FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

キレ者。

今日は、ちょっと愚痴です。

実はですね、僕の仕事はお風呂掃除なんですけど、それに伴ってお風呂の機械なんかも操作したりするんですね。
で、僕の働いているサウナは結構長い事やってまして、機械も古いので、アチコチにガタがきているわけですよ。
そのおかげで、機械の操作に時間がかかったりするのは、日常茶飯事。
非道いのになると、もう、ちょっとした滝みたいな水漏れを起こしているポンプとかあって、そこから漏れてくるのは水ではなくて50℃のお湯。これはさすがにキツイ。
ただこのポンプ、最初に漏れているのに気づいた時点で、すぐに上の方に報告してたんですけども、上からの返事は、

「予算がない」

その後、上の方で相談して、早急に対処する。という話で落ち着きまして。コッチも仕方がないので、水漏れポンプ(天井付近についてるんですよ)の下にバケツとか置いて対処してたわけです。

その状態で、4ヶ月放置。

水(ってかお湯)漏れは段々と非道くなっていって、最初は一日にバケツ半分だったのが、半日、3時間、2時間と段々漏れが非道くなっていくわけです。
その間も、上の方にはかなりの回数アプローチをかけてた訳ですけど、返ってくる言葉は、

「予算がない」 「早急に対処する」

お前らの早急は何ヶ月だっての!!

で、とうとうバケツじゃどうにもならないって事で、ポリ袋の下に穴を開けてホースを入れてですね、ガムテープで漏れないようにグルグル巻きに下状態で、お湯漏れポンプのお湯を受け止めるようにビニール紐で配管に縛りつけて、ホースを排水口に差し込んで、なんとか凌いでいたわけです。

で、今日、何度も何度も手を変え品を変えアプローチした甲斐あって、業者さんが見にきてくれたんですよ。
もしかして、他の部分も直してもらえるのでは? と淡い期待を胸に、社長に、ココとココも…、と説明すると、

「予算がない」 「早急に対処する」

…………。(_ _)

結局、そのお湯漏れポンプだけは直して、他のもの(もちろん早くから報告済み)は見積もりを出すって事になりました。
で、業者さんとの話で、次の日に直しにくるということで落ち着いて、社長&業者さんは帰った訳です。

一人残された機械室で、ぷらすさん、とうとうぶちキレですよ。
てか、ここキレてもいいトコですよね?
てか、ここまでキレなかったぷらすさん、褒められてもいいんですよね?

「ンガー!!! なめんなゴラァァ!!」

とよく分かんない叫び声をあげて、壁を思いっきりけった瞬間、

ドバァシャァ!!

という轟音が。

ポリ袋がお湯の重さに耐え切れず落ちました。

あたりはお湯びたし。その中で呆然と立ち尽くすぷらすさん。

この時、初めて知ったんですけど、人間て、

本気でキレると、笑っちゃうんですね。

その後、新たにホースつきビニールを作って、50℃のお湯にまみれながら、吊り下げてお湯びたしの床を拭いて…2時間かかりました。
もうね、リアルスーパージョッキーですよ。僕が竜ちゃんだったら「訴えてやる!」って叫んでますよ。

それから、遅い昼食を食べ、なんとか落ち着いてきた時、
業者さんが、予定を早めて、今日中に来てくれるとの電話が。

その後、業者さんがきて、ポンプを直して帰るまでの所要時間30分。

え? 僕の4ヶ月の苦労は?
夕日の差し込む機械室で一人、ガックリと膝をつくぷらすさんでした。

おわり

今日の晩ご飯

・コーンスープ ・ホッケの開き ・インゲンと揚げかまの煮付け
  1. 2005/08/31(水) 17:41:43|
  2. 日々|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://purapura.blog9.fc2.com/tb.php/117-037bf27c