FC2ブログ

日記+

管理人、青空 ぷらすのどうでもいい日常を書き綴っています。

3月に読んだ本

ぷらすです、こんばんわ。
やっと雪解けが始まったと思ったら、今週いっぱい雪模様だって…トホホ。
そんな訳で(どんな訳!?)3月に読んだ本のまとめです。
長くなるので、追記分に収納してあります。
興味のある方は【続きを読む】からどうぞ。(長いよ)

前回の日記に拍手下さった方、ありがうございました。^^

■藤村くんメイツ(4) (ガンガンコミックスONLINE)
TUTAYAレンタルの冊数合わせ(10冊にするため)でここまで借りたけど、思った以上に面白かった。印象としては正統派ボケツッコミのギャグマンガって感じ。
読了日:03月31日 著者:敷 誠一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17838661

■藤村くんメイツ 3 (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:03月31日 著者:敷 誠一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757530617

■藤村くんメイツ 2 (ガンガンコミックス)
読了日:03月31日 著者:敷 誠一
http://book.akahoshitakuya.com/b/475752823X

■藤村くんメイツ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
読了日:03月31日 著者:敷 誠一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757528043

■姉の結婚 2 (フラワーコミックス)
ネットの企画?「これからくるマンガ」で上位だったので読んでみた。西桐子さんのマンガは久しぶりに読んだけど、絵が柔らかくなった印象。真木の極端さと不器用さはなんか「監督不行届」の庵野くんを思い出す。
読了日:03月29日 著者:西 炯子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17798104

■姉の結婚 1 (フラワーコミックス)
読了日:03月29日 著者:西 炯子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091338097

■℃りけい。 3 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
文化祭の「医療の歴史」が面白かった。図書館で勉強はありえないは同感。
読了日:03月29日 著者:わだぺん。
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17798059

■ゆゆ式 (3) (まんがタイムKRコミックス)
ここまで読んだ。ゆるい百合風味の4コマ。個人的には面白いし新しいと思うけど、他人にオススメするとき、どう説明すれば良いか難しいと思う。(笑) 発想とリズムによる笑い…かな。
読了日:03月28日 著者:三上 小又
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17783766

■ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:03月28日 著者:三上 小又
http://book.akahoshitakuya.com/b/4832278924

■ゆゆ式 (1) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:03月28日 著者:三上 小又
http://book.akahoshitakuya.com/b/4832277944

■3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
泣いた。「『育』の時がなけりゃ~」という国分先生の台詞が重い。先生や学校、クラスメイトを動かしたのはヒナの信念と行動。そして桐山もナイスアシスト(笑)次巻も楽しみ。
読了日:03月25日 著者:羽海野 チカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17707258

■Fate/Zero(6)煉獄の炎 (星海社文庫)
そして、stay nightに続くと。分っちゃいたけど救いの無い話だったといのが読後の最初感想かな。といって面白くないわけではなく、むしろ超面白かった。虚淵さんの文章はスゴイ。個人的にウェイバーの成長が唯一の救いだったかな。
読了日:03月25日 著者:虚淵 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17706674

■Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫)
悪い友達に唆されて、綺礼君すっかりグレちゃって…の巻。なんかもう、かなり鬱い展開だが、アクションシーンを読んでるとアニメ2期への期待が高まる。
読了日:03月21日 著者:虚淵 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17585046

■ヨルムンガンド 10 (サンデーGXコミックス)
アニメ化するというので、予習がてらここまで一気読み。面白い。最初の巻ではガサガサした絵と独特の台詞回しが気になったけど、2巻以降はただストーリーに引き込まれていった。ココが1巻で言ってたのはこの巻への伏線だったのか。続きが猛烈に気になる!
読了日:03月20日 著者:高橋 慶太郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17578338

■ヨルムンガンド 1-9巻 セット (サンデーGXコミックス)
読了日:03月20日 著者:高橋 慶太郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/B005A16RTW

■弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス)
くっそ。荒北も福富も超カッコイイ! 今時ビックリするくらいテンプレな話なのに二人の漢っぷりに胸が熱くなる。これぞ少年漫画の王道。
読了日:03月19日 著者:渡辺 航
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17547082

■Fate/Zero(4)散りゆく者たち (星海社文庫)
この巻から、アニメでは2期なんだね。ついに切嗣の本音が…。多分Fate/zeroの中でも一番力が入ってる巻なんじゃないだろうか。
読了日:03月18日 著者:虚淵 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17516949

■Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)
聖杯問答はセイバーが母親視点でライダーは父親視点っていう感じかな? ライダー無双はやはり痺れる。次巻からはいよいよアニメの2期分だなぁ。 
読了日:03月16日 著者:虚淵 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17448734

■あまんちゅ! 4 (BLADE COMICS)
待ちに待った待望の4巻。あいかわらずの空気感に癒されまくり。てこの元同級生の話が良かった。
読了日:03月15日 著者:天野 こずえ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17427383

■うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
番外編にして最終巻。もしかして二人の結婚のなんやかんやが読めるのかと思ったけど、流石にそれはなかったか。でも考えればそこは描かない方がこのマンガっぽくて良かったのかも。 あと、読む時の視点がどうしても親戚のおじさんになっちゃうな。「りん、大きくなって」って(笑)
読了日:03月15日 著者:宇仁田 ゆみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17427204

■中国嫁日記 (二)
冒頭の震災の話はブログの方でも読んだけど、何度読んでも涙が出てくる。月さんの言葉は、単純だけど力に溢れてる。 あと、月さんのご両親の初旅行の話も好きだなぁ。
読了日:03月15日 著者:井上 純一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17426955

■Sunny 2 (IKKI COMIX)
改めて松本大洋の凄さを実感。
読了日:03月15日 著者:松本 大洋
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17426877

■Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)
噂の“人間オルガン”…。コレはさすがにTVでは流せないなぁ。他のシーンは先に映像を見ているので想像しやすい。難をいえば切嗣の感情の動きが唐突な印象を受けるくらいかな。
読了日:03月11日 著者:虚淵 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17322493

■花のズボラ飯(2)
1巻のインパクトが大きすぎたのか、2巻ではずいぶんハナが落ち着いた印象だった。そして相変わらずご飯が美味しそう。特に豆腐と明太子の丼が気になった。あと、表紙カバーの裏、サービス良すぎw
読了日:03月11日 著者:久住昌之,水沢悦子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17299397

■Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)
TVアニメではよく分らない部分やキャラクターの心情が説明されてるのでアニメから入った人も、読み物としても十分読み応えがあるので小説から入った人も十分楽しめると思う。
読了日:03月08日 著者:虚淵 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17239524

■ましろのおと(5) (講談社コミックス月刊マガジン)
登場キャラクターが一気に増えて盛り上がってきた感じ。ただ、やはり女の子メンバーに感情移入し辛い。次巻で雪たちはどう出るのか、楽しみ。
読了日:03月08日 著者:羅川 真里茂
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17239348

■キルミーベイベー (4) (まんがタイムKRコミックス)
4巻ともなると、さすがに登場人物3人で回すのはキツい印象はある。でも、他のキャラクター投入で今の空気感が壊れるのは勿体無いとも思う。今後の展開に期待。
読了日:03月06日 著者:カヅホ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17187490

■妄想ジョナさん。 (メディアワークス文庫)
西村さんは「僕と彼女とギャルゲーな戦い」の作者さんだったのか。最初、ジョナさんが本当に妄想なのか現実なのかちょっとドキドキしてしまった。この人の書く、挫折を乗り越えて成長する若者の物語は秀逸だと思う。
読了日:03月02日 著者:西村 悠
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17058291


▼2012年3月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/50644/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
  1. 2012/04/03(火) 23:59:26|
  2. 読書|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する