日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新年のご挨拶&12月の読書&映画鑑賞記録

ぷらすです、明けましておめでとうございます。
昨年も、ほとんど更新しないサイトにも関わらず、遊びにいらしてくださった皆様、ありがとうございました。
せめてものお礼に、年賀状など描きましたので、良かったらお持ち帰りくださいませ。
今年も、あまり更新しないか、もしくはサイト縮小という形で、他にやっている事を併合していこうかと考えております。
もしよければ、今年もよろしくお願いいたします。

賀正

あと、12月に観た映画と、読んだ本を鑑賞メーター、読書メーターさんがまとめてくれたので、こちらにも転載します。
読んでもいいよと言う方は、↓の「続きを読む」をクリックしてください。

前回の日記に、拍手、いいねを下さった方、ありがとうございました。^^

読んだ本

2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1588ページ
ナイス数:72ナイス

WORKING! ! (13)完 (ヤングガンガンコミックス)WORKING! ! (13)完 (ヤングガンガンコミックス)感想
全員が、収まるべきところに収まって、文句なしの大団円。そして、アニメの三期が始まるのか、楽しみ。
読了日:12月31日 著者:高津カリノ
WORKING!! (12) (ヤングガンガンコミックス)WORKING!! (12) (ヤングガンガンコミックス)
読了日:12月31日 著者:高津カリノ
ワカコ酒 4 (ゼノンコミックス)ワカコ酒 4 (ゼノンコミックス)感想
アメリカンドックのカリカリのところが好きっていうワカコに激しく同意w
読了日:12月26日 著者:新久千映
ましろのおと(12) (講談社コミックス月刊マガジン)ましろのおと(12) (講談社コミックス月刊マガジン)感想
ここでユナ登場とは思わなかった。次巻は大河メインになるのかな?楽しみ。
読了日:12月18日 著者:羅川真里茂
ニンジャスレイヤー (1)  ~マシン・オブ・ヴェンジェンス~ (カドカワコミックス・エース)ニンジャスレイヤー (1) ~マシン・オブ・ヴェンジェンス~ (カドカワコミックス・エース)感想
小説版があるのは知ってたけど、マンガ版を見つけたので読んでみた。「なんだこりゃ??」と思いながら読んでるうちに、なんかクセになる感じ。ただ、好き嫌いはハッキリ別れるんじゃないかな。
読了日:12月17日 著者:余湖裕輝,田畑由秋
あさひなぐ 13 (ビッグコミックス)あさひなぐ 13 (ビッグコミックス)感想
表紙の子、新キャラだったのね。全員収まるところに収まったと思ったら、新一年生加入でまたひと波乱ふた波乱ありそう。
読了日:12月10日 著者:こざき亜衣
実は私は 8 (少年チャンピオン・コミックス)実は私は 8 (少年チャンピオン・コミックス)感想
ハイテンションなギャグ&ツッコミはいつも通りながらも、陽子と黒峰の関係が一気に進んだね。こっから一気にストーリーが動き出すのか、それとも行ったり来たりの状態に戻るのか。
読了日:12月10日 著者:増田英二
僕らはみんな河合荘  6巻 (ヤングキング・コミックス)僕らはみんな河合荘 6巻 (ヤングキング・コミックス)感想
今回も律っちゃんがめんどくさ可愛い。今まではわりとフワッとだったけど、今巻からハッキリと律と宇佐がお互いを意識する展開。純情すぎる二人にヤキモキするw
読了日:12月8日 著者:宮原るり
山賊ダイアリー(5) (イブニングKC)山賊ダイアリー(5) (イブニングKC)感想
いつもの展開+佐々木さんのエピソードで、今回はストーリーにちょっと厚みが増した感じ。それはそれとして、目が! 目があぁぁ! 
読了日:12月5日 著者:岡本健太郎

読書メーター


観た映画

12月の鑑賞メーター
観たビデオの数:16本
観た鑑賞時間:1639分

そこのみにて光輝く 通常版DVDそこのみにて光輝く 通常版DVD
エンタメ系じゃなく文芸よりの、ザ・日本映画を観たのは久しぶり。ただ、道民的に、方言の使い方や言葉のイントネーションが結構気になってしまって100%内容に入り込めなかったのは仕方ないけど残念。(函館はこうなのかもしれないけど) 無駄な説明セリフや心情を言葉で言わずに、演技や映像で分かるようにしている構成に好感が持てたし、役者陣、特に池脇千鶴は良かったと思う。菅野将暉演じる拓児というキャラクターが浮いているけど、全体的に静かで陰鬱なストーリーの丁度いいスパイスになってるし、救いでもあると思った。
鑑賞日:12月29日 監督:
オンリー・ゴッド スペシャル・エディション [DVD]オンリー・ゴッド スペシャル・エディション [DVD]
主人公のジュリアンの妄想と現実に境目がない映像は、「ブルーベルベッド」を連想させる。(多分)ジュリアンの妄想が本筋部分にカットバックとして入ってきたり、レフン監督独特の演出や映像に混乱するけど、ストーリーも主題も実にシンプルな物語。ただし、「ドライヴ」的なカッコよさとか面白さを求めて観ると肩透かしを食らうと思う。
鑑賞日:12月25日 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
殺しの分け前/ポイント・ブランク [Blu-ray]殺しの分け前/ポイント・ブランク [Blu-ray]
なんというか、非常にヘンテコな映画。基本的には仲間に裏切られた男の復讐劇なんだけど、時系列だったり時間の経過だったりがよく分からないし、特に説明もなく場面が飛んだりするので、普通のアクション映画と思って観ると面食らう。日本で言えば鈴木清順の映画かな。ネットの評論や感想を観たら、二つ有名?な解釈が出てたけど、うーん、そうなのかな~…。って感じだった。
鑑賞日:12月24日 監督:ジョン・ブアマン
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [Blu-ray]ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [Blu-ray]
ブルース・ダーン演じる親父の老人っぷりがあまりにリアル過ぎて、ちょっと心配になるくらい。(演技だよな…?)ストーリーだけ追えばわりとシリアスな雰囲気だけど笑い所もあるし、わりと軽いタッチなので観やすいと思う。「本作を通して現在のアメリカが見えてくる」みたいな事はいくらでも言えそうだけど、でもこの映画の本質はそうじゃなくて、もっともっとミニマムな父と子の物語。鑑賞後はなんだか気持ちが軽くなる良作。
鑑賞日:12月20日 監督:アレクサンダー・ペイン
ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ヒックとドラゴン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
キャラクターやドラゴンはデフォルメの効いたカトゥーン的造形だけど、それでいてCG「アニメ」というよりCG「映画」に近い印象。多分、全体の画面構成が実写映画的なんだと思う。ドラゴンをファンタジー世界のモンスター的に扱うんじゃなく、あくまで動物としてロジックで描かれてるところ(火を吹ける回数に制限があるとか、海蛇?が苦手とか)が新鮮。この映画で描かれているテーマは、現在の日本や世界の情勢にそのまま当てはまるんじゃないかと思う。
鑑賞日:12月19日 監督:クリス・サンダース,ディーン・デュボア
L.A.コンフィデンシャル [DVD]L.A.コンフィデンシャル [DVD]
サスペンス、ミステリー、アクション、全部素晴らしい。刑事ドラマの面白さを全部凝縮した作品だと思う。中盤、エクスリーが刑事を目指す動機を語り、「君は?」と聞かれたときに、少し間を置いて「もう忘れた」と言ったジャックが印象的だった。あとダドリー役のジェームズ・クロムウェルが凄くよかった。
鑑賞日:12月18日 監督:カーティス・ハンソン
グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]
「ライフ・アクアティック」があまり合わなくて、ウェスアンダーソンに苦手意識があったんだけど、この映画は素晴らしい。パステルカラーと原色を多用してるのに落ち着いてた色彩、隅々まで隙のないポップな造形、メインの物や人物を中央に置いて左右対称になるように設計された画面構成はいつも通りに、今回は物語の中に暗い色を入れる事で全体を引き締めた印象。見事なクライムストーリーをタイプライターを打つようなテンポで観せてくれるので、どんどん映画の世界観に入り込んでしまう。
鑑賞日:12月17日 監督:ウェス・アンダーソン
ダウン・バイ・ロー コレクターズ・エディション [DVD]ダウン・バイ・ロー コレクターズ・エディション [DVD]
「ストレンジャーパラダイス」のジム・ジャームッシュ作品だけあって、アメリカンニューシネマ感溢れる作品。三人のボンクラが刑務所で出会って脱獄して別れるだけの映画なので、エンターテイメントを期待して観ると肩透かしを食らうかも。全編白黒の画面なので古さを感じないし、賑やかなイメージのニューオリンズを架空の寂れた町みたいに見せる。喧嘩したり仲直りしたり、助けたり助けられたりする三人のキャッキャ感は「スタンド・バイ・ミー」的な青春モノの雰囲気もあるし大きな山谷がある映画ではないけど嫌いになれない「何か」がある。
鑑賞日:12月12日 監督:ジム・ジャームッシュ
青いパパイヤの香り ニューマスター版 [DVD]青いパパイヤの香り ニューマスター版 [DVD]
二度目。とにかく全体的にセリフが少ない。エピソードがぶつ切り。音楽がなんか不穏。なので登場人物の心情が計り辛い。前に観たときも思ったけれど、日本やアメリカとは演出や演技や音楽など、表現の「文法」が違う印象。それがベトナム映画の特徴なのか、この映画だからなのかは分からないけど。基本は主人公ムイのシンプルなシンデレラストーリーだけど、少女が女になる様子を具体的な表現は一切使わずに官能的に描いている…と思う。
鑑賞日:12月11日 監督:トラン・アン・ユン
さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD]さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD]
2時間52分の大作だけど、観ている間、長いと感じることはなかった。戦前、戦後、文化大革命と、変わりゆく人々の価値観という大きな渦に翻弄され続けた京劇の役者の物語。酷い目にあい続けながらも決して切れなかったレスリー・チャン演じる程蝶衣の「想い」が切れたあの瞬間は観ていて非常に辛かった。そんな程蝶衣の長きにわたる想いを京劇の「覇王別姫」のストーリーに絡ませながら進めていく構成は見事。あと、レスリー・チャンの程蝶衣はゾクリとするほど美しい。
鑑賞日:12月10日 監督:チェン・カイコー
ギャラクシー★クエスト [DVD]ギャラクシー★クエスト [DVD]
面白かった。「スタートレック」的なTV番組「ギャラクシークエスト」の乗組員役の俳優を本物と思い込んだ本物の宇宙人に助けを求められて、悪い宇宙人と戦うという古典的な勘違いコメディーだし、内容的にも映像的にも目新しい部分はないけど、適度なB級感は残しつつも丁寧に作られてる印象。エイリアン仕様じゃないシガニーウィーバーが新鮮。
鑑賞日:12月08日 監督:ディーン・パリソット
サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド [DVD]サイトシアーズ 殺人者のための英国観光ガイド [DVD]
「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガーライト制作だから見よう、というテンションで観ると裏切られる。コメディーの棚にあったけど、日本人的には毒が強すぎて笑えないんじゃないかな。主役のカップルどっちにも一ミリも感情移入できない。ラストでやっと、「ああ、そういう事だったのか」と納得出来るんだけど、そこに至るまでは二人の言動に振り回されっぱなし。二人の着火点がどこにあるか分からないので、観ていて先が読めずハラハラする。つまらなくはない。どっちかと言えば面白い? ただ、どんな気持ちで観ればいいのか迷う映画。
鑑賞日:12月06日 監督:ベン・ウィートリー
X-MEN:フューチャー&パスト 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]X-MEN:フューチャー&パスト 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
X-MENは、最初のと、前作「ファーストジェネレーション」しかちゃんと観てないので、登場するキャラクターに知らない人が結構いたけど、知らないなりに楽しめた。ただ、(未来の展開に繋げる都合もあるんだろうけど)マグニート(若)の行動が少々乱暴な印象。前作はX-MEN初心者でも分かる仕様だったけど、今回はシリーズのファン向けに舵を切り直した感じかな。
鑑賞日:12月05日 監督:ブライアン・シンガー
ゴッド・オブ・バイオレンス シベリアの狼たち [DVD]ゴッド・オブ・バイオレンス シベリアの狼たち [DVD]
パッケージの「主演ジョン・マルコビッチ」は嘘。メインは若手俳優でマルコビッチは脇役。舞台がロシア、制作がイタリア、セリフは英語と非常にややこしいw アクション映画の棚に入ってたけど、アクション映画っていう程アクションはなし。ロシア版「グッドフェローズ」といった感じ。割と好きだった。
鑑賞日:12月04日 監督:ガブリエレ・サルヴァトレス
Hammer of the GodsHammer of the Gods
ヴァイキングの王子が王様になる話だけど、ストーリーテリングに必要な情報は足りず、不必要な情報が多数入ってるので観ていて混乱する。歴史物でもなく、「300」みたいな感じを目指してるのかと思ったら、それにしてはアクションの撮り方が酷い。ロケが原っぱか森で、登場人物がどこにいるのか分からないしキャラクターの言動に整合性がない。全体的に何がしたいのか、まったく分からない映画。
鑑賞日:12月04日 監督:
ヒート<DTS EDITION> [DVD]ヒート<DTS EDITION> [DVD]
三時間近い長尺な作品だけど、あまり長いと感じないマッチョな映画。アル・パチーノ、ロバート・デ・デニーロ、それぞれの役どころもは対照的で、中盤の出会いを境にとりまく状況が入れ替わる割とオーソドックスだけど上手い展開。二人がコーヒー飲みながら会話するシーンがとにかく印象的。二人の名優の対照的な演技もいい。
鑑賞日:12月01日 監督:マイケル・マン

鑑賞メーター

  1. 2015/01/01(木) 23:03:43|
  2. 読書&映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

コメント

年賀状 頂いてかえります。なにげにぷらすさんの描く年賀や暑中見舞いを楽しみにしています(^ω^)
サイト縮小は残念ですけど、他の併合を楽しみにしていますね。つねづね思っていたんですけど、読書も映画もはじめに比べて増えたような気がするのは私だけではないはずっ! と思いたい(´ω` )
  1. 2015/01/30(金) 23:49:54 |
  2. URL |
  3. 糸 #-
  4. [ 編集]

わわわ、返信遅れてすいません!
どうぞどうぞ、お持ち帰りください。
サイトの方、実は今は、主に「note」というSNSをメインで使ってまして、もう少し落ち着いたら、こっちのサイトは縮小して、来て頂いた人にはソッチに誘導するような感じにしようかなと思っています。
詳しいことは、後日になりますが、そのときはどうかよろしくお願いします。m(_ _)m
  1. 2015/02/06(金) 00:02:06 |
  2. URL |
  3. ぷらす #ZeBYuJyY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。