FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

とんぼ玉日記

ぷらすです、おはようございます。
なんかついこの間まで「暑いよ、このまま冬来ないんじゃないか」とか「風呂上りなのに汗が吹き出て損した気になる」とか言ってたのに、気がつけば朝晩ストーブなしではいられないくらい寒いです。
秋すっとばして既に冬間近ですよ。もうすぐ雪の気配ですよ。

しかしこの季節、バーナーを使うとんぼ玉制作には中々良い季節でもあるんですね。
少なくとも目に汗が入ってとんぼ玉が見えないなんて事はないです。嬉しい。
なので、「じゃんじゃん作るぜ!マシーンのようにな!」などと、制作を始めようと思ったんですが……離形剤がね…。
離形剤ってのは、とんぼ玉のガラスを巻きつける芯棒にガラスがくっつかないようにする物で、熱で固まり水につけると溶ける?というとんぼ玉制作には欠かせない物です。
で、今まで使ってたのが切れてしまったので、新しい離形剤を買ったんですが、
これがすぐに剥がれる。
ガラスを巻きつけては剥がれ、模様をつけようとすれば剥がれ、いい感じに完成しそな時に限って剥がれ、もう剥がれまくりで心がポッキリ折れそうです。
どうも、今まで使ってたのよりも上級者向けのヤツみたいで、仕方ないので買いなおそうかとも考えてるんですが、結構大きいのを買ったので使わないのも勿体無いという気持ちもあり、悩んでるところです。

でもまぁ、それならそれで考え方を変えてみようと。
つまり「芯棒が使えないなら、使わない方法で作ればいいじゃない」と。
アクセサリー用のとんぼ玉(というかガラス細工?)に、真鍮の針金に直接ガラスを巻きつけて作る方法があるんですが、折角なのでその方法で色々試してみてます。
で、作ったのがこちら↓
121029_103818.jpg 121029_104018.jpg 121029_104530.jpg 121029_104703.jpg

左から、ノーマルタイプ(芯の端にガラスを撒きつけたもの)・真鍮をバネ状に撒いてガラスを巻きつけたもの(2・3枚目)・真鍮をバネ状に撒いて、中にガラスを溶かし入れたもの(一番右)です。
色ガラスだけだと寂しいので上からクリアガラスでコーティング?しました。
サイズは小さいので、ピアスとかペンダントヘッドみたいな使い方かなと。
個人的には真ん中二つに小さな気泡が入って綺麗な感じになったのがお気に入りです。(偶然ですが)

あ、あと芯棒巻きつけで作ったのも一つアップ。
121029_110931.jpg
これは個人的にかなりお気に入りです。黒地は全体が締まるので良い感じになりますね。


前回の日記に拍手、「いいね」を押して下さった方、ありがとうございます。^^
凄く嬉しいです。

  1. 2012/10/29(月) 12:12:47|
  2. とんぼ玉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する