日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2月の読書&映画鑑賞まとめ

ぷらすです、こんばんわ。
読書メーターさんと鑑賞メーターさんが、2月に読んだ(観た)本と映画をまとめてくれたので、こちらにも転載です。
先月は、本より映画を沢山観たなぁ。
もし、本選び、映画選びの参考になれば。

前回の日記にいいね下さった方、ありがとうございました。^^


読んだ本

2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2495ページ
ナイス数:190ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/50644/matome?invite_id=50644

■下ネタという概念が存在しない退屈な世界 5 (ガガガ文庫)
少々間が空いた分、下ネタも山盛り。とは言え、SOXが規制派と敵対勢力によってどんどん追い詰められる案外重い展開だけに、このくらい大量の下ネタで中和してもらわないと読むのが辛い。このストーリーはもちろんフィクションだけど、ネットで色々見てると、なんかちょっと複雑な気持ちになるね。
読了日:2月26日 著者:赤城大空
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35995792

■ひとりぼっちの地球侵略 コミック 1-4巻セット (ゲッサン少年サンデーコミックス)
ここまで読んだ。絵がカワイイし内容も面白い。
読了日:2月25日 著者:小川麻衣子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35972620

■テラフォーマーズ コミック 1-7巻セット (ヤングジャンプコミックス)
絵があまり好みではなかったので避けていたけど、読んでみたらとても面白い。まさか、進化したGがあんな形に…。とにかく、割と重要そうな人物があっさり死んでしまうので展開の予想がつかないし、地球上での各国の思惑も絡み合って先が気になる。
読了日:2月24日 著者:橘賢一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35947808

■yeah! おひとりさま (アサヒコミックス)
どこが面白いのかと聞かれると困るけど、なんか面白いんだよね(笑)
読了日:2月20日 著者:新久千映
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35817243

■中国嫁日記(三)
ジンサン夫妻中国に住むの巻。結果どこに住んでても二人は変わらないなぁと。あと、マンガでこんなにノロケられるとは。ジンサンはモゲればいいと思う。(笑)
読了日:2月19日 著者:井上純一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35817070

■階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)
もう、読んでるこっちが照れる位の「ド直球青春小説」だった。文章はシンプルだけど勢いがあって力強い。ライブシーン「普通そんなに上手くいかねーよ」と毒づきながらも心が熱くなるのは、そうであって欲しいという気持ちの裏返しなんだよね。中盤、屋上のドアが開かれるシーンには思わず唸った。洋楽に興味のない人でも十分楽しめると思う。
読了日:2月13日 著者:越谷オサム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35645867

■ノブナガン(3) (アース・スターコミックス)
ここまで読んだ。面白い。絵は少々クセがあるから好き嫌いは分かれるかもだけど、ストーリーや設定がしっかりしてるので巻が進むごとに引き込まれていく。
読了日:2月10日 著者:久正人
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35572676

■ノブナガン(2) (アース・スターコミックス)
読了日:2月10日 著者:久正人
http://book.akahoshitakuya.com/b/4803004145

■ノブナガン(1) (アース・スターコミックス)
読了日:2月10日 著者:久正人
http://book.akahoshitakuya.com/b/4803003084

■“六条" ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9) (ファミ通文庫)
一朱&夕雨、再登場。そしてついに帆夏が!! で、いよいよ次の巻がラストなのか。ギリギリまでハラハライライラさせられた分、ラストのカタルシスも大きかった。もう一人の蜘蛛は十中八九あの子なんだろうけども、ヒカルの真実も含めて読み逃せない。ちなみに読んでる間中、一朱は宮野守ボイスで再生されてたw
読了日:2月9日 著者:野村美月
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35550936

■終物語 中 (講談社BOX)
この巻を読むと、今までの流れの空いた穴の部分が繋がっていく構成なのね。久しぶりに神原が活躍してて嬉しい限り。さて、終物語下でちゃんとオチがつくかな?
読了日:2月8日 著者:西尾維新
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35491155

■デストロ246 3 (サンデーGXコミックス)
こんなに萌えない女子高生百合マンガもあるんだなぁ。
読了日:2月5日 著者:高橋慶太郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/35419332

■デストロ246 2 (サンデーGXコミックス)
読了日:2月5日 著者:高橋慶太郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091573487


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

観た映画

2014年2月の鑑賞メーター
観たビデオの数:11本
観た鑑賞時間:1269分

■ウォーム・ボディーズ [DVD]
「ゾンビミーツガール」というキャッチコピーがツボにハマって鑑賞。基本コメディータッチなので、ゾンビ映画苦手な人でも大丈夫かな。荒唐無稽でラノベっぽい内容だけど面白い。
鑑賞日:02月26日 監督:ジョナサン・レヴィン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2951541

■悪人に平穏なし(DVD)
ジャケットの主人公があまりに良い顔なのに惹かれて観たけど、正直よく分らなくて、観おわった後ネットであらすじ見てやっと内容を理解した。結論から言うと「結果オーライ」的なストーリー。泥酔して閉店後の飲み屋に入りモメ事の末に3人を殺害、殺し損ねた1人を追ううちに…っていうスタートなので、酔っ払いと見せかけて、実はずっと追ってきた事件の犯人を…的な復讐展開かと思ったら、そのまんまかい!っていうw 長い割にそれほど複雑な内容でもないし、正直イマイチだった。
鑑賞日:02月25日 監督:エンリケ・ウルビス
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2949096

■マルドゥック・スクランブル 排気 [DVD]
ブラックジャックパートを取るかラストのボイルドとのアクションを取るかになるんだろうけど、結果どちらも中途半端になっちゃったなぁと。沖方さんの小説の面白いさはそこに至るロジック部分なので、やっぱ映像化は難しいのかも。「圧縮」が良かっただけに、「燃焼」「排気」と尻すぼみになっていった印象なのが勿体無いなぁ。
鑑賞日:02月19日 監督:冲方丁
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2937068

■ワールド・ウォーZ [DVD]
全体的にスマートな作りでストーリーの展開も早いので面白く見れる。ただ、ブラピがあんなにも重要な任務を任される理由がイマイチ分らないし弱い感じがした。多分そういう辻褄合わせより、ビジュアルの驚きと全体の流れを優先したんだと思う。
鑑賞日:02月18日 監督:マーク・フォスター
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2935372

■キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
マーベル印だから、ある程度の面白さは保障されてるものの、まぁ…うん。くらいの感じ。どこが悪いって訳でもないんだけど、特に印象に残る場面も無くって感じ。
鑑賞日:02月17日 監督:ジョー・ジョンストン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2933536

■ヘアスプレー [DVD]
人種差別という重いテーマを扱いながらも、楽しく軽やかな作品だった。ストーリーが進むにつれトレーシー母子がどんどん魅力的に見えてくる。っていうか、声の太い女の人だなと思ったエドナがジョントラヴォルタだとメイキングで知ってビックリ。さらに元映画の監督があの「ピンクフラミンゴ」の人だと知って2度ビックリ。あえて言えば、時代背景もあってセリフでは黒人を差別的に「ニグロ」って言ってるのに、字幕では「ブラック」に変えてるのがちょっと気になったかな。
鑑賞日:02月14日 監督:アダム・シャンクマン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2927381

■レ・ミゼラブル 〈ブルーレイ(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
とにかく凄い。凄いんだけど…2時間半という長さとその殆どが歌と言う構成に慣れてないので、正直ストーリーには集中出来なかった。ただひたすら画面と音の迫力に圧倒されてた感じ。ラッセルクロウの最後のシーンは理屈としては分るけど、ちょっとモヤった。ラッセルクロウもそうだけど、ヒュージャックマンはウルヴァリンの印象しかなかったので、こんなに歌える人とは思わなかった。
鑑賞日:02月13日 監督:トム・フーパー
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2925484

■マイティ・ソー [DVD]
魔法や神話というファンタジー要素が入ってることで、マーベルヒーローとして異色な感じがする。後半の盛り上がりが割とどうでもよく感じちゃうのは、舞台が地球じゃなくなるのと、ソーが自分の国を助ける為に戦うからかな。地球は完全にソーファミリーお家騒動の巻き添えだしね。
鑑賞日:02月12日 監督:ケネス・ブラナー
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2923483

■マンマ・ミーア! [DVD]
ミュージカルってほとんど観ないけど、観れば面白い事が多い。この作品も、そんな一本。ダナ役のメリルストリープと友達のトリオがオバチャンなのに何かカッコイイんだよね。全体的にとにかく明るいので観ててハッピーな気分になる。
鑑賞日:02月08日 監督:フィリダ・ロイド
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2912138

■ベルリンファイル [DVD]
面白かった。映像もアクションも良かった。あえて難をあげるなら、アバンの情報量が多くて、ごたついた印象だったのと、後半の爆破シーンがCG丸分りだった事くらい。しばらく観ないうちに韓国映画は凄く進化してるんだなと感心した。
鑑賞日:02月06日 監督:リュ・スンワン
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2907764

■パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
デルトロは細かいディテールにこだわりを持っていて、それが映画全体の魅力でもあるので、やっぱ映画館の大きな画面で観ないと魅力半減だな。音もイエーガーが動く時は常にチェーンを巻くような音が入ってて、それが重機感に繋がってる。全体的にやっぱよく出来てるし面白い。
鑑賞日:02月05日 監督:ギレルモ・デル・トロ
http://video.akahoshitakuya.com/cmt/2905709


▼鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/

  1. 2014/03/02(日) 23:11:57|
  2. 読書&映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。