FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

東京都青少年健全育成条例改正案についての考えた。

ぷらすです、こんばんわ。
先日友人と話しているときに、「東京都青少年健全育成条例改正案」が諸々話題になっているという話を聞きまして、ちょと気になったのでネットで色々な情報を読んで見ました。
ちょっと長くなっちゃったので、興味のない人は読み飛ばしてください。


僕の解釈でこの条例改正案を凄くざっくり説明すると、
「児童ポルノ根絶と子供達の未来の為に、暴力的なものや、自殺を煽ったりするもの、また子供のヌードや性行為している画像や映像を売ったり(ネットに)アップしたり、そういうモノを買ったり持ってたりする事を規制しましょう」
というものだと思います。
まぁ、↑だけ見ればおおよそ、その通りだと思います。
子供が性犯罪の被害に遭うことは許される事ではありませんから。

ただ問題なのは、その規制が創作物全般にも及んでいる。
つまり、絵、マンガ、ゲーム、小説、声(声優さんの演技も含む)など全部です。
さらに、↑の主人公の年齢設定が例え18歳以上であっても、子供に見える、また子供の声のようだったらそれは規制の対象になるって事です。
で、その判断をするのは東京都の『誰か』であると。

多分、その部分が(僕も含めて)多くの人が問題視している部分なんじゃないかと思うんですね。
改正案を読んでもらうと分ると思うんですけど、この規制の対象として書かれているのが、とても抽象的でどういう風にでも取れるんですよ。

確かに、ネットでもリアルでも、これは子供に見せちゃダメだろうと思うような創作物は沢山あります。でもそれは僕の主観です。
僕は創作物に対して、国や都道府県といった『公』の機関が良し悪しの判断を下すと言う事はおかしいと思うし、それはとても怖いことの様に思います。なぜなら、その判断は判断した人の主観だからです。
あらゆる創作物の中から、良い物、悪い物を決めるのは(そこに傷つく人間が居ない場合)それを手にした本人であり、本人がその判断を出来ない幼い子供であれば、その保護者であるべきだと。

あんまり難しい言い方だと、自分で何を言ってるのか分からなくなっちゃうので、いつもの書き方で書きますね。

子供が見ている(遊んでいる)、マンガやアニメ、ゲームなどが、その子にとって良いか悪いか、見せるべきか見せないべきかを判断するのは保護者の役目で、国や都道府県の仕事じゃないでしょって事です。
そして創作物を作る、売る側の人は自分たちの良心と良識に乗っ取って、ソレが子供に見せてよいかどうかを判断し、子供向け、大人向けをしっかりと分けて販売する。
そして、保護者は子供に対して、創作の世界と現実は違うんだよという事をしっかりと教えてあげる。
それで良いんじゃないかと僕はそう思いますがどうでしょう?

と言う訳で、改正案のまとめサイトにリンク張っておきますので、時間と興味のある人は見てもらえればと思います。

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

前回の日記に拍手下さった皆様、ありがとうございました。^^
以下、お返事です。
ゆめいさん>そうなんですよね。このミキサー、絶対使い勝手悪いですよね。(笑)
      でも、この形がたまらないんだという僕の『萌え』が解ってもらえて嬉しいです。^^
      っていうか、まさか持っている人が知り合いにいたとは!(笑)
      そうなんですよね、機能性云々じゃなくてインテリア感覚に近いです。
      こう、発展途上っていうか、今の電動ハンドミキサーにたどり着く前のなんとも言えないレトロ
      感がですね!!!(延々書いてしまいそうなので、強制終了)

糸さん>  なんと、糸さんも持ってらっしゃるんですか、このハンドミキサー!
      なんだか、意外と持ってる方が多いんですね。(笑)
      そうなんですよ。僕は車とか電化製品にはそんなに興味ないんですけど、調理器具だけはすっごく気にな      っちゃうんですよね。
      でも、買いませんが。(一回か二回使うと飽きちゃうから)←ダメじゃん。
      なので、もっぱらウインドーショッピング? 専門です。(笑)

コメントありがとうございました。
  1. 2010/03/31(水) 23:05:27|
  2. ニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する