FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

インターネットが悪いのか?

ぷらすです、こんばんわ。
ボクは金曜夜にやっている、「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」という番組を良く見るんですが、この間はTV演出家でコメンテーターのテリー伊藤さんが、「インターネットは一日一時間まで(仕事は別)」という法案を提出していたんですよ。
テリーさんや他のインターネット反対派(?)の人たちの意見を要約すると、インターネットにのめり込むと、「ネット犯罪の増加」「引きこもりになる」「インターネットばかりやるのは不健全」「なんでもすぐに検索出来るので、考える力が衰える」「人との付き合い方が覚えられない」「自分の好きな情報しか見なくなる」「想像力(妄想力)が育たない」など等。うろ覚えなので結構いい加減ですけど。
故に、インターネットの利用を一日一時間にする事で、利用者は本当に必要な情報を調べるだけになって、他の時間を有意義に使う(本を読むとか)事で、日本が平和になるという事でした。
まぁ、ネットが禁止されたからと言って本を読むかどうかは分かりませんけども。
おおよそインターネットが好きでない人たちの意見だなぁ…って感じの話が多かったです。

確かに言っている事は良く分かるんですよ。
僕の場合、大人になってからインターネットを始めた事もあって、インターネットを楽しみつつも、テリーさんと同じ様な事を思ったりするんですね。
ただ、だからインターネットを止めさせるというのは、少々乱暴だなぁと。

ボクがまだ学生だった頃、思春期の少年らしくエロ漫画雑誌を隠し持ってました。
で、それを親に見つかりまして、その時パパンはその本をボクから取り上げるでもなく、「こんな本を読むな」と押さえつけるでもなく、
「この本に描いてあることは嘘だ。本当の女の子はこんなんじゃないからな」
と言っただけでした。
ボクは、大人になった今でもそのパパンの言葉を覚えてます。

結局、インターネットっていうのはあくまで道具ですからね。
包丁と一緒なんです。
ちゃんと使えば、美味しい料理を作って食べる人を笑顔にも出来るし、間違った使い方をすれば自分の指を切ったり、人を傷つけたりも出来ます。
でも、包丁はあくまで包丁。道具なのであってそれ以上でもそれ以下でもない訳で。
包丁が悪意を持って人を傷つけたりはしませんからね。全ては使う人間次第な訳です。

だから、ネットに弊害があるとしても、それはネットが悪いのではなく、ネットを使う人間が悪いんです。
で、その対処法は、ネットを取り上げる事でもなく、頭から押さえつけるんでもなく、ネットの正しい使い方を教える事じゃないかな? って思うんですよ。
で、それは偉い人や法律ではなく、親や周りの大人が教える事だと、そう思うわけです。
って、こう書くと、凄く当たり前の事ですね。

今日の晩ご飯

・カレーライス ・カツオのたたき ・手羽先の煮付け
  1. 2008/03/09(日) 01:45:57|
  2. テレビ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する