FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

ゲド戦記

ぷらすです、こんばんわ。
昨日の休みに、GE○で「ゲド戦記」を借りてみました。
今更ながらの感想ですが、まだ見てない人も居ると思うので反転しときます。
辛口になると思うので、「ジブリ版ゲド戦記」スキーな人は注意してください。

公開当初から各方面で叩かれていた「ゲド戦記」
どれ程酷いのかと思いましたが、僕は意外と普通に見られました。
多分、原作を読んだ事がないのと、アチコチであまりに悪評を聞いていたので、ハードルがかなり下がったのが原因だと思います。(笑)

ただ、ジブリ作品として考えると、正直頂けないかな? ってのが正直なところですね。
なんつーか、中途半端な感じがしました。
僕にみたいに原作を知らない人間には、何故ハイタカがゲドと呼ばれるのか、アレンは何故父親を殺したのか、何故、世界の均衡が崩れているのか、あの龍は結局何なのか、そもそもゲド戦記のゲドって何? 等々、説明されていない謎が盛り沢山で、見終わった後も???って感じで。(それとも僕の読解力が足りないんでしょうか?)
逆に原作を読んでいたら、それはそれで納得いかないんでしょうけど。

作品のテーマも、台詞で説明しすぎな印象がありました。
で、その作品テーマも今更感が強かったというか。
僕には、いままで宮崎駿監督が他の作品で伝えてきたテーマをなぞっただけの様に感じられたし、今更それを言葉で延々と述べられても…って感じで。

って、普通に見られたって言った割には、文句多いですね。(笑)
うん、つまりアレですよ。
他の人たちみたいに怒りは感じなかったっていう。^^;
で、ジブリ制作と期待していた分、残念感もひとしおだったと。


次回作は、久しぶりの宮崎駿監督オリジナル作品という事で、期待しちゃってもいいかなぁ?

今日の晩ご飯

・いなり寿司




  1. 2007/09/08(土) 23:37:44|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する