが分っちゃうし、そのせいで全体の演技の幅も狭まって単調になってるように見えたかな。だからか凄く長く感じた。2時間ちょいとは思えないくらい。あと、花を添える的な意味なんだろうけど、黒木メイサはいらなかったんじゃないかな。彼女が出るシーンが入る事で全体のテンポが悪くなってる感じがした。マンガ原作だし、広い層に向けての娯楽映画だからだろうけど、三池印にしてはかなり抑え目だった
鑑賞日:03月02日 監督:三池崇史
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2962978

■ローン・レンジャー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
本国では大コケと言う話だったのであまり期待しないで観たけど、全然面白いじゃないですか。確かにちょっと長いし、アーミーハマー演じるレンジャーがボンクラな上に、悪役共々影が薄すぎるけど、押さえるべき部分はちゃんと押さえてるし、ラストの列車のシーンは迫力あったし、バックで流れてる「ウイリアムテル序曲」の底抜けな陽気さも相俟ってテンション上がる。その分年老いたトントが荒野を1人行くラストシーが印象に残る。

鑑賞日:03月02日 監督:ゴア・ヴァービンスキー
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2962918


▼鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/

  1. 2014/04/01(火) 22:42:22|
  2. 読書&映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。