日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

馬車鉄道、運転の仕組み。

ぷらすです、こんばんわ。
前回の日記に書いた馬車鉄道なんですが、普通、馬を操る時って手綱で顔の向きを変えてやって、方向を指示しますよね。
昔の馬車なんかも同じで、やはり馬は手綱で操ります。
で、僕が馬車鉄道で感心したのが馬の操り方で、手綱ではなくハンドルで馬を操っているんですよ。
ハンドルといっても、L字の鉄の棒なんですが。運転席の下から日本の鉄の板が出ていて、図のように木製の部品と連結します。で、曲がりたい方向にハンドルを回すと、鉄の板がそちら側に動き、連動して木の棒が動き、木の棒に体を押されて馬が曲がるという仕組みになってます。
まぁ、単純と言えば単純な仕掛けですが、見た時は「ああ、なるほどなぁ」とすごく関心しました。
ではでは。



前回の日記にいいねを下さった方、ありがとうございました。^^
  1. 2014/06/21(土) 22:33:19|
  2. 日々|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。