FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジャッキーとスタローン

ぷらすです、こんばんわ。
最近、何故か洋画をよく見るようになりました。
一時期は、ハリウッドの超大作はなんとなく「疲れそう」だなと避けてたんですが、観ればやっぱり面白いんですよね。
とはいえ、アカデミー賞とっちゃうような映画だとちょっと敷居が高くて、基本アクション映画ばっか観てるんですけども。
で、アクション映画といえば、ジャッキーチェンとシルベスタスタローンですが。
この人たち、本当は凄いのに不当になめられてるんだよなーと思うんですよね。

まぁ、2人とも多くの映画を監督したり出演したりしてますし、当たり役も多い人たちなのでちょっとキャラクター化しちゃうのは仕方ないっちゃ仕方ないんですが。
でもね、この2人って本当は凄いんですよ。
若い世代の映画ファンの人とっては2人とも筋肉バカ映画の人と言うイメージが強いんじゃないかなと思うんですが、そして概ねそのとおりなんですが。
ただ、この2人が映画界に与えた衝撃はまさに革新的だったし、多くの青少年がその影響を受けたわけです。
例えば、コップに割りいれた生卵を丸呑みしてウエッってなったり(ロッキー)、階段を見つけては駆け上ったり(ロッキー)、親指と人差し指で胡桃を割ろうと頑張ったり(酔拳)、拳立て伏せ指立て伏せ手の甲で腕立てして手首を傷めたり(多分酔拳か蛇拳)
……、ほんと何してたんだろうオレ…。

個人的な思い出はどうでもいいとして、2人とも本当に長い間アクション映画の最前線に立って映画界を引っ張ってきた人たちで、常に観客が驚くような凄い事を考え続けたアイデアマンで、何より映画に対して凄く誠実な人たちだと僕は思います。
なので、若い映画ファンの人たちは今の映画だけで彼らを語る前に、2人の代表作である、ロッキー、ランボー、プロジェクトA、ポリスストーリーは是非見て欲しいなぁと思う次第です。いや、ほんと名作なんだって。
ではでは。


前回の日記に、いいね下さった方、ありがとうございました。^^




  1. 2014/01/23(木) 23:55:40|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。